ピクシブ百科事典

終末のハーレム

しゅうまつのはーれむ

原作:LINK、漫画:宵野コタローの漫画。ウェブサイト『少年ジャンプ+』(集英社)で連載中。
目次[非表示]

概要

近未来を舞台に、ほとんど女性しか居なくなった世界でコールドスリープから目覚めた青年が、人類存続のために女性たちから子作りを迫られて困惑しながらも、その原因となったウイルスの謎に挑んでいくSFエロティック・サスペンス。
その性質上、「表現が過激な衝撃の問題作」としてアプリでの配信が中止になったことでも有名。

あらすじ

西暦2040年、医大生の水原怜人は難病にかかり、治療のためにコールドスリープ装置に入って眠りについた。
ところが5年後の2045年に目覚めた怜人は、MKウイルスという男性だけが感染する謎のウイルスによって、地球上の99.9%の男性が死滅し、女性だけの世界になったという衝撃的な話を聞かされる。
さらにいまや自分が『貴重な資源』であり、このままでは滅亡するであろう人類を繁殖させるために、不特定多数の女性とメイティング(子作り)をするよう懇願されて戸惑う。
何とかMKウイルスの特効薬を開発し、人類を復興させようとする怜人だったが、実はこの災厄は人為的にもたらされたものであり、その裏では巨大な陰謀が蠢いていた……

登場人物

ナンバーズと管理官

MKウイルス発生後、世界では100万~500万の男性がコールドスリープに入って一応生存してはいるが、MKウイルスが活動する現存環境では、外に出ればすぐ死に至ってしまうため、この環境下で活動できる男性は、適応できる体質を持った怜人を含めわずか5人のみ。その5人は「ナンバーズ」と呼ばれ、彼らの動きに人類の命運は委ねられている。

  • 【ナンバー2】水原怜人(みずはら れいと)
一応主人公。中性的な容姿の青年で、心優しい性格。
2番目にコールドスリープから目覚めたため、通称【ナンバー2】と呼ばれている。
名前に終末(週末)をかけた水曜日が入っている。
医大生だったが、細胞硬化症という病気の治療のためにコールドスリープし、目覚めた後の世界の状況に驚愕する。数々の誘惑もはねのけ、MKウイルスの特効薬を開発し、人類を救おうと奔走するが、所詮は医学生でしかない為、全く状況は変わらずUW日本支部がUW世界支部管理になった事をきっかけにアメリカに監禁される前に海外逃亡した。
物語開始以前より恋人・絵理沙がいるため、彼女以外と肉体関係を持つことを拒む。そのため他の男性キャラと違いメイティングには消極的なため、物語の見せ場でもあるサービスシーンを悉く潰してしまうある意味罪深い男。逆に言えば彼の出番が来ると話の年齢規制がグッと下がるため、健全な少年誌のお色気レベルをギリギリのラインで保ちバランスをとる、ある意味で作品の救世主
長らく巻き込まれるだけの出番しかなかったが、最近では騒動の中でも彼独自の人脈や知識をコツコツと積み上げていく。その結果、自身を被検体として用いることで、命懸けでMKウイルスの特効薬を開発することに成功する。ここにきてようやく主人公の本領発揮といったところか。


水原怜人のメインヒロイン。怜人の専属担当官。彼の恋人・絵理沙に瓜二つなナイスバディの美女。専属担当官を外された後はメイティング候補してそばにおいた。
ハーレム系ヒロインの常ではあるが、主人公より人気がある。

