ピクシブ百科事典

cuntboy

かんとぼーい

見た目は男性だが男性器が無く、代わりに女性器が付いてるキャラのこと。また既存の男性キャラがそのような身体になっている属性。男性器が存在しないことが重要で、ふたなり(男ふたなり)とは全く異なる。
目次[非表示]

cuntboyという表記の他、片仮名でカントボーイ、cuntを略してc-boyやcboyなどの表記をされることもある。
現在、国内ではそのままcuntboyかカタカナ呼びのカントボーイが使われることが多い。
cantboyはスペルミスであるため注意。
※性質上、pixivではR-18の作品が多数を占めているため、ピクシブ百科上の作品数表示ではR-18指定のされていない作品の数だけしか表示されない。

概要

海外で発祥した特殊嗜好の一つ。
見た目は男性だが男性器が無く、代わりに女性器が付いているキャラや、
既存の男性キャラがそのような身体になっているものを指す。
単純に「女性器のついた男性」と説明されることも多いが、それに加えて「男性器は存在しない」こともなにより重要である。
比較的発祥が新しく、国内ではまだ浸透していないジャンルであるため、
ふたなり(男ふたなり)と混同されたり、間違って認識されていたりする等で非常に誤解が多い。

あくまでも存在は男性であると主張する人もいるが、
一応生物学的に言えばれっきとした女性であるため、既存のキャラがそうなっているものは性転換ジャンルの内に含まれる場合がある。

直訳するとマ○コ少年またはマ○コ男。(カント=cuntは女性器の意)
同じ意味の言葉でpussyboyやvaginaboyという言い方もある(いずれも直訳するとマ○コ男)
一部ではよりスラング的ニュアンスの強い言葉でmangina(man + vaginaのかばん語、文字通りのマ○コ男)という言い方もある。

どう見ても男なのにアレがついてないように見える彼はもしかして・・・

よくある間違いや誤解など

一見、胸が絶壁の女性やボーイッシュな貧乳少女に見えるものもあるが、
中性的な男性が主体のカントボーイだけではなく、筋肉質であったり髭をたくわえていたりするような男らしい風貌の男性、
所謂ガチムチ系の男性や中年のおっさんが主体であるカントボーイなども存在するため、
無乳貧乳の女性とは決して同じものではないと言える。
要するにオナベボーイッシュ娘の究極系と考えることも出来るが、
カントボーイはどちらかと言うとふたなりのように第三第四の性に当たるものとして考える人もいる。
しかし発祥元の海外ではオナベの人の内、上半身は性適合手術を行っているが下半身はそのままな人に対して使われることもあるため、
カントボーイという存在の概念的な性別は個人によって定義が異なる。

「ふたなりの逆」という説明は間違い

説明においてはよく「ふたなりの逆」という説明をされているのが見受けられることがあるが、
ふたなり」というのはそもそも「女性器と男性器を両方兼ね備えている存在」のことを示すのであって、
「男性器のついた女性」を示すわけではない。(これについては「ふたなり」の項を熟読されてほしい。)
そのため女性器しか存在しないカントボーイを「ふたなりの逆」と説明するのはイメージはしやすいがよく考えると全くの別方向のものであるため、適切ではない。

カントボーイも前述されているように単に「女性器のついた男性」というわけではない。男性器が存在せず、女性器しか存在しないというのがカントボーイの正しい概念である。
つまり「両方の性器を持っている存在」であるふたなりを「カントボーイの逆版」と説明するのはそもそも間違いである。
厳密にカントボーイの逆と言うのならばふたなりではなくシーメールDickgirlがそうであると言える。

男ふたなりとは別物

似たものに男ふたなりが存在するが、これは男性器が残っているのに対して、
カントボーイは男性器が存在しないため、よく混同されるが異なる存在である。

「男性器があるタイプのカントボーイ」という言葉も見受けられるが、
そもそもカントボーイというのは「男性器が無くて(重要)、女性器が付いてる見た目男性のキャラ」を示すため、
「男性器があるタイプ」というのはカントボーイという存在の概念を根から曲げてしまっている、かなりおかしな言葉と言える。
「男性器があるタイプのカントボーイ」というものは「男ふたなり」というジャンルにしっかり該当するため、そこで明確なジャンル分けをすることが望まれる。

ケモノ属性におけるスリットや総排出腔との違い

cuntboyという属性自体、発祥元の海外ではケモノ系のキャラで描かれることが非常に多い。
詳しい理由は不明だが、恐らくドラゴンや爬虫類系に見られるスリット属性、鳥類系のキャラに見られる総排出腔属性と見た目的に近いものがあるためだと思われる。
そのことから、スリットタイプの性器で描かれてるドラゴン/爬虫類系のオスケモ総排出腔タイプの性器で描かれている鳥人キャラのオスが、cuntboyであると勘違いされているケースもしばしばある。

スリット総排出腔について詳しくは各該当記事を読んでもらうとして、
これらの性器で描かれているケモノのオスはあくまでも「外見が女性器に似たオスの性器」を有しているわけであり、本物の女性器そのものを有しているわけではない。
スリットタイプに至っては内部にしっかりペニスが存在することもある。
そのためスリット総排出腔タイプの性器を持つケモノのオスをcuntboyと言うのは厳密には間違いである。
一見女性器が描かれてるように見えても、作者のキャプションなどの説明書きをよく読んで本当にcuntboyなのかどうか判断することが賢明。

その他注釈

腐向けの二次創作においては「下半身だけ女体化」という説明的な表現をされることが多い。
二次創作に限らずとも、誰に対しても誤解の無い説明をするとすれば「上半身が男で下半身が女」という説明が最も簡潔で分かりやすいと思われる。
ただし脚や臀部も女性らしい描き方になっているものは厳密に言えば若干異なるとも言えるが、
現状、腰から下が丸ごと女性になっている描き方でも、国内外合わせて十分にcuntboyの範囲に含むため、少なくともcuntboyを男ふたなりのようなものだと誤解してしまう事に比べれば全然大した問題ではないと思われる。

何よりも女性器が存在することが重要であるため、ただ去勢しただけの男性や男性器が存在しないだけの男性という意味ではない。
(※去勢した後の男性に女性器が造られている場合はカントボーイと言える。)

同じく海外発祥の言葉で「男性だと思われていたが実は女性だったキャラ」を示す「リバーストラップ」という言葉があり、
稀にカントボーイはこのリバーストラップの一種もしくは近いものとして扱われることがあるが、
リバーストラップは肉体面が完全に女性であるため、乳房があるなど明らかに女性らしい体つきをしているリバーストラップがカントボーイ扱いされることは無い。

発祥元の海外においては、ここでの概要のような意味を持っているのは主に二次元のみで、
三次元においても前述したようにオナベの人達に対して同じ言葉が同じ意味で使われている場合があるが、
受け側の男性のことを示す意味のゲイ用語として使われていることもあるため、使われる場所によって意味は全く異なる。(pussyboyやvaginaboyについての使われ方もほぼ同じ。)

関連項目

海外発祥の特殊嗜好 特殊嗜好
男性妊娠 妊夫 性転換 腐向け
reverse_trap ついてない オナベ

近いが別物である属性

両性具有 男ふたなり ふたなり

真逆の存在

シーメール Dickgirl

pixivに投稿された作品 pixivで「cuntboy」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1961791

コメント