ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

その名の通り長野電鉄グループの企業で、当初は長電直営だったバス事業が、1987年から1995年にかけて信州バス・信濃交通・長電バス(成立順)の3社に分離されたのが始まり。これら3社は2006年4月に長電バスを存続会社として再統合している。
本社は長野市東部の柳原地区に所在する長野営業所内に置かれている。

路線網

一般路線に加え、西武バスとの共管による東京(池袋駅)への昼・夜行バスを運行している。

一般路線は長野県の北部、長野市・須坂市・中野市・飯山市・山ノ内町・飯綱町などに路線を持ち、長電の亡き木島線・屋代線の代替バスとして、飯山駅〜木島〜信州中野駅須坂駅〜松代〜屋代駅も運行されている。
JR長野駅など長野市内発着路線と飯山・飯綱地区の路線網に系統番号があり、現在は飯山・飯綱地区の方に若番が振られている。これはもともと系統番号が存在した長野市内発着路線をアルピコ交通(旧・川中島バス)との連番に改番したことによるもので、アルピコ交通と同じく長野駅発着路線は10位に長野駅の乗り場番号(西口発着は40〜60番台、東口発着は80番台)を付けており、そのアルピコ交通との共管路線も存在する。

ちなみに飯綱地区の路線は平日のみの運行で、飯山市内の路線にも平日朝夕のみ運行(日中と土曜・日曜・休日はデマンド交通が代走)するものが存在する点は要注意。

車両

日野自動車三菱ふそうの車両が主に導入されている。カラーリングは長野電鉄の電車と同じクリーム色に赤の組み合わせを採用している。

中古車の導入も多く川崎鶴見臨港バス川崎市営バス名古屋市営バス東武バスなどからの移籍車が活躍している。

長電バス ニューエアロスター 326号車


バスマニアの間ではこちらのイラストの車両が有名。
この326号車は神奈川中央交通独自の仕様の型式認定を得るために製造されたサンプルカーで、そのまま神奈中へ導入できるように量産車と極力仕様を合わせたが、何らかの理由で神奈中へは入らず長電バスへ導入された。エアロスターの特徴である正面のセーフティウィンドウがなく、運賃表示窓が設置されているなど特徴的な仕様である。

関連タグ

京阪バス···長電バスではかつて、京阪バスより日野K-RC301を1台購入し、リフト付きバスに改造して長野駅〜長野市民病院線で平日限定で運用していた実績を持つ。この車両は前後扉だった種車の後扉を閉鎖、中扉を新設し、その中扉にステップリフトを設けていた。現在は老朽化により引退している。

関連記事

親記事

長野電鉄 ながのでんてつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「長電バス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2524

コメント