ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ICOCAJR西日本(西日本旅客鉄道)が発行する交通系ICカード
同社以外にも近鉄(KIPS ICOCAを発行)・京阪JR四国の各社が発売している。また2015年3月にあいの風とやま鉄道で、2017年にはIRいしかわ鉄道大阪市交通局(現:OsakaMetro及び大阪シティバス)・南海電気鉄道泉北高速鉄道大阪高速鉄道京都市交通局神戸市交通局山陽電気鉄道神戸電鉄北神急行電鉄【現:神戸市交通局】・神戸新交通(定期券除く)・山陽バス(定期券のみ)で、2019年3月には阪急阪神東宝グループ4社(阪急電鉄阪神電気鉄道能勢電鉄北大阪急行電鉄)でも発売を開始した。
名前の由来は「IC Operating CArd」とのこと。読みの語感の通り、関西圏で「行こうか」を意味する「行こか」(いこか)ともかけている。
実際、キャッチフレーズとして「ICOCAで行こか」が使用されている。

上記の発売会社(及び相互利用可能な各社)の鉄道の路線の一部で乗車券として使えるほか、ショッピングなど幅広く利用できる。

なお、本来PiTaPaを導入してる関西の私鉄などがICOCAの発売(定期券含む)も行っているのは、PiTaPaが後払方式であり即時発行が出来ないというデメリットをカバーする為でもある(近鉄の場合はかつてJR西日本と共に発売していたJスルーカードの後継という面もある)。
当初はICOCAのIC定期を発売していなかった阪急阪神東宝グループも、2019年にICOCA定期を発売した。

特徴

他ICカードとも共通しているが、紙の乗車券等と異なる特徴がある。

  1. 最高20,000円までチャージし繰り返し利用できる。
  2. 記名式の場合、紛失しても再発行できる。
  3. 「SMART ICOCA」を使用する事で既存のクレジットカードによるチャージも可能だが、他のICOCAとの同時所有は出来ない。またSuicaの様にオートチャージする事も不可能である。
  4. SuicaTOICAPiTaPaエリアでも幅広く相互利用できる。
    1. これについては2013年以降、主な交通系ICカードでは日本全国で相互利用ができるようになっている。
    2. その他、片乗り入れの形で利用可能な事業者は、交通系ICカードを参照。

記念デザインICOCA

枚数限定で発売される限定ICOCA。定期券として使用することができないが、京阪のきかんしゃトーマスICOCAと京都市交通局の京都市電ICOCAおよび阪神の阪神タイガースICOCA(2種類)は定期券として使用することができる。

その他

関東エリアではIC定期以外でのICカード使用時は事故時などの振替輸送対象外であるが、関西エリアでは2019年3月までPiTaPaを含めてICカード使用時も振替輸送に対応していた。
路面電車バスでは当たり前となっていた車載型IC改札機導入によるICOCAサービスを2019年3月より境線にてJRグループで初め導入し、翌2020年3月には和歌山線和歌山-五条間、2021年春から七尾線関西本線の亀山-加茂間でも導入予定である。
また2023年にはモバイルSuicaのICOCA版に当たる『モバイルICOCA』が導入される予定となっている。

イメージキャラクター

イコちゃん

関連タグ

JR 交通系ICカード ICカード擬人化 IC's!
Kitaca Suica TOICA SUGOCA PiTaPa PASMO

関連記事

親記事

交通系ICカード こうつうけいあいしーかーど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ICOCA」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 206826

コメント