  • 【ナンバー1】火野恭司(ひの きょうじ)
最初にコールドスリープから目覚めた青年。通称【ナンバー1】。
名前に終末(週末)をかけた火曜日が入っている。
陽気で欲望に正直な性格であり、UW日本支部管理時代はどんな女性でも思いのままにできる今の状況を十二分に楽しんだ。一般人なりにメイティングに励んでいたが、UW日本支部がUW世界支部管理になった事でメイティング禁止を伝えられたが、本人も現状で満足していた為、それを承諾した。
水原怜人とはメイティング候補から子供が生まれて父親になる事を喜んで語ったり、UW世界支部に軟禁された事をこっそり通信で愚痴るように仲がいいが、水原妹には彼にメイティング候補に選ばれた事をきっかけに嫌われてしまった。
男性の中ではメイティングに積極的で、現在複数の女性との間に新しい命が芽生えている。やや軽いところはあるが彼なりに女性たちのことは大切に思っており、父親となることの責任感も芽生え始めている。そして怜人に対しても友好関係は続いており、組織から追われる彼に情報を流したりもする。

  • 石動寧々子(いするぎ ねねこ)
恭司の専属担当官。火野の要望で水原と連絡がとれるように行動した。

  • 【ナンバー3】土井翔太(どい しょうた)
3番目にコールドスリープから目覚めた高校生の少年。通称【ナンバー3】。
名前に終末(週末)をかけた土曜日が入っている。
コールドスリープ前はいじめられっ子で、一転した世界の様相に戸惑う。UW日本支部管理時代は思いを寄せていた担任の柚希と結ばれるも、神谷花蓮によって引き離された後は、他の女生徒達との肉欲に溺れてゆくが、学校生活をきっかけに成長し、神谷花蓮の野望に協力する事になった。
成長促進器技術によって5年後の姿を30年保てるように成長した姿で水原怜人と対話しておりそれなりに好印象をもった模様。UW世界支部相手に神谷花蓮と共にUW日本支部のポジションを獲得しつつ、条件付きでメイティングも許可された。男性が生まれるとUW世界支部に消されてしまう為、メイティング対象が女性しか生まないように対処した。
精神的な成長も見せる彼だが、やはり中身は一応高校生のままなので、時折不穏な雰囲気を出すことがある。読者の中でも評価が分かれやすい人物。

  • 神谷花蓮(かみや かれん)

センシティブな作品


翔太の専属担当官。常に明るく、翔太にメイティングを推奨するが、その笑顔の裏には壮大な野望を秘めていた。翔太にメイティング候補に指名された時は少し驚いたり、翔太がテロに遭った時は心の底から心配していた為、現時点ではまだ完全な腹黒い人間というわけでもないようだ。

  • 【ナンバー4】木根渕善(きねぶち ぜん)
宗教テロ組織によって4番目にコールドスリープから目覚めた製薬会社の会社員。
名前に終末(週末)をかけた木曜日が入っている。
それなりに幸せな人生を送り、妊娠したミキと結婚しコールドスリープしたが、宗教テロ組織に誘拐され、焼印を額につけれられて聖奴隷にされ、ババア相手のメイティングを強行させられ、洞窟の独房に監禁されたとても不幸な人。
現在も拘留された状態は続き、作中では最も不憫な扱いを受けている。

  • 木根渕善の世話役エリサ
宗教テロ組織イザナミの一員で木根渕善の世話役。目覚めた後の世界の状況を善に入れ知恵した上で「本当にごめんなさい・・・私にはどうする事も出来ない」と謝罪している。

  • 【ナンバー5】
???

  • ナンバー1怜人の関係者
橘絵理沙(たちばな えりさ)
怜人の恋人。3年前に失踪しており、記録映像で怜人に、MKウイルスは人が作り出したものだと告げた。台湾にて怜人と再会した。現在はとある組織で独自に動いてはいるが、怜人への想いは変わらず、彼とは両思いである。

  • 水原まひる(みずはら まひる)
怜人の妹。甘えん坊で重度のブラコン。世界の情勢に関わらずメイティングに対して嫌悪感をいだいている為、火野のメイティング候補たちには近親相姦を疑われていた。
結果的にナンバー2の兄にメイティングをさせないだけでなく、ナンバー1にトラウマを植え付け不能にしてしまった。「初対面の男と子作り」なんて言われたら当然である。

水原龍(みずはら りゅう)
怜人の兄。親代わりに怜人とまひるを育てた。コールドスリープで眠りについている。

龍造寺朱音(りゅうぞうじ あかね)

