ピクシブ百科事典

コシノ

こしの

日本の名字。「越野」・「小篠」など。本項では「小篠」姓のファッションデザイナーの一家について取り上げる。
目次[非表示]

概要

コシノヒロココシノジュンココシノミチコ大阪府岸和田市出身の三姉妹である。現代の日本のメディアにおいては、カタカナで「コシノ」といった場合、多くの場合この三姉妹のうちの誰か、または三姉妹全体を指す。→コシノ三姉妹

3人の母親は岸和田市で仕立て屋「コシノ洋装店」を経営していた小篠綾子で、かつて紳士服店で修行していた際に女性ダンサーの衣装制作のため独自に立体裁断を行うなど、卓越した技能とセンスの持ち主であった。
この綾子が紳士服のテーラーであった川崎武一(太平洋戦争で戦死)との間にもうけたのがのちの「コシノ三姉妹」である。
三姉妹はいずれも世界的なファッションデザイナーとして40年以上にわたって活躍しており、母親の綾子も74歳にしてブランドを設立、92歳で亡くなるまで精力的に活動するなど、「コシノ」一家の名はファッション業界以外にも知られる存在である。


姉妹の経歴など


コシノヒロコ
ヒロコ(弘子)はもともと画家志望であったが母親に反対され、進路に迷っていたところ中原淳一のデザイン画に感銘を受け、デザイナーとしてファッションに関わるようになる。
文化服装学院卒業後、デザイナーとして活動。「HIROKO KOSHINO」などのブランドを持つ。
娘が2人おり、長女の由佳は「株式会社ヒロココシノ」の代表取締役社長、次女のゆま(由実)はミチコロンドンなどでアシスタントを経て、ファッションデザイナーとして活動している。

コシノジュンコ
ジュンコ(順子)も姉のヒロコ同様文化服装学院に入学し、在学中に最年少(19歳)で雑誌『装苑』の「装苑賞」を受賞するなど優秀な人物であった。
卒業後はデザイナーとして活動。「JUNKO KOSHINO」などのブランドを持つ。
タレント活動も行っており、おかっぱ頭に鋭いアイラインのスタイルで知られている。また、ブルゾンちえみはコシノのスタイルに影響を受けており、2017年にはdocomoのCMで親子役で共演したこともあった。
BiSの終身名誉メンバーでもある。

コシノミチコ
ミチコ(美智子)は姉たちと異なり、神戸松蔭女子学院大学短期大学で服飾について学ぶ。学生時代は全国大会で優勝した経験を持つほどのテニスプレイヤーであったが、姉たちの活躍に触発されデザイナーの道を志す。
ロンドンを拠点に活動し、「MICHIKO LONDON KOSHINO」などのブランドを持つ。
モード系で知られる姉たちに対し、ストリートやクラブカルチャーに影響を受けたアクティブなスタイルを得意としている。

関連タグ

カーネーション…母、小篠綾子をモデルとした「小原糸子」が主人公の連続テレビ小説。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コシノ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 184

コメント