ピクシブ百科事典

標準軌

ひょうじゅんき

軌間(レールの間隔)が1435mm(4フィート8.5インチ)の鉄道路線。
目次[非表示]

概要

2本のレールの間隔(正確にはレール頭頂部の内側の間隔)が1435mm(4フィート8.5インチ)であるもの。
ただし軌間の多少の差異は実用上あまり問題にならないのでイギリスの鉄道業界雑誌である「レールウェイ・ガゼット・インターナショナル」の統計では軌間1432mmから1445mmを標準軌としている。

主にヨーロッパ北アメリカ東アジアを中心に広く普及しており、20世紀末には全世界の鉄道のおよそ6割が標準軌であったという統計もある。
なお標準軌よりも広い軌間は広軌、狭い軌間は狭軌と呼ばれる。

日本の標準軌鉄道

日本最初の鉄道が開通した時は、イギリス人技師の勧めにより三六軌間(軌間1067mm/3フィート6インチの狭軌)を選択。これは狭軌の方が建設費を抑えられると考えられたためだが、後に輸送力不足が顕在化し、大隈重信は「不覚である」と後悔している。国際標準軌(1435mm)へ改軌する提案が何度か行われ、1度目は陸軍、2度目は後藤新平、仙石貢らが改軌を主張したが、軌間を巡る政策は内閣交代の度に二転三転し、結局普通鉄道は三六軌間のまま路盤の強化や車両限界の拡大などで輸送力を確保する方向に落ち着いた(日本の狭軌在来線の車両限界は1900年の規定では2743mm幅であったが、1921年にヨーロッパの標準軌の鉄道と同等の3100mm幅に改められている)。

低規格でも全国に鉄道路線を張り巡らせようとする「建主改従」の方針から、私設鉄道法では、今で言う普通鉄道は原則として三六軌間より小さい軌間を採用するよう定められていたが、軌道法(主として路面電車を対象とする法律)を根拠に標準軌を採用する鉄道も存在しており、東京馬車鉄道に端を発する馬車軌(1,372mmという特殊な狭軌であり、東京の路面電車以外ではスコットランドくらいしか適用例がなく(程なく準軌化もしくは廃線で廃れた)、海外ではスコッチ・ゲージまたは東京ゲージと呼ばれる)を採用した鉄道もある。これは当時の「私設鉄道法」では官設鉄道と同じ3’6”狭軌しか認可されておらず、当時の技術水準ではこれらの私鉄の発起人たちが思い描くようなインターアーバンには程遠いものしか作れなかったからである。軌道条例・軌道法であれば鉄道院(鉄道省)と内務省の共管となり、軌間の規程もないため、任意に選択できた。

高速鉄道である弾丸列車構想に源流を発する新幹線では、標準軌を採用した。車両限界も中国、朝鮮半島と同等の3400mm幅を採用し、輸送力を高めている。

標準軌を採用した路線

JRグループ


公営鉄道・私鉄


関連項目

軌間 -Wikipedia-(ウィキペディアの記事)
鉄道 狭軌 ナローゲージ

関連記事

親記事

線路 せんろ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「標準軌」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2059

コメント