ピクシブ百科事典

可部線

かべせん

可部線は、JR西日本広島支社管内に位置する鉄道路線。
目次[非表示]

概要

国鉄JR西日本が運営する鉄道路線である。山陽本線横川駅から北方に延び、新白島駅・大町駅でアストラムライン(広島高速交通広島新交通1号線)と接続している。あき亀山駅までの15.6kmを結ぶ路線であり、全線直流電化で広島市内のみを走る路線となっている(理由は後述)。全列車が山陽本線の広島駅まで乗り入れている。

地方交通線の中では輸送密度が世界一であると同時に、唯一輸送密度が1万人を超えている。

歴史

明治時代雨宮敬次郎が経営していた軽便鉄道会社大日本軌道が横川駅~可部駅間を開業させた。このときはナローゲージの762mm軌道、非電化であった。

私鉄時代

1920年に可部軌道に路線を譲渡、その後1926年に広島電気(電力を扱う会社、広島ガス傘下であった広島電気軌道、後の広島電鉄とは無関係)に買収される。1928年から1930年にかけて直流電化および改軌(1067mm)を行い、一部路線が敷き直しとなる。そして電化および改軌の完了後、広島電気が全額出資した会社である広浜鉄道(広島~浜田間をつなぐ鉄道の意味)に路線は譲渡された。
 
そして1931年、広浜鉄道が経営していた路線が国有化された。これは国の予定線と路線が合致したためであるが、どうも親会社である広島電気がそれを狙って整備し、国と交渉したのではないかと思われる節がある。

買収および延伸

買収後の国鉄時代には、私鉄時代の会社名通り島根県浜田市を目指して、未成線となった今福線として延伸が進められており、延伸区間は非電化であったが、戦中には浜田の隣駅である下府駅と、可部駅双方から延伸の工事が始まった。
戦後、線形が悪いため下府駅から敷設された路線は鉄道として使用されることはなく(なおトンネルの一部などは道路として利用された)、浜田駅に直接連絡する予定に改められ、そして浜田側からの延伸工事はあまり行われなかったと思われる。
1940年代には12km程度、1950年代にはさらに18kmほど延伸されている。

しかし1968年には赤字83線(赤字ローカル線の一部を「使命を終えた」として延伸部分を廃止する勧告であるが実行中に田中角栄により中止された)にて廃止を促されたものの、工事は続けられ、翌年14km程度延伸し三段峡駅まで開業。
ところが、それ以降は長大なトンネルに手間取っている状況の中1980年、工事は凍結された。

なお、「ピーク時の乗客が一方向1時間あたり1,000人を超す」ため特定地方交通線には指定されなかった。

JR継承後の一部区間廃止

可部線の記憶


1987年、国鉄民営化の際JR西日本に継承されたが、可部駅~三段峡駅間の非電化区間、46.2km(三段峡線)は観光路線に使用できるとは言え非電化であり運行が煩雑、また半端な路線であるがため赤字を垂れ流しており、黒字転換も困難であること、さらにはもともと廃止の意見があったことなどにより、2003年11月30日限りで三段峡線が廃止された。

周辺住民による鉄道存続運動が起こったものの、資金も集まらず悪あがきにしかならなかったとされる。

路線復活延伸

ところが、廃線区間のうち途中の旧河戸駅付近、周辺は1960年代に宅地化が進み、病院ができる予定も存在する地域約2kmまでは地元からの要望により電化路線として復活することが2012年12月に決定された。

JRグループにおいて一度廃止された路線の復活は全国初のケースとなり、当初は2015年の開業を予定していたが、国交省との踏切関係の手続きが滞ったため、路線開業は2017年3月4日に延期された。これに前後して、待望の新型車両227系変電所の新増設が完了した2015年度に導入されたり、路線やの改良なども進んでいる。

駅一覧

※ここでは山陽本線への乗り入れ区間も掲載。

駅名乗り換え路線複線・単線・行き違い
広島
  1. 山陽新幹線
  2. 山陽本線西条方面)/芸備線/呉線
  3. 広島電鉄本線
新白島アストラムライン
横川
  1. 山陽本線岩国)方面
  2. 広島電鉄横川線
三滝
安芸長束
下祗園
古市橋
大町アストラムライン
緑井
七軒茶屋
梅林
上八木
中島
可部
河戸帆待川
あき亀山

関連タグ

過去の車両

72系 103系 123系 C11 キハ40 キハ47 キハ58

現在の車両

105系 115系 113系 227系

その他

國鐵廣島 JR西日本 廃線 未成線 ローカル線

参照

wikipedia同項目

pixivに投稿された作品 pixivで「可部線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2877

コメント