ピクシブ百科事典

あさひ(列車)

あさひ

「あさひ」とは、列車愛称の1つである。
目次[非表示]

概要

かつてJR東日本上越新幹線新潟駅まで運行される列車に付与されていた愛称。1997年以前は速達列車用として、それ以降は新潟駅まで行く全ての列車に使用されていた。なお、在来線でも「あさひ」が運行されていた時期があった(こちらは後に「べにばな」に改称されている)。

上越新幹線「あさひ」

1982年の上越新幹線開業と同時に誕生し、速達型として設定された。公募18位だった。1位の「とき」は既に絶滅寸前の鳥だったため速達型には使いづらく、2位以降(「雪国」など)は反対意見が出てきたため中々決まらず、最終的に時間切れとなって「あさひ」となった。
その後E1系が誕生し、E1系で運転される「あさひ」は「Maxあさひ」となった。
開業からしばらくは特に変化はなかったが、1997年にJR東日本が管内新幹線の愛称をそれまでの停車駅別から運転区間別に整理した。その際に新潟駅に行く列車は各駅タイプ速達タイプ問わず「あさひ」となった。一方、各駅タイプとして運転されてきた「とき」は「あさひ」と「たにがわ」に統合されて一度消滅した。

北陸新幹線「あさま」の誤乗車多発と終焉

「あさひ」は「とき」の消滅と同時に誕生した北陸新幹線あさま」と一文字違いで紛らわしく誤乗車が多発し、高崎駅を過ぎたところで誤乗車に気付くなどのケースも多かった(高崎駅を通過する速達「あさひ」に使われていた車両の多くが「あさま」でも使われているE2系だったことも誤乗車が多発した原因の1つとなっている)。また、「とき」の復活を求める声は新潟県を中心に強く、新潟県の関係機関からも「とき」に変更するよう要請が行われた。このような経緯から、2002年に「あさひ」が「とき」に改称され、「あさひ」は消滅。「とき」が復活した。

余談

1990年200系F90番台を使用した一部の「あさひ」による275km/h運転を開始した。これは世界最速をTGVに奪われた事と日本最速を山陽新幹線に奪われかけたため、大清水トンネルの下り勾配を利用して無理やり275km/h運転をして、世界最速を取り戻すために行ったのである。しかし1993年にTGVが、1997年には山陽新幹線(500系)が300km/h運転を開始したことで存在意義が薄れたため1999年に中止となり、現在は全て240km/hとなっている。

関連タグ

上越新幹線 とき たにがわ
200系 E1系 E2系 E4系 Max

pixivに投稿された作品 pixivで「あさひ(列車)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66

コメント