ピクシブ百科事典

近鉄四日市駅

きんてつよっかいちえき

三重県四日市市の中心にある近鉄名古屋線の駅。ここでは四日市あすなろう鉄道の「あすなろう四日市駅」についても紹介。
目次[非表示]

近鉄四日市駅

所在地:三重県四日市市安島一丁目1-56

四日市市の中心駅である。嘗ては国鉄(元関西鉄道、現JR東海関西本線四日市駅に隣接して存在していたが、1956年に市の中心部である諏訪神社周辺に線形変更の上移転。

駅長が置かれ、名古屋線の川原町駅-楠駅間と、湯の山線の各駅を管理している。

駅構造

島式ホーム3面6線の高架駅。地上11階建ての駅ビルに直結。2階に改札とコンコースがあり、3階にホームがある。名古屋線のりばは2・3番のりばを本線、1・4番のりばを待避線としている。ホーム有効長は1-4番のりばが8両、5番のりばが6両、6番のりばが4両。湯の山線のりばは分岐の関係上、伊勢中川寄りにある。
かつて、名古屋と大阪の難波を結ぶ一部の特急が湯の山温泉発着特急と併結していた。しかし、5番のりばの有効長が6両のため、南隣の停車駅である白子駅で増結と切り離しが行われた。

のりば路線方向方面備考
1・2名古屋線下り伊勢中川・伊勢志摩(宇治山田・鳥羽・賢島)・大和八木大阪難波方面平日1本が5番のりば、土曜休日1本が4番のりばから発車
3・4名古屋線上り桑名名古屋方面
5名古屋線上り名古屋方面朝の当駅始発列車
5・6湯の山線湯の山温泉方面

停車電車

近鉄特急のうち、乙特急と観光特急「しまかぜ」、大阪難波21時発名古屋行き名阪甲特急(当駅22時45分着)が停車。それ以外の名阪甲特急とすべての名伊甲特急が通過。

名古屋線名古屋方面からの準急は当駅をまでの設定である。そのほとんどは種別変更で四日市以南を普通電車として運行している。当駅止まりの普通電車も一部が行き先を変更して運行を続ける。

深夜の名古屋発最終と、朝夕ラッシュ前には当駅発着の急行が設定されている。そのうち朝9時台の名古屋行きと平日朝7時台の鈴鹿線平田町行きは、当駅まで普通電車として運行し、当駅から急行に種別を変更する。
昼間時間帯以外で名古屋-当駅間を4両・5両編成で運転する準急は、当駅から津方面に向かう普通電車に種別変更する際に2両と2両・3両に切り離され、切り離された車両は当駅の側線や塩浜駅に回送もしくは後続の普通電車として運転される。
一部の名古屋行き準急は4番のりばで増結を行う。当駅南の側線から増結車両は4番のりばに入れないため、平日朝の準急は3番のりばで増結し、増結作業中は4番のりばに急行が停車することがある。

湯の山線の電車は5・6番のりばに発着。名古屋と湯の山温泉を結ぶ夏の臨時特急「湯の山サマーライナー」は5番のりばに発着する。

平日朝7時台の当駅発津新町行き普通電車と、毎日朝の名古屋行き準急・普通電車の一部は、湯の山線のりばである5番のりばから発車する。土曜休日朝6時台は4番のりばから当駅発伊勢中川行き普通電車が発車する

利用状況

  • 2016年(平成28年)度の1日平均乗降人員は50,237人である。
  • 近鉄名古屋線の駅では近鉄名古屋駅に次いで2位。


利用状況比較表

年度乗降人員
2008年(平成20年)度43,284人
2009年(平成21年)度41,454人
2010年(平成22年)度41,267人
2011年(平成23年)度41,554人
2012年(平成24年)度42,699人
2013年(平成25年)度43,372人
2014年(平成26年)度42,520人
2015年(平成27年)度47,840人
2016年(平成28年)度50,237人


あすなろう四日市駅

所在地:三重県四日市市安島一丁目1-60

内部・八王子線はもともと近鉄の路線であったが、2015年に経営分離がなされ、駅名を「あすなろう四日市駅」に改称した。近鉄四日市駅とはあすなろう鉄道移管前から「改札外連絡」となっている。

駅構造

島式ホーム1面2線の地上駅。

のりば路線方向方面備考
9・10内部・八王子線下り内部・西日野方面主に9番のりばから内部行き、10番のりばから西日野行きが発車する

関連タグ

三重県 四日市市  近畿日本鉄道 近鉄名古屋線 近鉄湯の山線 四日市あすなろう鉄道

pixivに投稿された作品 pixivで「近鉄四日市駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 135

コメント