ピクシブ百科事典

ケーズデンキ

けーずでんき

茨城県に本社を置く家電量販店。元カトーデンキ。
目次[非表示]

株式会社ケーズホールディングスによって運営されている家電量販店。

ただし地域ごとに実運営を行っている企業が異なる。(いわゆるフランチャイズ)

概要

茨城県水戸市本社を置くいわゆる「北関東家電御三家」(他は栃木県生まれのコジマ群馬県生まれのヤマダ電機)の一社。

今でこそ全国区企業だが、バブル期のカトーデンキ時代を知っている茨城県民はそれが信じられないでいる。

  • この頃のカトーデンキは小さくボロく薄暗い店舗、と個人商店に毛が生えたような店舗ばかりで、当時の県民は「もうすぐ潰れる」とほぼ本気で信じていた。まさか急成長するとは……
なのでケーズデンキやグループ傘下のWonderGOOが全国展開している様に違和感を感じる30代以上の茨城県民が多数いる。

しかしバブル崩壊の際、同じく県内企業のカスミが不採算部門として切り離したカスミ家電ブックランドカスミを買収、後者をWonderGOOとして子会社化し、急成長のきっかけとなった。
その後も同業のギガス(東海地区)や八千代ムセン(関西地区、現:関西ケーズデンキ)、北越電気(北信越地区、現:北越ケーズ)デンコードー(東北・北海道地区)ビッグ・エス(中四国地域)の買収子会社化(統合は行っていない)や、既記子会社および岡島(山梨県)ウシオ(鳥取県)などに対するフランチャイズによって拡大していく。

1990年代後半にポイントカードの導入を決断するも土壇場で白紙撤回した。
一時数千万円の損失を出すも「見えざるコスト増」を理由に現在でもポイントカードの導入を拒否している。
値引きは「その場でうれしい現金値引き」をモットーにしている。(ただしクレジットカード払いや電子マネー払いと現金払いで値引き額に差があるわけではない。)
また傘下のWonderGOOではポイントカードを採用している。

上記の通り関東地区以外では子会社によるフランチャイジー式の独立運営であるため、時折、グループの足並みがそろわずに混乱することがある。

各地域運営会社

担当地域運営企業名本拠地発祥地K'sHDとの関係備考
北海道東北地方デンコードー宮城県名取市青森県青森市100%子会社東北楽天ゴールデンイーグルススポンサー
関東地方(山梨県一部域を除く)ケーズホールディングス茨城県水戸市本拠に同じ本体ケーズデンキ総本拠・J2リーグチーム水戸ホーリーホックユニフォーム等スポンサー
山梨県(一部域)岡島山梨県甲府市本拠に同じ提携フランチャイジー岡島店・塩山店を運営
東海地方(静岡県を除く)ギガス愛知県名古屋市三重県三重郡朝日町100%子会社
静岡県浜松ケーズ静岡県浜松市本拠に同じ100%子会社
北信越地域北越ケーズ新潟県新潟市中央区新潟県北蒲原郡中条町(現・胎内市)100%子会社
関西地方関西ケーズデンキ大阪府大阪市北区大阪府大阪市浪速区100%子会社
四国地域(鳥取県を除く)ビッグ・エス香川県高松市香川県大内郡長尾町(現・さぬき市)100%子会社2011年~2014年までJ2リーグ(当時)チームカマタマーレ讃岐ユニフォームスポンサー
鳥取県ウシオ鳥取県鳥取市本拠に同じ提携フランチャイジー
九州地域九州ケーズデンキ鹿児島県鹿児島市K'sHD本拠に同じ100%子会社


関連タグ

家電量販店
ザ・ドリフターズちびまる子ちゃんCM出演

水戸ホーリーホック:ケーズホールディングス本体がスポンサー契約。チーム最大のスポンサー。

東北楽天ゴールデンイーグルス:デンコードーによるスポンサー契約。
カマタマーレ讃岐2014年までユニフォームスポンサー。ビッグ・エスによるスポンサー契約で、ケーズデンキの会社ロゴと共に「ビッグ・エス」の表記が併記された。が、上記の通りフランチャイザー側のケーズホールデングスがホーリーホックのスポンサーであったためビッグ・エス側に対してスポンサー契約の解除かフランチャイジーの離脱かを迫り、やむなく2014年にスポンサー契約を解除するに至る。なお、これらの事情から2014年に水戸ホーリーホックとの間で両チーム共にケーズデンキのロゴを掲げて対戦する「ケーズデンキダービー」と言いうる事態が発生した。

関連記事

親記事

家電量販店 かでんりょうはんてん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ケーズデンキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53210

コメント