ピクシブ百科事典

南草津駅

みなみくさつえき

滋賀県草津市にあるJR西日本の駅。
目次[非表示]

駅データ

駅名南草津駅(みなみくさつえき)
ローマ字表記Minami-Kusatsu
キリル文字表記Юго-Кусаз
所在地滋賀県草津市
所属事業者 JR西日本
所属路線琵琶湖線(東海道本線)
駅構造地上駅
ホーム2面4線


概要

滋賀県草津市にある琵琶湖線(東海道本線)の駅。駅番号はJR-A25
1996年(平成6年)に立命館大学のキャンパス開設にやや遅れる形で草津駅瀬田駅の中間地点に開業した。滋賀県内の駅としてはまだ歴史が浅い方である。
上記の経緯もあり、当初から駅周辺には学生向け集合住宅が多かった。
新快速/快速停車駅。
利用者の増加に伴い、当駅の主な利用者層である立命館大学松下電器(当時)、及び地元の草津市等が連名でJRへ新快速停車を要望したが、当初JR西日本側は「新快速の速達性への影響、利用者数の不足」を理由に停車しないという意向を示した。(この手の地元要望を聞き入れ過ぎた結果、快速が”隔駅停車化”したJR九州の実例がある)
しかし新快速停車を公約に掲げた市長が当選したこともあり、署名活動も添えて再びJR側と交渉した結果、停車駅への格上げが認められ、漸く実現の運びとなった。
2011年(平成23年)より全ての新快速列車が停車されるようになり、それ以降は利用者が急激に増加している。(下表参照)
またこの停車に合わせた形で、今までの学生向けだけでなくベッドタウンとして家族向けのマンションの建設も進められ、周辺人口も大幅に増加している。
新快速停車に合わせた地域開発の成功例として、当駅周辺が引き合いに出される事が多い。

駅の利用者が多いものの、書店が少ないのが難点。書店は隣の草津駅(アニメイトジュンク堂書店がある)か、京都駅まで行って買いに行った方が良い。
また急激に発展した弊害として、防犯が追いついていない一面もあり、その点では注意が必要である。

駅構造

島式2面4線の地上駅。

乗り場路線方向方面備考
1・2琵琶湖線下り京都大阪姫路方面1番線は一部列車
3・4琵琶湖線上り草津米原大垣方面4番線は一部列車

利用状況

  • 2017年度(平成29年度)の1日平均乗車人員は、30,363人である。
  • 滋賀県の駅では第1位で大津駅より多い。
  • 2014年度(平成26年度)に草津駅を抜いて滋賀県1位の駅になり2017年(平成29年)度には乗車人員3万人を突破した。


利用状況比較表

年度乗車人員乗降人員
2008年(平成20年)度21,895人43,790人
2009年(平成21年)度22,067人44,134人
2010年(平成22年)度22,757人45,514人
2011年(平成23年)度24,694人49,388人
2012年(平成24年)度25,829人51,658人
2013年(平成25年)度27,168人54,336人
2014年(平成26年)度28,006人56,012人
2015年(平成27年)度29,128人58,256人
2016年(平成28年)度29,924人59,848人
2017年(平成29年)度30,363人60,726人


関連タグ

琵琶湖線 草津駅 大津駅
JR西日本  滋賀県内の駅一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「南草津駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 204

コメント