ピクシブ百科事典

クモユニ74

くもゆにななじゅうよん

72系から改造された郵便・荷物合造車。
目次[非表示]

概要

旅客輸送需要と共に増加傾向を示す郵便・小荷物需要に対応するため、余剰が出始めた72系から改造された郵便・荷物合造車

足回りは72系ほぼそのものだったが、車体は非貫通・高運転台・切妻構造の軽量金属車体を新造してそれに載せ替えている。

旧型電車だが、新性能電車と併結可能。なお0番台は旧型国電と併結できない。

0番台

1962年から65年にかけて15両が大井、大船、浜松、鷹取の各工場で改造された。旧型国電とは併結できず、111系113系相手のみ併結可能。
落成後は東海道本線で運用された。

100番台

1964年から65年にかけて8両が浜松、鷹取、幡生の各工場で改造された。
0番台に加えて80系とも併結できるようブレーキ新旧読替装置を搭載した。0番台と外観上の違いは殆どない。
落成後は中京エリアに投入されたが、100・101・102の3両は200番台へ再改造され、1972年に房総半島へ転属した。

200番台

1964年から65年にかけて8両が盛岡、幡生、大船、浜松のの各工場で改造された。
ノッチ戻し、抑速ブレーキ対応の主幹制御器を装備し、80系に加えて115系とも併結可能とした。
1968年に100番台から3両が編入改造を受け、11両の所帯となった。

関連記事

親記事

72系 ななじゅうにけい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クモユニ74」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 357

コメント