ピクシブ百科事典

カント

かんと

イマヌエル・カントは、18世紀に生きたケーニヒスベルクの哲学者である。

1.鉄道の線路の曲線部において外周を高くし、車両を内側に傾けるようにすること。バンク。
2.女性器(cunt)。
3.ドイツ(プロイセン)の哲学者イマヌエル・カント。本稿にて解説。

イマヌエル・カント(Immanuel Kant, 1724年4月22日 - 1804年2月12日)は、ドイツプロイセン王国)の哲学者、思想家。ケーニヒスベルク大学教授。近代哲学において最も重要な人物の一人である。

人間の理性の可能性と限界について考察し、批判哲学を構築した。カントの哲学は、いわゆるドイツ観念論や人間学の源流となっている。また、国際政治では永遠平和のための提案(例えば国際機構の設立や常備軍の廃止など)を行い、後世への思想的影響は巨大なものがあった。

生まれてから没するまで北ドイツの港町ケーニヒスベルク周辺から出ることはなく、恋愛も結婚もしなかったとか、生活は規則正しく寸分の時間の狂いもなく散歩に出たとか言う逸話から、生真面目変人のように思われがちである。しかし実際には、当時の大学教授には珍しくお洒落で流行にも敏感であり、生き生きとした話しぶりと幅広い話題(カントは科学から地理学、歴史、宗教など非常に幅広い分野に通じていた)から座談の名手として名高く、その講義は学生たちに大人気だったという。自宅に友人を集めて会食するのが日課で、ケーニヒスベルクに出入りするあらゆる重要人物と交際する、大変に社交的な人物だった。

pixivに投稿された作品 pixivで「カント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4833

コメント