ピクシブ百科事典

旧型国電の1系列で、全く出自の異なる2種類の車両が存在した。

初代62系

国鉄の前身にあたる鉄道省が身延線の輸送改善用に木造車の車体を鋼鉄製に改造した17m級車体2ドアクロスシートの電車の総称。
後に30系からの編入車と50系からの編入車も登場し、編入車は飯田線へと投入され、身延線に投入されたグループも飯田線へと活躍の場を移している。

2代目62系

メインイラストの車両。72系の台枠・電気機器を流用し、1974年に鷹取・長野・郡山の3工場で製造された。
車体は当時製造が進んでいた115系300番台に準じているが、細い旧型国電用の台枠をほぼそのまま流用しているため車体の裾絞りが台枠に近い部分で更に折り曲げられているのが特徴。

4両固定編成を組み、クハ66-モハ62-モハ62-クハ66の順で組成される。サービス電源が直流から交流に変えられた関係上62系の中間に従来の旧型国電を挟み込む事はできなくなっている。(62系の前後に旧型国電を増結することは出来る)

1984年に運用から退き、86年に廃車された。クハ66002の運転台部分のみ解体を免れ、佐久間レールパークで運転シミュレータ筐体として使用されていた。閉園後の動向は不明。

関連記事

親記事

72系 ななじゅうにけい

コメント