ピクシブ百科事典

弾丸列車

だんがんれっしゃ

1930年代に計画された日本の高速鉄道計画の通称。
目次[非表示]

概要

戦前の1930年代に計画された日本の高速鉄道計画の通称。鉄道省内部の呼称は「広軌幹線」もしくは「新幹線」であった。....そう、戦後の東海道・山陽新幹線の原型である。

戦争勃発により輸送力増加に対応できなくなる恐れがあったため、東海道本線山陽本線の別線として東京下関間を標準軌規格で建設し、高速運転を行おうという構想で、さらには連絡船を用いて朝鮮満州方面へのアクセスも考慮されていた。将来的には「大東亜縦貫鉄道構想」として朝鮮半島への直通が構想されており、車両の規格も内地の在来線ではなく満州と朝鮮のそれを踏襲し、車両長20m、幅3.4mの大型のものであった。この車両規格は戦後の新幹線にも引き継がれる(車両の最大高が拡大されているので全く同一のものではない)。

1940年代に入り路線建設を開始したものの、戦争が激化して建設は中止。そのまま終戦を迎えた...が、戦時中に(しばしば強引に)買収された用地はそのまま残り、現在の東海道新幹線が通るルートの主要部分はこの弾丸列車計画の路線を踏襲している。東海道新幹線がわずか3年半の工期で完成したのは、弾丸列車の遺産あってのことである。なお、山陽新幹線区間に関しては、戦後土地を地主に返還したため戦前の弾丸列車計画とは別ルートを通っている。

新幹線との違い

後の新幹線と違うのは機関車列車が前提の上、路線のかなりの部分が非電化区間であることである(主として軍事上の理由である)。電化方式も当時はドイツ語圏の16 2/3Hz交流電化の他は直流方式しかなかったため、直流方式の中で一番送電効率の高い3000V電化とされた。

狭軌の既存路線とは独立した系統で従来よりは高速で運転するものの、今日の「高速鉄道」ほどにシステム化されたものではない。当時走っていた東海道本線の特急列車同様、随所で機関車を交換しながら客車が走っていくというものである。

余談

「新幹線」は英語表記で「Shinkansen」のほかに「Bullet train」という表現も使われている。まさしく「弾丸列車」の名残でもあり、ヨーロッパでは「高速鉄道」全般を表す言葉として使われている。

関連項目

高速鉄道 新幹線 弾丸 列車 南満州鉄道(満鉄) あじあ

pixivに投稿された作品 pixivで「弾丸列車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 92

コメント