ピクシブ百科事典

ミナミの帝王

まんだはんかんにんしとくんなはれ

漫画から始まってVシネマ、OVA、劇場映画にまでなった作品や!
目次[非表示]

概要

ミナミの帝王とは週刊漫画ゴラク日本文芸社刊)に連載されている漫画や。原作は天王寺大、作画は郷力也

舎弟の坂上竜一とともに萬田金融を開いているトイチの金貸し萬田銀次郎を主人公とする大阪ミナミを舞台とする物語。

他の舎弟に杉本達也(登場頻度は少ない)、黒崎千里(女性の弟子だが後に達也と恋仲になり破門)がいる。

物語は1話~数話で完結している話もあれば、単行本換算で1冊以上を上回り20話以上におよぶ話もある。
萬田や坂上以外は毎回、登場人物が異なっている。

1992年から連載がスタートし、2009年8月には、ついには100巻を達成した。
これは日本文芸社発行のコミックとしては初といわれる。

主役以下、ほとんどの登場人物がかなり誇張された大阪弁を用いるのが特徴や。

ストーリーとしては、基本的には通常の借金の取り立て(債権者)と借金を抱える者(債務者)における「金」のやり取りを描いたものであるが、他にも現実の日本おいて実際にあった事件や、痴漢冤罪バブル崩壊、商工ローン、派遣切り、闇金融、貸し渋りといった、金・法律・社会問題を題材にしたものもある。

また、別冊漫画ゴラクでは、萬田がミナミで金貸しをやる前の若かりし頃を描いた「大阪ミナミ銭地獄伝説・ミナミの帝王 ヤング編」が連載され、コミックス9巻分をもって完結している。

登場人物

ツイッターでの(以下略)


萬田銀次郎
利息はトイチでっせ!
物語の主人公である、"自称”「裏金屋」(萬田いわく、闇金とは違うらしい)で、手段を選ばない取り立てを行うことから、ミナミの鬼、ミナミの帝王とも呼ばれ恐れられている。
そのため、ヤクザでも彼の借金を踏み倒した者はほとんどいないといわれる。ちなみにこの作品の名台詞とも言える利率「トイチ(10日で1割の違法な金利)」は彼なりにはじき出した理論「生かさず、殺さず」に基づいた数値であり、過去にこれの何倍もの暴利を取っていた同業者に「甘い」といわれたことがある。


坂上竜一
遠慮のお貰いまっせえええッ!!
元はタダのチンピラであったが、金の力を知り萬田の舎弟(萬田は世間体を考えているからか社員と言えと言ってる)となった男。一人前の金貸しとなるため萬田の元で修行に励んでいる。

ミナミに咲いたゼニの花一輪


黒崎千里
例えどんな汚い手を使っても、二千万きっちりきりとらせてもらいまっせッ!
ミナミの帝王第14巻「ゼニの花」に登場したゲストキャラクター。
元々彼女も銀次郎と同じく金貸しを営んでいたが、暴力団のバックなどおかまいなしに取立てをしていてそれを逆恨みした客が暴力団を使って強姦された過去を持っている。
その後、とっさの機転で萬田銀次郎に弟子入りをして、結婚式の会場まで取り立てにいくなどまさに女版ミナミの鬼ともいえる行動を見せる。
その実績により、銀次郎からかなり気に入られ将来を有望されたが、社内恋愛を禁止している萬田事務所で萬田の舎弟杉本達也と社内恋愛をしたのが銀次郎にバレて、激怒した萬田に使えないほうをクビにするといわれる。使えないほうは杉本達也だと銀次郎から宣告されるが、彼女は達也を助けるため自分をクビにしてくれと頼んでミナミの街を自ら去っていった。そうした理由として彼女は杉本と恋愛関係になった後彼から自分も上司である萬田から借金をしている事を聞かされた為だと思う。もし杉本がクビになれば萬田から再び地獄のような取り立てが待っていたと予想される。

萬田銀次郎の取り立て方

萬田はん


萬田銀次郎は銀行などのブラックリストに載っている人間でも金を貸してはその利息で利益を得ている(銀次郎いわく、担保は人間)。よって、ほとんどの客が萬田に借金するしか方法のなくなった人間であり、すぐに金を返せなくなっている(大概は、督促を無視するか、利息だけ払い続ける。最悪のケースは高飛び)。
そして金を返せなくなった客は最後男なら上のイラストの様に臓器を売ることを強要された後、タコ部屋に叩き売られ、女なら風俗で強制的に働かされるという末路をたどっている。しかし、自身の過去が要因なのか、筋の通っている者には状況打破のためのアドバイスや、銀次郎自身が交渉に赴くことも多い。ここから、「仏」とよぶ者も少なくない。

萬田銀次郎に挑んだ者達

萬田はんと浜中さん
ミナミの帝王


ミナミの帝王
ミナミの班長


借金を踏み倒した者がいないといわれる萬田銀次郎。そんな彼の借金を合法的に踏み倒し伝説になろうとした男達もいたが、萬田はプロの弁護士並に法律に関する知識(特に金に関する法律)をも武器にしており、その知識を持って合法的に借金を踏み倒そうとした男の主張を退けその男にいれ知恵をした医師に対して取り立てを行った。
中には別人の戸籍と偽の死亡診断書を使って踏み倒しを行おうとした詐欺師もいたが、結局は萬田にばれて萬田を騙した同じ手口で金を借り借金を返済している。なお、銀次郎が法律をはじめとしたあらゆる知識を身につけている理由は、ヤング篇で語られている。
中には10円だけ借りて北海道の実家に帰省した顧客もいる。目的は銀次郎が取り立てられなかった唯一の存在となるためであり、借金の取り立てによるコストが明らかに採算が取れずに諦めるだろうと見越していたが、銀次郎は北海道まで取り立てながらも交通費等は一切取らなかった。しかし、このケースは幾つかのエピソードにて萬田自身が顧客に語る一つの伝説であり、逃げられないと言う宣伝効果にもなっているため、別の意味で採算を取れている例ともいえる。
そして右の2番目のイラストの男は若竹という男で、ある工場を経営しロケットのアンテナを開発するという滅多にいない優れた技術を持つ男であるが、実はこの男のもう一つの顔は大阪の金融屋からは「ナニワの借金王」と呼ばれており、これまでに多くの金融屋からの借金を全て踏み倒しその金を自身の娯楽費に当てていた(「既にブラックリストにその名前が載っていると思われ、萬田銀次郎も坂上竜一もその事を知っていた。故に坂上竜一は若竹に金を貸すことに反対していた)。
ある闇金の男に萬田から金を借りて踏み倒してみろといわれ、自分が初めて萬田が取りはぐれた男になろうとしたが、なんと萬田は追い込みを掛けずにいきなり腎臓を取ろうとしたためこれに驚いた若竹は助かりたい一心でもう一度チャンスをくれるよう萬田に乞願し、その後改心したかのように真面目に働き出し借金を利息を含めて全額返済している。

関連タグ

竹内力 難波圭一 千原ジュニア:萬田役を演じた人物。特に竹内力に至っては、自身の代名詞とも言えるほど有名といえる。
ナニワ金融道:この作品の作者が「似すぎだ」として訴訟。この経緯からか、劇中で銀次郎そっくりのキャラクターを登場させ、主人公に叩かせるなどしている。
闇金ウシジマくん:インスパイア先?

pixivに投稿された作品 pixivで「ミナミの帝王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39882

コメント