ピクシブ百科事典

143系

いちよんさんけい

国鉄が製造した直流用電車。事業用車・郵便車・郵便荷物車・荷物車として使用。
目次[非表示]

クモヤ143

首都圏国電線区のATC化の対応と老朽化したクモヤ90の置換用として1977年に登場。新造車の0番台と改造車の50番台の2タイプが存在する。

0番台

正面画 JR西日本クモヤ145形


※イラストは145系電車の物。ただし見た目はほとんど同じ
1977年から1980年にかけて21両が近畿車輛日立製作所で製造され、浦和、品川などの首都圏各地の電車区に配置された。製造当初より排障器(スカート)を装備している。国鉄分割民営化時に全車両がJR東日本に継承され、3号がクモヤ743に改造された。2004年に17号と18号がE491系導入に伴い廃車されたが、現車は訓練用として残った。後年廃車が進行し車籍を有するのは3両のみとなっている。
牽引車として本線を走行する他、各車両基地での入換作業、最寄駅と車両基地間の職員輸送などに用いられる。一部の車両はブレーキ装置が電気指令式ブレーキ車両との併結に対応すべく改修されている他、川越車両センター配置の11と東京総合車両センター配置車の一部はATCが100km/hに対応する。
塗装は事業用車標準色の青15号と警戒色を意味する黄5号を纏う。既に廃車されている国府津車両センター配置の4号は湘南色を施されていた。

50番台

1986年国鉄の荷物輸送全廃に伴い、余剰となったクモニ143形から改造された。外観上は連結器が双頭連結器に交換され、スカートを撤去したこと以外種車から殆ど変わっておらず、塗装も湘南色のまま、車内も荷物電車時代そのままである。
性能面は0番台と同じだが、こちらは交直流電車の制御も可能なのが特徴。松本車両センターと新潟車両センターに1両ずつ配置されており、配置区の関係からATCは搭載していない。

クモニ143

老朽化した旧型国電をベースにした荷物電車の置換用として1978年と1982年の2回に分けて、近畿車輛で8両が製造された。しかし最終増備車の登場からわずか4年で国鉄の荷物輸送が全廃され用途を失ったが、まだまだ新車であったことから6両が123系に改造され、2両が先述のクモヤ143形50番台に改造された。

クモユ143

1982年に長野地区の郵便車併結客車列車の一部が電車化されることに伴い、川崎重工で3両が製造された。国鉄が保有するのではなく郵政省が保有する私有車だったのが特徴。
1986年に郵政省が鉄道郵便輸送を廃止したために用途が失われ、国鉄の財政難もあって国鉄に車籍が移ることもなく、登場からわずか4年で全車両が解体された。実にもったいない話である。

クモユニ143

1981年身延線の新性能化により登場。身延線の輸送需要から郵便・荷物合造車として近畿車輛で4両が製造された。身延線に存在する狭小トンネルに対応した車両限界の関係上、パンタグラフ部分の屋根を低く切り下げてある。
1985年3月に身延線の郵便・荷物輸送が廃止され、長岡運転所に転属。スノープラウが取り付けられた。
1986年今度は国鉄の郵便・荷物輸送全廃に伴い運用を離脱。しかし外房線内房線の新聞輸送だけは房総半島の道路事情の関係で廃止されず、そこで使われていたクモユニ74の置き換えのために全車両が幕張電車区へと転属した。幕張転属時にスノープラウは撤去されている。
塗装は登場から長岡転属までがワインレッドをベースに白帯を巻いたいわゆる身延色、長岡転属時に湘南色に塗り替えられているが、1号のみ湘南色をまとっていたことはない。幕張転属時に横須賀色に塗り替えられた。
1996年、房総地区新聞輸送が運用合理化のために113系に置き換えられ、今度こそ用途を失ったかと思われたが、1号と3号が長野総合車両所に転属し構内入換や職員輸送に使われていたクモヤ90を置き換えた。長野転属時にスカートを撤去し、後に連結器も密着連結器から双頭連結器に交換している。
2号は1997年に除籍されたが、車両自体は東京総合車両センターの入換機械として残ったが2010年2月に解体されて現存せず、4号は小山電車区に転属したが大宮で留置された後2000年に除籍され、解体された。

関連項目

電車 145系 鉄道車両の形式の一覧 事業用車 牽引車 訓練車 荷物車 郵便車 国鉄日本国有鉄道

pixivに投稿された作品 pixivで「143系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 546

コメント