ピクシブ百科事典

訓練車

くんれんしゃ

主に新人乗務員の訓練に使われる車両
目次[非表示]

教習車とも呼ぶ。主に新人乗務員(運転士車掌)が車両の取り扱い、異常時の対処法などを学ぶのに用いられる。
専用の車両を用意する場合もあれば、営業用車両で代用する場合もある。

鉄道の訓練車

モヤ102

103系を改造した訓練車。営業用の103系と区別するため、白帯2本と「訓練車」の文字を入れ、網棚の撤去、ドアの一部締切、機材置き場の設置などを行った。
当初は非冷房の3両編成3本が用意され豊田・松戸・浦和の3箇所に配置されたが、保安装置の問題から本線走行に制約が出たため1995年に冷房搭載の4両編成3本に置き換えられた。
2000年に浦和所属編成が、翌年豊田所属編成がそれぞれ廃車され、最後まで残った松戸所属編成も2006年に廃車されて消滅した。

モヤ113

113系を改造した訓練車。外観はモヤ102と同様白帯2本と「訓練車」の文字を入れている。車内は半分の座席を撤去してミーティング用スペースと視聴覚機器を設置した。
2005年に廃車されて消滅。

115系訓練車

115系を改造した訓練車。やはり白帯2本と「訓練車」の文字が車体に入り、車内に訓練用設備やロッカー・テーブルなどを設置した。
現在は長野総合車両センターにN15編成のみが残る。

クヤ455

455系を改造した訓練車。交直流急行色に白帯2本と「訓練車」の文字が入る。
455系のトップナンバーであるクモハ455-1が鉄道博物館へ収蔵されるのに伴い、2006年に廃車された。

モヤ484

485系を改造した訓練車。青森と勝田にそれぞれ1編成配置された。2005年に青森車が、2007年に勝田車がそれぞれ廃車されて消滅。

キヤ28

キハ28を改造した訓練車。2008年に廃車されて消滅。

209系改造訓練車

京浜東北線で運用されていた209系を改造した訓練車。正式には鉄道車両ではなく、車籍のない機械扱いのため、本線をそのまま走ることは出来ない。
大宮・久里浜・新秋津の訓練センターに2両1編成ずつ置かれている。

バスの訓練車

バスにも訓練車が存在する。営業車と異なり、自家用の白ナンバーを付ける。現役を退いた営業車から改造する場合もあれば、新車を発注する場合もある。

訓練車を所有する主な事業者

タクシーの訓練車

新人乗務員向けにメーターや無線機などの取り扱い方法を学習するため、大手を中心に訓練車を所有している。
その多くがかつてタクシーとして走り回っていた車両であり、メーターや無線機、スーパーサインがそのままとなっている。ただし行灯については取り外されている。

pixivに投稿された作品 pixivで「訓練車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 144

コメント