ピクシブ百科事典

カントボーイ

かんとぼーい

見た目は男性だが男性器が無く女性器がある/上半身が男で下半身が女なキャラを示す、海外発祥の属性。よく誤解されるが男性器は無いため、ふたなりや逆ふたなりとは全く違う。
目次[非表示]

概要

海外発祥の属性の一つで、見た目は男だけどチ○コが無くてマ○コがあるキャラクターを示す。
もっと簡潔で端的に言えば上半身が男で、下半身が女。説明の際には「ふたなりの逆」と言うよりも、こう言ったほうが恐らく誤解が無い。

男性器はついてないため、ふたなり(男ふたなり)とは全く異なる。
ブツはついてないのです。お間違えなく。

ケモノ獣人キャラのカントボーイに関しては元々ケモノ界隈でよく見られるスリット属性や総排出腔なんかと見た目的には似ているが、これらともまた違う。

版権の男キャラがこのような状態になっているものも当然含まれるが、
カントボーイ化を女体化と同一とするかどうかは個人の定義によって異なる。
少なくとも性器が変化しているため、性転換ジャンルの内に入ることは確実である。

直訳すると「マ○コ男」という意味であるが、日本では未だこれに該当するジャンル名がないため、
cuntboyをそのままカタカナ呼びしたこの言葉が国内でも使われる傾向にある。
pixiv上におけるタグ使用率においてもこのカタカナ表記のほうがやや多い。

更に詳しくは→cuntboy

男ふたなりと混同してはいけない理由

まだ歴史の浅いジャンルであるため、男ふたなりとの誤用や混同が多い。
「マ○コがある男ならなんでもカントボーイでいいじゃん」という声もあるが、
元々カントボーイというジャンルを生み出し楽しんでいた層は「チ○コのついていない男」というのを何より重視しているため、男性器があるものをカントボーイの内に含むことは元来のカントボーイ好きからはあまり歓迎されない。
(チ○コのついたものもカントボーイに含めてしまっても良いとなると、チ○コが嫌いでカントボーイを好む人が泣きを見ることになる。)
発祥元の海外でも、男性器もあるものにcuntboyという言葉を使う人もたまにいるが、高確率で誤用であることを指摘されていたり、場合によっては荒れてしまうことも多い。
ケモノ界において、ケモミミケモノを混同するとケモナーの怒りを買う現象に似ている。
参考→ケモミミをケモナー向けと書くと炎上する理由とか

従ってここはしっかりジャンル分けをし、住み分けるのが無難で平和と思われる。
そもそもチ○コとマ○コの両方が存在する男キャラを表すものとしては「男ふたなり」という立派な言葉があるため、争いを避けるためにもそっちを利用するのが望ましい。

説明においても「ふたなりの逆」という説明がされることもあるが、ふたなりというジャンルは女性器と男性器の両方が存在して成り立つものであるため、男性器が存在しないカントボーイをふたなりの逆と言うのは厳密には間違い。
全く逆の存在(見た目は女性だが女性器が無くて男性器がある)では「ディックガール(dickgirl)」(より一般的な言葉だとシーメール)が正解と言える。

三次元では

発祥元の海外においては、前記した意味のみで使われるのは二次元限定で、三次元の場合は場所によって意味が全く異なる。

三次元での用法

  • 「タチ側に対しとても従順で支配されている受け側の男性」
  • FtM(いわゆるオナベ)の人のうち、『除乳手術はしているが下半身は女性のままな状態の人』が提供する三次元エロ画像やエロ動画」

三次元においてはゲイ向けのサイトだとほぼ前者の意味で、トランスジェンダーのエロ画像を扱ったサイトでは後者の意味になっていると考えて良いだろう。
二次元的な用法とほぼ全く同じものを示しているものならば後者が該当する。
無論、二次元に関しては前記したとおりの意味が一般的な用法であるため、間違っても普通の男性の絵に「cuntboy」という言葉を使わないように。

関連タグ

オナベ FtM ヒーフィメール 性転換 アクセラレータ

対義語

ディックガール(dickgirl) シーメール ニューハーフ オカマ MtF

pixivに投稿された作品 pixivで「カントボーイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8857309

コメント