ピクシブ百科事典

VA-11_HALL-A

ゔぁるはら

「一日を変え、一生を変えるカクテルを!」
目次[非表示]

"VA-11 HALL-A"とはベネズエラのインディーゲーム開発陣であるSukeban Gamesが2016年に発表したサイバーパンク世界を舞台とした作品。
正式名称は"VA-11 Hall-A: Cyberpunk Bartender Action"。絵師はKiririn51
なお、"VA-11 HALL-A"とは主人公の務めるバーの名前で、正確には「VA-11・ホールA」を意味するが、ゲーム内外で「ヴァルハラ」と通称されている。

2017年11月ついに公式日本語版が公開。同時にプレイステーション・ヴィータへの移植(パッケージ有り)版も販売された。

なお2020年には続編「N1RV Ann-Aニルヴァーナ)」の発売が予定されている。

ゲーム概要

ストーリー

207X年、存在すべきではない街「グリッチ・シティ」は政府の腐敗、大企業・犯罪組織の専横により急速にディストピア世界に沈みつつあった。ナノマシンによる政府監視で人々から自由は奪われ、あらゆる犯罪と暴力主義の蔓延が一般人の生活を脅かしていた。
プレイヤーはそんな街の繁華街の片隅にあるバー"VA-11 HALL-A"のバーテン、ジルを演じ、店を訪れる多種多様な客の話に耳を傾けることになる…。

ゲームジャンル

アクションゲームまたはビジュアルノベルとされることが多い。なお、開発陣はこのゲームを「サイバーバーテンダーアクション」と位置づけている。

ゲームシステム

最も特徴的な点はストーリーの進行・分岐がこの手のゲームによくある「会話選択」ではなく「客に提供するカクテル」によって決まるというところにある。客の注文通りにカクテルを作ればよいと思われるかもしれないが、謎掛けのようなあいまいな形で注文してきたり、会話の流れから察して相手の望んでいるカクテルを作ったりしなければならないなど、そう簡単にはいかない。注文を間違えすぎるとお給料と生活(ゲームクリア)に影響するため、そのあたりの配慮も必要とされる。

客たちとの会話では、ディストピア世界に集う人々として、テクノロジーの発展に伴う「自我のあいまいさ」など哲学的な側面を覗かせることも多い。
一方、主人公や客達は自身の性的嗜好に関する話をかなりあけすけに話す傾向があるため、一応CEROレーティングはD(17歳以上対象)だが、18歳以下にはおすすめできない感はある。恋愛感も現代に比べるとかなりフランクで、レズホモ関係もかなり普通に受け止められている。

また日本のPC-98系列のゲームを強く意識して作られており、グラフィックやサウンドは当時を思わせるレトロ調になっている。

登場キャラクター

店の人間として主人公ジル(Julianne Stingray)、過去が謎に包まれた同僚ギル(Gillian)、元女子プロレスラーで片腕義腕のボスデイナ(Dana Zane)が登場する。
対する客はここに紹介しきれないほど多いが、主だったところを挙げると、

他にも殺し屋、都市の保安要員、日常生活24時間を配信するストリーマー、会社を運営する喋るコーギー犬、瓶詰めの脳ミソなど、一言で括れないクセのあるキャラクターばかりとなっている。

評価

発表以来「美しくも儚い芸術的な世界観と独特のゲームシステムが融合したゲーム性は他のゲームに例を見ない」などと欧米で高い評価を得ている。

エンジン

Windows, Mac, PS Vita

プラットフォーム・ダウンロードストア

Steam, PLAYSM, PS Store

関連イラスト

Jill
VA-11 HALL-A


Dorothy
VA-11 Hall-A



関連リンク


関連タグ・この記事のカテゴリ

アクションゲーム ビジュアルノベル サイバーパンク

pixivに投稿された作品 pixivで「VA-11_HALL-A」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 850400

コメント