ピクシブ百科事典

ナローゲージ

なろーげーじ

【narrow gauge】「狭い軌間」の意。幅の狭い線路や、その路線の事。
目次[非表示]

概要

 ナローゲージは、標準軌(標準的な軌間)より幅の狭い線路、またはその路線を指す。
日本語では「狭軌(きょうき)」と言われる。
 世界的な標準軌はイングランドの鉱山鉄道発祥の1435mm(4ft8.5in)であり、これより広い軌間は広軌(Broad gauge)と呼ばれ、主としてロシア周辺およびインド周辺、イベリア半島(スペインポルトガル)などで用いられている。
 これらのゲージとしては、おもに以下のものが存在する。

 なお914mm以上は幹線にも使用されるためmedium gaugeと呼ばれることがある。この場合は914mm未満のものを狭い意味でのナローゲージと呼ぶ。

日本での状況

 但し、日本においては1435mm軌間は新幹線の走行区間、一部の私鉄(特に関西方面)および一部市電等の路面電車および地下鉄、あるいは製鉄所などの所内鉄道などに存在するのみである。
 JR在来線を始めとする日本の鉄道の多くは1067mmの軌間が採用されており、日本においては1067mmが事実上の標準と言ってよく、実際に過去においてはそのように扱われている。
 そのため、日本において「ナローゲージ」という表現が用いられる場合は、基本的に1067mmより狭い軌間を示す場合が多い。
 日本に存在するナローゲージとしては、四日市あすなろう鉄道の内部・八王子線、三岐鉄道北勢線黒部峡谷鉄道のように、軌間762mmのものが代表的である(ほかに国土交通省の工事作業用路線である立山砂防工事専用軌道が610mmであり、ケーブルカーでは914mm、983mm、800mmといったものが存在している)。
 それ以前には600mm、838mm、914mmのものが存在し、鉱山で使用された鉄道では610mmおよび508mmが用いられた。

表記揺れ

ナロー

関連タグ

四日市あすなろう鉄道 三岐鉄道 軽便鉄道 鉄道

参照

wikipedia:狭軌標準軌およびリンク先

pixivに投稿された作品 pixivで「ナローゲージ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 87820

コメント