ピクシブ百科事典

建築限界測定車

けんちくげんかいそくていしゃ

鉄道における事業用車両の1つ。

概要

トンネルの内部などが建築限界に合致し、鉄道車両が安全に通過できることの確認を、新線建設時のほか定期的に行う必要性があることから、そのために「建築限界測定車」というものが存在する。

初期の車両であるマヤ31形は、障害物までの距離を直接計測するため車両から矢羽根が出ており、花魁のような外観であった為、『オイラン車』と呼ばれていた。現在はマヤ50形のように、レーザー光線の反射により障害物までの距離を計測できるようになった。マヤ50形は通常、「East-i」ことE491系電車またはキヤE193系気動車につないで運用される。

pixivに投稿された作品 pixivで「建築限界測定車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 165

コメント