センシティブな作品


美来が推薦した怜人専属の看護師。グラマラスなボディーので酒好きな女性。怜人をよくからかう。

山田翠(やまだ すい)


美来が推薦した怜人のボディーガード。怜人に早々に懐いた純粋無垢な少女。子供っぽいうえに小柄だが身体能力は高い。苗字は怜人に尋ねられて「山田?」と疑問符がついているため、本名かどうかは不明。熊を倒した事以外に特に目立った行動はない。

片桐麗亜(かたぎり れあ)
解任された美来に代わる、怜人の専属担当官。怜人が子作りしなかったことで解任された美来の件を恨んで怜人を蔑むカタブツだが、自分にはやや甘い。実は美来のことが好きな同性愛者

黒田マリア(くろだ まりあ)
解任された美来に代わる、怜人のもう1人の専属担当官。ウイルスに詳しい研究者で、日頃はどもりがちの内向的な性格だが、研究関連の話になると饒舌で大胆な性格に豹変する。
恥ずかしがり屋かつ純情で、怜人には好印象を抱いている。

慶門市立西高等学校

5年前、翔太が通っていた高校。花蓮の手回しにより、今は翔太専用のハーレム兼実験場となった。

羽生柚希(はにゅう ゆずき)
翔太の担任。翔太の初体験の相手となり逢瀬を重ねていたが、UWによって転任させられる。

柊春歌(ひいらぎ しゅんか)
声優やアニメが大好き。中学の頃は翔太同様のいじめられっ子だった。
名前に季節をかけた春の名がついている。

一条奈都(いちじょう なつ)

一条 奈都 :3


名家のお嬢様。一人では着替えもできない。
名前に季節をかけた夏の名がついている。

東堂晶(とうどう あきら)

センシティブな作品


バレー部のエース。長身で爆乳。一見クールそうだが、中身は純情。
名前に季節をかけた秋の名がついている。

黒田・レイン・ちふゆ(くろだ れいん ちふゆ)
飛び級で編入した天才少女。プライドは高いが運動音痴。黒田マリアの妹。
名前に季節をかけた冬の名がついている。

柳律香(やなぎ りっか)
見かけは派手な黒ギャルだが、意外にウブで一途なタイプ。

他組織

UW日本支部

私利私欲にまみれた部分もあるが、UW世界支部の男性処分の方針には反対していた為、皮肉にも支配構想としては一番マシな組織だった。
鬼原(きはら)
国務長官外交担当。UW日本支部を支配していた五人の中では一番まともな人物であった為、逮捕後も出番がある。
技術長官
ナンバー2に強制メイティングしようとしたUW日本支部の問題児。メイティングを拒否する怜人をインポと呼び捨てた。ナンバー2達を口封じしようとした為、UW世界本部によって射殺される。
首藤(しゅとう)
総務長官広報その他を担当。正体はUW世界本部のスパイで鬼原と他2名を逮捕した。

UW世界支部

男性の子供が生まれた時に処分してしまう為、UW日本支部よりも悪質な組織。
男性の滅亡を目指している。
クロエ・マンスフィールド
UW世界本部の使者にしてUW平和維持活動局局長。UW日本支部を支配する白人女性。
男性嫌いだが、メイティング拒否したナンバー2の事は評価している。
名前に終末(週末)をかけた月曜日(Monday)が入っている。

イザナミ

宗教テロ組織で破壊活動を行いナンバー4を誘拐した。UW日本支部の技術長官のような人物が標準で大量にいる。ハーレム環境はUW日本支部やUW世界支部が天国と表現するならイザナミが地獄であると言い切れるほど劣悪である。
出芽(いずめ)
元善の製薬会社の課長かつイザナミのテロ組織の幹部。結婚している善相手に集団メイティングを強行したおばさん。ちなみにおばさんの集団シーンはカットされた。

関連タグ

少年ジャンプ+ ハーレム

関連記事

親記事

少年ジャンプ+ しょうねんじゃんぷぷらす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「終末のハーレム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 164836

コメント