ピクシブ百科事典

バビロン(小説)

ばびろんしょうせつ

『バビロン(小説)』は野﨑まどによる小説シリーズ。
目次[非表示]

概要

『バビロン』は野﨑まどによる小説シリーズ。講談社より発売された。瀧下信英による漫画版が『コミックDAYS』にて連載中。

2019年10月よりテレビアニメが放送。第7話の放送後、休止期間に入った。
(※休止に関しては、制作スケジュールよりは後述関連タグ同様に倫理規定等が問題になったと思われる)

2019年12月も年末に差し掛かる頃、TOKYOMXほかで8話が放送。2020年1月から再開される9話以降は放送時間帯の変更等が行われるとの事。
(TOKYOMXを例にすると、第7話までは月曜午後10時~だったが、第9話以降は火曜午前1時35分~に変更された)

ストーリー

東京地検特捜部検事・正崎善は、製薬会社の不正事件を追ううちに、一枚の奇妙な書面を発見する。
そこに残されていたのは、毛や皮膚のまじった異様な血痕と、 紙一面を埋め尽くすアルファベットの『F』の文字。
捜査線上に浮かんだ参考人のもとを訪ねる正崎だが、そこには信じがたい光景が広がっていた。

時を同じくして、東京都西部には『新域』と呼ばれる新たな独立自治体が誕生しようとしていた。
正崎が事件の謎を追い求めるうちに、次第に巨大な陰謀が見え始め――?


登場人物

正崎 善(せいざき ぜん)

声 - 中村悠一
東京地検特捜部の検事。長年の捜査経験から確かな洞察力と判断力を持つ。正義感が人一倍強く、周りからの信頼は厚い。妻の人美、息子の明日馬と3人暮らし。

九字院 偲(くじいん しのぶ)

声 - 櫻井孝宏
多摩東中央警察署の警部補。飄々とした刑事で仕事はかなりの切れ者。組織の垣根を越えて正崎に協力し捜査に当たる。

文緒 厚彦(ふみお あつひこ)

声 - 小野賢章
東京地検特捜部の検察事務官。軽口をたたくこともあるが根は真面目。上司の正崎を慕い、検事になることを夢に日々努力している。

瀬黒 陽麻(せくろ ひあさ)

声 - M・A・O
東京地検特捜部の検察事務官。あまり感情を表に出さないクールな性格。法務事務次官の伯父を持つ。

関連タグ

バビロン 大淫婦バビロン ファム・ファタール

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO:倫理規定審査等でリメイク版が延期と言う状況になっている(リメイク版は無事に発売された)。もしかすると、類似事例に含まれる可能性も否定できない。

関連記事

親記事

野﨑まど のざきまど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バビロン(小説)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61208

コメント