ピクシブ百科事典

キハ100系

きはひゃくけい

キハ100系は、JR東日本が1990年から新製・投入した一般形気動車。
目次[非表示]

概要

キハ100系は、JR東日本が1990年から新製・投入した一般形気動車。
地方線区における老朽車両の置換とサービス改善、速度向上等を目的として設計された。

同時期に投入されたキハ110系キハ110・キハ111・キハ112)は20m級で従来の国鉄気動車と同程度の車体長であるのに対し、キハ100系(キハ100・キハ101・キハ103)が車体長16〜17mと比較的小型の車体となっている。

キハ100形

下北ローカル


0番台は地方交通線(ローカル線)の普通列車用として設計された。JR東日本大船渡線北上線釜石線山田線宮古 - 釜石間、東北本線花巻 - 盛岡間および一ノ関 - 北上間で運用されている。試作車(1〜4、トイレ部分は色塗装の連続窓風)、先行量産車(5〜8)はパイプ状のスカートなど外観でもその後の量産車とは異なる面がある。
200番台は5両が製造され、大湊線および青い森鉄道線青森 - 八戸間で運用されている。

キハ101形

JR東日本 キハ101形気動車


キハ101形は左沢線用に製造された。車体塗色は水色ベースの独自のもので、前面に出羽三山がモチーフの、そして側面に「FRUITS LINER(フルーツライナー)」のロゴが施されている。助士席に相当するスペースには乗客用のドアが設置された。車内はオールロングシートで、トイレはない。
これらの形式は全てワンマン運転対応である。

キハ103形

小海線の観光列車「HIGH RAIL 1375」用にキハ100-29号車が改造され、キハ103-711号車へ改番。キハ110-108号車改造のキハ112-711号車と半固定編成を組んで2両編成で運用されている。この編成が登場するまではキハ100系とキハ110系の併結が実現しなかった。

関連タグ

キハ110系 JR東日本 気動車 ディーゼルカー
キハE120形 キハE130系(大きさや投入目的の似た形式)
キハ120形(JR西日本の16m級一般型気動車)

運用路線

大船渡線 北上線 釜石線 山田線 東北本線 大湊線 左沢線 小海線 青い森鉄道

pixivに投稿された作品 pixivで「キハ100系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6936

コメント