ピクシブ百科事典

キハE130系

きはいーひゃくさんじゅうけい

JR東日本の一般型気動車。
目次[非表示]

※なおJR北海道キハ130系は全くの別物で無関係である(そもそも向こうは登場から10年程度で全廃となり現存していない)。

0番台

JR東日本では非電化路線に導入した新車は17m級のキハ100系と20m級のキハ110系の2形式であった。しかし、キハ110系が投入された水郡線では2扉車では通勤ラッシュをさばききれないことから、2007年に3扉車のキハE130系0番台(セミクロスシート車)が投入されることとなった。これにより捻出されたキハ110系は盛岡に転属し、同地区のキハ52キハ58系の置換えに用いられた。

形式解説

  • キハE130形

両運転台車で0番台・500番台はトイレ付、後述の100番台はトイレ無しである。

  • キハE131形
片運転台、トイレ有り
  • キハE132形
片運転台、トイレ無し

100番台

久留里線でも老朽化したキハ30キハ37キハ38の置換えとしてキハE130系100番台が2012年に投入された。100番台はキハ30等の置換えのためかオールロングシート・トイレ無しとなっている。このグループは両運転台のキハE130形のみが導入された。

500番台

八戸線に残っていたキハ40系非冷房車の置換えとして2017年に投入されるグループ。水郡線の0番台とほぼ同仕様で、両運転台車・片運転台車の3形式とも用意。
なお、今回は製造を直接依頼するのではなく、国内外のメーカーを対象にした公募制で当形式投入を決めた。

関連タグ

キハ110系 キハE120形 キハ35系 気動車 ディーゼルカー JR東日本

pixivに投稿された作品 pixivで「キハE130系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1238

コメント