ピクシブ百科事典

ギャラクシーエンジェル

ぎゃらくしーえんじぇる

ブロッコリーのキャラクターメディアミックス企画「Project G.A.」による一連の作品群。
目次[非表示]

概要

「Project G.A」とは、メディアミックス企画"ギャラクシーエンジェル"の漫画・アニメ・ゲームへの展開と、それに伴うキャラクター商品展開の計画。元々はゲームのみの企画であった。

プロジェクト開始当時のブロッコリー社長の木谷氏がスペースオペラの作品をやりたくて企画を立案(原案)し、水野良を招いて世界観やストーリーなどの基礎原案を監修してもらい構築した作品である。

ストーリー

かつて、突如襲った時空震により、人類は宇宙への進出手段を失った。
その200年後。惑星トランスバールの衛星軌道上に現れた「白き月」は、この惑星に住む人類に「恩恵(ギフト)」を授け、再び宇宙に向かう道を与えた。
以後400年にわたり、トランスバールはその版図を広げ、128の惑星を治める「トランスバール皇国」へと発展していった。

トランスバール歴412年。突如現れた大艦隊は瞬く間に首都惑星トランスバールを陥し、皇王ジェラールら皇族を弑逆した。艦隊を率いていたのは、その5年前、ジェラールによって皇国から放逐されていた皇子エオニアだった。
そんな中、辺境駐留艦隊にあってクーデターの報を知った青年将校タクト・マイヤーズの前に、5機の戦闘機が出現した。「ムーンエンジェル隊」と名乗る彼女らは、白き月に滞在していたためエオニアの粛清を逃れた皇子シヴァを守るようにとの、かつての恩師のメッセージを、タクトの許に携えてきたのだった。

登場キャラクター

※☆は原作、★はアニメに登場。


TVアニメ

「Project G.A.」第1弾のアニメ版は2001年から2004年まで4度(無印、Z、A、AA、X)に渡ってシリーズ放送された。1期、3期以外の2シリーズはぶっちゃけると、つなぎ番組。
ゲームのシナリオができていなかったため、シリーズ構成の井上敏樹の独断により、別作品レベルではっちゃけた内容へと改変された。よってアニメとゲームではキャラが誇張抜きでまったく異なるうえ、アニメオリジナルキャラも多数登場する。しかしこのアニメ版、これだけ好き勝手やっておきながら、シュールかつダイナミックなギャグから大好評を博した。

第2弾『ギャラクシーエンジェルⅡ』のアニメ版については、『ギャラクシーエンジェる~ん』の題名で2006年に放送。先のアニメ版のノリは踏襲しているものの、スタッフが総交代した事もあり、かなりマイルドな作風である。

2021年、令和となりでじこ再始動という中でギャラクシーエンジェルは……という声もあったのだが、7月にはJCOMの『アニおび』枠で放送される事になった。放送時間の関係上、第1期は2話一括放送となる模様。アニおびではテレビ未放送だった第26話に関しても放送された。

同枠にはカブトボーグという、こちらもカオス度合では負けない作品がある為、どうなるかが心配な所だが……。

主題歌(無印)

  • オープニングテーマ

「ギャラクシー★Bang!Bang!」
作詞 - 田辺智沙 / 作曲・編曲 - 和泉一弥 / 歌 - エンジェル隊

  • エンディングテーマ
「ホロスコープ・ラプソディ」
作詞 - 田辺智沙 / 作曲・編曲 - 七瀬光 / 歌 - エンジェル隊

各話リスト(無印)

話数サブタイトル
第1話リゾート風幸運包みエンジェル仕立て
第2話ギャンブルポワレ ミルフィーユソース
第3話アステロイドの拾い物炒めヴァニラ風味
第4話産地直送エンジェルの盛り合わせ
第5話廃校のテリーヌ思い出仕込み海賊風
第6話フォルテの遺跡煮込みトラブル漬け
第7話遊園地名物にわとりコンポートミント添え
第8話天然ミルフィーユの査察あんかけ
第9話ロストテクノロジーのローストビーフ
第10話恋の小籠包ルージュ風味
第11話包帯巻き銃弾散らし寿司
第12話ベースボールとネグリジェのグラッセ
第13話大誘拐満漢全席
第14話Downtown Soulfood ODEN
第15話落としモノぽとふ
第16話グリル・ド・箱入りムスメ
第17話エンジェル缶詰めほうとう付き
第18話サルのサルベージコンボ
第19話エンジェルキッス・ガトー・デ・ミルフィーユ
第20話特盛サバイバル定食
第21話デコピザ(TV未放送)
第22話看板娘特製秘密の包み焼き
第23話闇鍋お笑いペッパー
第24話激盛ミサイル丼もっこり涙味
第25話堕天使の暗黒宇宙茶漬け
第26話スキヤキ弁当五人前(TV未放送)


舞台版(ミュージカル)

2005年3月16日~22日、紀伊國屋サザンシアター(東京都新宿区)で上演された。出演者はゲーム・アニメ版の声優とは異なる(烏丸ちとせ役は同キャラクターの声優である後藤沙緒里が担当する予定だったが、急病で参加できなくなったため、中山恵里奈が担当することになった)。
2005年12月7日~11日に銀座博品館劇場にて「ギャラクシーエンジェル Re-MIX」として再公演が行われた。

キャスト

ミルフィーユ・桜葉:富田麻帆
蘭花・フランボワーズ:小出由華
ミント・ブラマンシュ:川口真理恵(現:小野まりえ)
フォルテ・シュトーレン:白川りさ
ヴァニラ・H:明坂聡美
烏丸ちとせ:中山恵里奈

余談

アニメ第2期と第3期は小学館が発行している幼児向け雑誌の「幼稚園」に連載されていた時期があった。
今だとかなり信じられない話だろうが、これに関しては前番組のアニメ版コメットさん打ち切りになった事により本雑誌に掲載されている女児向け作品が減少した為、急遽女児向けとして連載されたという理由である。
ノリもミルフィーユがランプの魔人に願いを叶えてもらったり、サンタクロースを泥棒と勘違いしたりと如何にも女児向けといった展開が多かった。

関連タグ

要素・属性SF スペースオペラ 宇宙戦闘機 ギャルゲー
エンジェル隊タクト・マイヤーズ ミルフィーユ・桜葉 ミント・ブラマンシュ フォルテ・シュトーレン ヴァニラ・H 烏丸ちとせ
アニメギャグ ウォルコット・O・ヒューイ ノーマッド 投げっぱなし
その他ギャラクシーエンジェルⅡ ブロッコリー(企業) スーパーロボット大戦X-Ω

関連記事

親記事

ブロッコリー(企業) ぶろっこりー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ギャラクシーエンジェル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ギャラクシーエンジェル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10034855

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました