ピクシブ百科事典

首都圏色

しゅとけんしょく

1975年に国鉄が採用した塗色の通称。
目次[非表示]

概要

正式名称朱色5号
1970年代、国鉄の財政は徐々に赤信号が見え始めていた。
そこで今までクリーム4号と朱色4号だった気動車を朱色5号一色に塗り替え、塗装の工程を簡略化させた。
最初に導入された線は相模線で1975年のことであった。また首都圏の線区で導入されたことから「首都圏色」とよばれるようになった。
当時は労使関係が悪化していたこともあり、十分な洗浄がされずに運用された車両は鉄道ファンからは、「焼きタラコ」とも呼ばれた。

北見神威岬
無題


塗装前→塗装後

主な実施車両



まさかの復活

2009年、JR西日本は経費削減のためローカル線の国鉄型車両を単色化することを発表した。
これにより悪名名高い末期色が登場したのだが、気動車はなんと朱色になることが判明した。
しかも国鉄型車両ではないはずのキハ120にまで魔の手が伸びた。
皆さんご存知だろうが国鉄は首都圏色導入から10年ほどで分割され、消滅している。

なお、後藤総合車両所所属車はJR発足時から首都圏色を保ち続けていた(鬼太郎列車を除く)。
そのため、JR以降に同所に所属となったキハ37キハ33も首都圏色に塗り替えられていた(現在は両形式とも廃車)。

それ以前にもJR北海道JR東日本JR四国でも、キハ40系がリバイバル企画として首都圏色に塗り替えられていた。
また関東鉄道でも元キハ30のキハ100形が2007年に関東鉄道標準色から首都圏色に、いすみ鉄道でも2014年にキハ52が一般色から首都圏色に塗り替えられている。

そして2015年には、JR東日本が小海線全線開通80周年記念企画として、なんとキハ110を首都圏色に塗り替えてしまった。
(2017年1月にキハ110系標準色に戻されている)

関連項目

国鉄 気動車 鉄道

pixivに投稿された作品 pixivで「首都圏色」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2791

コメント