ピクシブ百科事典

あさぎり(護衛艦)

あさぎり

海上自衛隊が運用している護衛艦の1隻。

説明

DD-151「あさぎり」は中期業務見積り (1983)に基づく昭和58年度計画3,500トン型護衛艦2222号艦として、石川島播磨重工(現IHI)東京第1工場で建造され、1985年2月13日起工、1986年9月19日進水ののち、1988年3月17日に就役した、あさぎり型護衛艦のネームシップ。
艦名は3代目で、旧日本海軍には、春雨型駆逐艦の初代「朝霧」、吹雪型駆逐艦の2代目「朝霧」が存在した。

  • 竣工当時は佐世保基地を定係港とし、佐世保配属の時代には、1992・1994・2000年の3度にわたり環太平洋合同演習リムパックに参加。この間、1998年に第2護衛隊群第2護衛隊に転属している。
  • 2002年度からは第4護衛隊群第8護衛隊に転属、定係港も呉に変わる。
  • 2005年度から2011年度までの間は練習艦に種別変更され、艦番号がTV-3516に変わっていた。
  • 2012年度からは護衛艦に復帰、艦番号もDD-151に戻ったが、護衛隊群にはすでに後継艦である新むらさめ型護衛艦たかなみ型護衛艦、3代目あきづき型護衛艦が配備されていたこともあり、第14護衛隊への配属になった。定係港も舞鶴に変わり現在にいたっている。

なお、本艦は護衛艦として初の女性副長が勤務した艦でもある。

関連項目

小田急電鉄+JR東海の特急列車については→「あさぎり」(無印)。

海上自衛隊 護衛艦 IHI

本艦以降にIHIで建造された護衛艦
あまぎり、うみぎり:同型4・8番艦。「あまぎり」は先代にあたる旧日本海軍の初代「天霧」も2代目朝霧の同型艦(「うみぎり」の先代にあたる夕雲型駆逐艦「海霧」は未成艦)。
ちょうかいこんごう型護衛艦(イージス艦)の4番艦。海自DDGとして初めて三菱重工長崎造船所の手を離れた艦でもある。
むらさめさみだれあけぼの(護衛艦):新むらさめ型1・6・8番艦。

コメント