ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

JR東日本鉄道路線である。1931年開業。

東京都の八王子駅と群馬県の倉賀野駅間を結ぶ92キロの路線である。地方交通線。
「八王子から高崎までを結ぶ」から八高線であり、渋谷にいる犬とは関係ない。系統上は倉賀野までだが運行上は高崎を起終点とし、倉賀野-高崎間は高崎線の線路を用いる。
八王子-高麗川間が電化されており、1996年に電化するまで東京都で最後まで残った非電化路線である。
以降、高麗川で列車系統は分断されている。高麗川以北は埼玉県内唯一、かつ群馬県内でも2つしかない非電化路線である。
元々群馬の製糸業や秩父のセメントなどの貨物輸送を主眼に置いた路線であったため、乗換駅が多いにもかかわらず旅客にあまり力を入れられていなかった歴史がある。現在でも他路線との接続は殆ど考慮されていない。

八王子-高麗川間は大半の列車が川越線川越駅まで直通運転を行う。奇遇にも高麗川駅の頭文字が「高」であるせいで、八高線を「八王子から高麗川までを結ぶ路線」と思っている人もいるが誤りである。
なお、川越線と八高線とで上り下りの方向が異なる(八高線は八王子方面が上り、川越線は大宮方面が上り)ため、列車番号が高麗川で切り替わることになる。
高麗川-高崎間は昼の列車でワンマン運転を行っている。八王子方面との接続時間は列車によってまちまち。

同区間を中央線などを乗り継いで行った場合と、どちらが早くつくかは時間帯によってまちまちであるが(列車本数は中央線経由の方が多く、八高線は高麗川を境に北部は一時間一本、南部は一時間に二本)、ルート的には八高線の方が効率が良い。
乗り換え回数は、八高線は高麗川乗換えで1回、中央線は新宿湘南新宿ラインに乗り換えた場合、どちらも最低1回。運賃はどちらを経由しても1890円。どちらを選ぶかは利用客次第である。

現在の使用車両は電化区間が209系E231系、非電化区間はキハ110系である。

中央線からの直通快速などがあるが、線内はすべて各駅停車(普通)であり、優等列車は現存しない(1961年から1965年まで新宿~水上間を当路線経由で結んだ準急が走っていた)。

駅一覧

八高南線(八王子駅高麗川駅)


駅名接続路線備考
八王子
  1. 中央線快速
  2. 横浜線
  3. 京王線(京王八王子駅)
1番乗り場から発車
北八王子
小宮
拝島
  1. 青梅線
  2. 五日市線
  3. 西武拝島線(SS36)
東福生
箱根ケ崎
金子
東飯能西武池袋線(SI27)池袋線と対面乗り換え可能。
高麗川
  1. 川越線
  2. 八高北線(高崎方面)
1・3番乗り場発車
川越線川越駅まで直通運転

八高北線(高麗川駅高崎駅間)

駅名接続路線備考
高麗川
  1. 八高南線(八王子方面)
  2. 川越線
2番乗り場から発車。
毛呂
越生東武越生線(TJ-47)
明覚
小川町東武東上線(TJ-33)
竹沢すぐ近くに東武竹沢駅がある
折原
寄居
  1. 東武東上線(TJ-38)
  2. 秩父鉄道
用土
松久
児玉
丹荘
群馬藤岡
北藤岡(高崎線との実際の分岐点だが、高崎線にはホームがない)
倉賀野高崎線(東京新宿方面)高崎方面は高崎線と並走
高崎
  1. 信越本線
  2. 上越線
  3. 両毛線
  4. 吾妻線
  5. 上越新幹線
  6. 北陸新幹線
  7. 上信電鉄
3番乗り場に停車。


関連タグ

川越線 青梅線 西武池袋線 東武東上線 秩父鉄道 
キハ35系 首都圏色 103系3000番台

関連記事

親記事

JR東日本 じぇいあーるひがしにほん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「八高線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44913

コメント