ピクシブ百科事典

あさぎり

あさぎり

あさぎりは、東京都の新宿駅と静岡県の御殿場駅を結ぶ特急列車の愛称名。名称の由来は朝霧高原にちなむ。
目次[非表示]

海上自衛隊護衛艦については→「あさぎり(護衛艦)

説明

新宿~御殿場間(かつては沼津まで)を小田急小田原線、JR御殿場線経由で結ぶ特急列車の名称。小田急線と御殿場線は、JR松田駅(小田急新松田駅)付近に設けられた専用の連絡線を経由して乗り入れる。

歴史

気動車時代

【HD小田急35】小田急の気動車【キハ5000・5100形】


「あさぎり」のルーツとなる列車は1955年に誕生している。当初は小田急電鉄側から国鉄への片乗り入れであり、運行区間も新宿-御殿場間であった。小田急線内は特急として走り、国鉄線内は準急という扱いの「特別準急」で、列車名は「芙蓉」「銀嶺」「朝霧」「長尾」の4種類であった。車両は小田急電鉄が用意したキハ5000形・5100形であり、小田急の乗務員が全区間通して運転を行っていた。

電車化

小田急 Short Super Express 【改装後】


1968年の御殿場線電化後は種別を国鉄線内急行扱いの「連絡急行」と改称し、このときに列車名も「あさぎり」に統一された。使用車両も全てロマンスカー3000形(SSE車)が充当されるようになったが、小田急からの片乗り入れである点に変化はなかった。このとき不要になった気動車は全て関東鉄道へと売却された。

全盛期

特急 あさぎり
【HD小田急11】たった一つのダブルデッカー【20000形】


1991年3月16日からJR東海小田急電鉄によって共同運行・相互直通運転の形態に変更。1日4往復のうち、両社で2往復ずつ担当していた。車両はJR東海側が371系を、小田急側が20000形(RSE車)を使用することになったが、371系は1編成しかないため、検査時は小田急車が代走していた。いずれも、中間にダブルデッカー(2階建て車両)2両を含む7両編成。

現在

試運転中


2012年3月17日をもって371系と20000形は「あさぎり」運用より撤退し、翌日から「あさぎり」は全運用が小田急の受け持ちとなる。停車駅を変更の上で運転区間を新宿~御殿場間に短縮。小田急からの片乗り入れの形態に戻った。使用車両は小田急電鉄が用意した60000形(MSE車)6両編成。

関連タグ

JR東海 御殿場線 小田急電鉄 小田原線 ロマンスカー 列車愛称 特急 鉄道
371系 20000形 富士急行フジサン特急富士山ビュー特急

pixivに投稿された作品 pixivで「あさぎり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39742

コメント