2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

倉敷駅

くらしきえき

岡山県倉敷市の中心駅。ここではJR西日本の「倉敷駅」のほか、水島臨海鉄道の「倉敷市駅」についても解説。
目次[非表示]

JR西日本 倉敷駅

岡山県倉敷市の中心駅。
山陽本線から伯備線が分岐するほか、水島臨海鉄道の倉敷市駅との乗り換え指定駅となっている。
南口は美観地区への玄関口、北口にはアウトレットモール(元チボリ公園)やイオンモールがある。
駅周辺を高架化する計画が存在する。

駅ビルは「サンステーションテラス倉敷」だが、岡山や福山と違って小さい。
なので北口にあるアリオ倉敷や南口天満屋が駅ビルの代用になることが多い。
なお、駅ビルから水島臨海鉄道倉敷市駅まで非常に近い場所にある。

かつては8階建ての巨大な駅ビルを持っていた。
1階から4階が商業施設「ルブラン」、5階から上が「ホテル倉敷」であったが、チボリ公園の閉園やイオンモールの進出により客足が減り、2010年にそれぞれ閉店。2015年までに3階以上の取り壊しが完了し、現在の姿になった。
この時、前述の「サンステーションテラス倉敷」が開店し、大幅に規模を縮小したものの商業施設が復活した。

山陽新幹線は当駅ではなく西方面に2駅先にある新倉敷駅(旧玉島市の玉島地区)に乗り入れているが、こだましか停車しないうえ、東京方面行きは殆ど岡山駅折り返しのため、倉敷市民は新大阪東京方面、のぞみ及び九州新幹線に乗る際は岡山駅を使う事が多い
富士はやぶさが廃止となった2009年3月以降、山陽本線を走る定期の優等列車の西限は当駅となっている。これより先、終点の門司まですべて普通・快速列車のみとなる。

駅構造

単式1面1線と島式2面4線の地上駅。
ホームには美観地区を意識した白の格子模様が各部にあしらわれている。

乗り場路線方向行先備考
1山陽本線下り新倉敷福山三原広島方面
2・3山陽本線上り岡山姫路播州赤穂方面福山方面からの列車
4伯備線下り備中高梁新見米子方面
5伯備線上り岡山姫路播州赤穂方面新見方面からの列車

隣の駅
路線種別←広島・新見方面岡山・姫路方面→
山陽本線快速新倉敷駅当駅岡山駅
普通西阿知駅当駅中庄駅
伯備線普通清音駅当駅中庄駅

特急「やくも」については当該記事を参照。

水島臨海鉄道 倉敷市駅

水島本線の起点。単式1面1線の地上駅であり、水島臨海鉄道の駅では唯一、駅員が配置されている。
JRの駅からは若干離れているが、南口から西へ徒歩1分の距離。

隣の駅
球場前駅(MR1)←当駅(MR0)

利用状況


利用状況比較表

事業者名JR西日本
年度乗車人員乗降人員
2008年(平成20年)度16,683人33,366人
2009年(平成21年)度15,978人31,956人
2010年(平成22年)度16,203人32,406人
2011年(平成23年)度17,480人34,960人
2012年(平成24年)度18,478人36,955人
2013年(平成25年)度19,065人38,130人
2014年(平成26年)度18,816人37,632人
2015年(平成27年)度19,236人38,472人
2016年(平成28年)度19,239人38,478人
2017年(平成29年)度19,443人38,886人
2018年(平成30年)度19,365人38,730人
2019年(令和元年)度19,477人38,954人


関連項目

倉敷市 岡山県 JR西日本 水島臨海鉄道
やくも サンライズ出雲 岡山県内の駅一覧

両備バス下津井電鉄:下電バスは駅南口に、両備はさらに北口にも発着する。特に南口発着系統の番号は10位で南口のりばの番号を示す。かつては倉敷市営バス(既に廃局)、中鉄バスJRバス中国、井笠鉄道(現・井笠バスカンパニー)も倉敷駅に乗り入れていたが、市営バスとJRバスは両備・下電へ移管、中鉄と井笠バスは倉敷駅発着路線そのものが消滅している。

関連記事

親記事

岡山県内の駅一覧 おかやまけんないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1289

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました