ピクシブ百科事典

忠犬ハチ公

ちゅうけんはちこう

死んだ飼い主の帰りを渋谷駅の前で待ち続けた犬。
目次[非表示]

渋谷駅前に銅像が設置されており、現在も人々から親しまれている存在。
「ハチ公前」が待ち合わせ場所としてよく使われるのは、ハチの生い立ちもあってのことだろう。

1920年代は、和犬そのものの人口(というそうです)が少なかったため、ある種の珍獣として見られた。

後述するハチ公のエピソードに感動したヘレン・ケラーは、来日した際秋田県へ赴き、秋田犬を所望したという。ちなみにその送られた「神風号」が死んだ際、血縁である「剣山号」がヘレンに送られている。

ハチの生い立ち

1923年生まれ。犬種は秋田犬。大学教授・上野英三郎の飼い犬であった。
生後2ヶ月のとき上野に30円(当時)で購入され、ハチと名付けられて可愛がられていた。
主人の出勤を見送るのが日課で、最寄駅の渋谷駅まで送り迎えすることもあった。

しかし1925年、上野が仕事中に脳溢血で倒れ急死し帰らぬ人となってしまう。
ハチはいくら待っても帰って来ない主人を憂いでか、この後3日間何も食べなかったという。
飼育者がいなくなったハチは上野家から知り合いの家へとたらい回しされていたが
1927年、上野家お抱えの植木職人だった小林菊三郎のもとで落ち着いた。

小林もハチを可愛がっていたが、ハチは元・主人の上野を忘れることが出来ないのか
「旧・上野家に出向いて窓から中を覗き、上野がいないことを確認するとその足で渋谷駅へ向かう」
という行動を繰り返すようになった。当初は虐待や心ないイタズラをされることも多く、何度か野良犬駆除業者に捕まることもあったが、朝日新聞でハチの生い立ちが特集されてからは「ハチ公」の愛称で親しまれるようになった。
そして主人の死から約10年。1935年にハチは満11歳で亡くなり、渋谷駅で盛大な告別式が行われた。

渋谷駅前の銅像

渋谷駅前の「忠犬ハチ公」の銅像は二度作られている。

初代のものは1934年、ハチの生い立ちに感動した彫刻家・安藤照によって作られ
除幕式にはハチ自身も参加。その後ハチが亡くなるまでの1年ほどは実物と銅像が同時に見られた。
しかしこの銅像は、大東亜戦争の金属供出のために1944年に撤去されてしまった。

二代目のものは終戦後の1948年、初代製作者の息子である安藤士によって作られた。
これは微妙に場所を変えながらも渋谷駅前に座り続け、長年にわたって人々に愛されている。

忠犬ハチ公を扱った作品

『ハチ公物語』(日本映画、1987年公開)
『HACHI 約束の犬』(ハリウッド映画、2009年公開)
『伝説の秋田犬ハチ』(日本テレビ「ドラマコンプレックス」、2006年放送)
タイムボカン24』(日本テレビ2016年放送。ただし、実際に登場したのは。詳細は作品タグにて)


関連イラスト

ハチィイイイ!



関連タグ

表記揺れ:ハチ ハチ公 HACHI
 忠犬  渋谷 渋谷駅 スクランブル交差点 銅像  待つ 待ち合わせ

pixivに投稿された作品 pixivで「忠犬ハチ公」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36162

コメント