ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. 神奈川県横浜市保土ヶ谷区にある相鉄本線の駅。
  2. 三重県桑名市にある三岐鉄道北勢線の駅。

星川駅(神奈川県)

神奈川県横浜市保土ヶ谷区にある相鉄本線の駅である。駅番号はSO05

保土ヶ谷区役所の最寄駅であり、利用者減少傾向にある相鉄の駅では乗降客数が増加している。

現在は連続立体交差工事を行っており、2017年(平成29年)3月5日に海老名方面(下り)が高架化され、2018年(平成30年)度11月24日には横浜方面(上り)も高架化された。

2018年(平成30年)10月6日には二俣川方面の階段の移設を行なれわ、2020年(令和2年)6月21日に駅設備が変更され、改札口が1つに集約された。

更に2023年(令和5年)2月2日には星天qlay開業と東口通路の併用開始に伴い、YBPへのアクセスも向上された。


又、2022年(令和4年)3月31日に南口バスロータリーが本格開設された事で、相鉄線以南の道路体系が大きく変更され南口ロータリー初のバス路線も新設された。

同時に、同年12月24日に星天qlayの1期が開業し、相鉄ローゼンなどが開業予定だったが、11月15日火事があった為、2023年(令和5年)2月2日・9日に開業予定となり、2日にBゾーンが開業。

更に無印良品や相鉄ローゼンなどは9日に開業している。

星天qlayはジョイナスポイントに対応している。


駅南口にはいなげやがある他、北口には保土ヶ谷区役所やケーズデンキコーナン国道16号等がある。

コーナンやケーズがある商業施設は以前は無料だったが、現在は有料化されている(ただし短時間利用はナンバー入力で無料になっている)。


駅構造

島式2面4線の高架駅。

ラッシュ時は当駅で普通列車と優等列車の通過待ち緩急接続が行われる。


乗り場路線方向方面備考
1・2相鉄本線下り二俣川大和海老名湘南台方面1番のりばは待避線。
3・4相鉄本線上り横浜方面4番のりばは待避線。

利用状況

  • 2022年(令和4年)度の1日平均乗降人員は26,940人である(横浜市統計書より)。相鉄の駅では12位。
    • 湘南台駅とほぼ同等で天王台駅より少し多い。
    • 2023年度の4月~24年2月までの横浜市統計書による乗降人員は29,465人とロータリー整備や商業施設開店もあってほぼコロナ前とほぼ同水準となっている。

年度別

年度乗降人員順位
2008年(平成20年)度26,730人12位
2009年(平成21年)度26,817人12位
2010年(平成22年)度27,506人11位
2011年(平成23年)度27,209人11位
2012年(平成24年)度27,669人10位
2013年(平成25年)度28,665人10位
2014年(平成26年)度28,824人10位
2015年(平成27年)度29,417人10位
2016年(平成28年)度29,634人10位
2017年(平成29年)度29,444人10位
2018年(平成30年)度28,840人10位
2019年(令和元年)度28,361人12位
2020年(令和2年)度22,543人10位
2021年(令和3年)度24,032人11位
2022年(令和4年)度26,940人12位

隣の駅

種別前の駅当駅次の駅備考
  • 特急
  • 通勤特急
  • 通勤急行
通過
快速横浜駅星川駅西谷駅
各駅停車天王町駅星川駅和田町駅

星川駅(三重県)

三岐鉄道北勢線の単式1面1線の地上駅。

元々は近畿日本鉄道(近鉄)の駅だったが1969年に一旦廃止される。

2003年に近鉄から三岐鉄道に経営移譲後、坂井橋駅を廃止移転する形で2005年に当駅が開業した。

当駅はピアゴ星川店の駐車場内にあるが、駅周辺にはそれ以外のショッピングセンターや医院等が存在し、三岐鉄道の駅では最も賑やかである。


関連項目

日本の同名駅一覧

星川駅(神奈川県)

神奈川県内の駅一覧 相模鉄道 相鉄本線 星川みほし

星川駅(三重県)

三岐鉄道 近畿日本鉄道 北勢線 三重県内の駅一覧

関連記事

親記事

日本の同名駅一覧 にほんのどうめいえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1650

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました