ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

近鉄北勢線1977年から導入された15m両開き2ドアの電車で、全部で9両が製造された。

製造当時は非冷房だったが、総括制御による固定編成化で機回しがいらなくなり、車両も従来車より大型になり、同路線の近代化に大きく貢献した。


2003年に北勢線の三岐鉄道移管に伴い、車両も三岐鉄道に譲渡。2005年からは、75km/h対応の高速化改造を受け、モ270形→クモハ270形のように形式名が変化した。全編成が改造済み。

また2006年からは一部車両に冷房化改造も施された。271・272編成については、冷房化に際しクモハ270形の動力の半分を西桑名方先頭車へ分散、結果西桑名方先頭車のクハはクモハ170形となった。機器の配置の問題により冷房化できない車両はクモハ273形とされ区別されている。

塗装は、近鉄時代がマルーン、三岐時代がイエローをベースといたもの。


  • この時期の車両としては珍しくツリカケ駆動であるが、これはナローゲージに対応するカルダン駆動装置を当時の技術では新造できなかったため(※後述するように特殊な方式によるカルダン駆動は実用化出来たが、保守整備の難しさから何れも失敗扱いとされた)とされる。1990年の最終増備車のモ277もこの仕様かつ抵抗制御で製造された。これは日本最後の完全新製のツリカケ駆動旅客車であり、近鉄が最後に製造した抵抗制御車である。
  • ただしモ277ことクモハ277と組んでいる200系3両は、三重交通時代にカルダン駆動の連接車として新製された。同車に使われた駆動方式は「垂直カルダン駆動」と呼ばれる極めて特殊な方式であり、この3両はモーターの保守整備が大変であるとして数年で電装解除され、トレーラー扱いで動力車モニ220形とコンビを組んでいた。クモハ277を含むこの編成は、三重交通をイメージしたクリームとグリーンのリバイバル塗装となっている。

編成表編集

先述の200系、およびサハ(クハ)130・140形と3〜4連を組んで運用される。太字はクモハ。

西桑名駅方 阿下喜駅方→

冷房装着備考
171146271全車冷房化
172147272全車冷房化
141136142273クモハ以外冷房化
143137144274クモハ以外冷房化
145138275クモハ以外冷房化
134135276全車非冷房
202101201277全車非冷房三重交通

ふたば☆ちゃんねる編集

三岐鉄道北勢線「奴」と「ナローレンジャー」三岐鉄道北勢線「奴」

画像掲示板「ふたば☆ちゃんねる」の鉄道板では、近鉄時代の270系電車をコラージュした画像が数多く投稿された。このコラージュ画像は「奴コラ」と呼ばれ、「」は270系電車の愛称・俗称を表している。

三岐鉄道公式にも認知されていたらしく、イベントに奴コラが展示されたこともあった。

しかし、無断転載などが相次いだため、現在ではほとんど作成されなくなってしまった。


余談編集

「270形」という形式は山陽電気鉄道や上田交通にも存在したが、「270系」はここだけである。


関連タグ編集

近畿日本鉄道 三岐鉄道 北勢線 鉄道車両の形式の一覧 ナローゲージ

関連記事

親記事

北勢線 ほくせいせん

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3841

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました