ピクシブ百科事典

ダンガンレーサー

だんがんれーさー

タミヤから発売されたキッズ向けホビー。現在展開終了。
目次[非表示]

概要

田宮模型から発売されたミニ四駆から派生したカープラモデルシリーズの一つ。
単三乾電池2本とモーターで直進する後輪二輪駆動自動車模型。
ボブスレーのような形状をしており、パイプを半分にカットしたような専用コースの中をローラー無しで高速走行する。
ミニ四駆同様、さまざまなグレードアップパーツも発売されており、それらでマシンの性能を上げる事ができる。
ミニ四駆やその派生シリーズ(ミニFラジ四駆)との最大の違いは、マシンが全て同じコースの中を走る点にある。
その為、追い抜きなどの際にマシン同士が頻繁に接触し、相手をコース外に弾き飛ばすなど、迫力あるバトルレースが楽しめる。

後にファイティングレースの導入により、「相手を二回追い抜くか、コースアウトさせた方の勝ち」というサバイバルルールが変更され、よりバトル重視のレースとなった。
それに伴って、ダンガンレーサーEVOという新シリーズが展開。
シャーシを複数のブロックごとに分割し、パーツ交換を容易にするという画期的な仕組みで、後にミニ四駆PROにこの発想は受け継がれた。

バトル重視のレースはミニ四駆以上の迫力があったものの、同じバトルホビーのベイブレードに客層を取られた上、ミニ四駆におけるダッシュ!四駆郎爆走兄弟レッツ&ゴーのようなアニメにも恵まれず(漫画版については『音速バスターDANGUN弾』を参照)、また、そもそもの模型人口自体の減少によって売り上げは伸び悩み、ついにはミニ四駆の復活もあって展開終了した。
しかしグレードアップパーツは現在でもミニ四駆用のグレードアップパーツとして使用可能。
ダンガンレーサーのプロモーションを担当していたダンガンガッツ(ミニ四駆におけるミニ四ファイターのようなもの)は、MCガッツと改名し、現在はミニ四駆などのタミヤ製品全般のプロモーションをおこなっている。

なお、初期のダンガンレーサーのキットの在庫が大量に余ったのか、後にシャーシを流用し、新幹線模型楽しいトレインシリーズが発売された。
ただし、これらは「新幹線が衝突したり脱線するのはイメージが悪い」とされ、ダンガンレーサーの大会での使用は一切禁止されている。
コースもダンガンレーサーとは違う専用コースが販売されている。


ちなみに2012年、アメリカのデルタウイング・レーシング・カーズが開発したオープンボディ・プロトタイプレーシングカーのデルタウイングのデザインがこのダンガンレーサーに極似している。
当時はイマイチ人気の出なかったダンガンレーサーだが、そのデザインは実に10年以上も時代を先取りしていた事になる。

余談

ダンガンロンパとは名前が似てる以外、一切何の関係も無い。

関連タグ

田宮模型 ミニ四駆 デルタウイング

pixivに投稿された作品 pixivで「ダンガンレーサー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26239

コメント