ピクシブ百科事典

内山田ひろし

うちやまだひろし

漫画「GTO」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV:長島雄一
演:中尾彬(1998年版)
演:田山涼成(2012年版)

プロフィール

1946年生まれ。51歳(ただし、無印単行本5巻時点)。血液型はA型。栃木県鹿沼市出身。東京教育大学(現在の筑波大学)卒。

概要

鬼塚英吉が勤務する東京吉祥学苑の教頭先生の一人。
幼少期から真面目一徹であったため、元ヤンキーで奔放な言動を取る鬼塚を敵視しており、ことあるごとに説教を食らわす彼の天敵。反面、内山田自身も鬼塚に振り回されがちであり、互いに苦手意識を持っている節がある。

かつては一介の教育者として理想に燃えており、母親が危篤の際も授業を優先したため死に目に会えなかったり、問題を起こした生徒を庇うために東奔西走するなど、教育に命を捧げる熱血教師であった。
しかし、人生の悲哀を背負ううちに、いつしか理想も摩耗し、現在は上にへつらい下に威張り散らし、通勤電車内の痴漢行為を日々の癒しとする情けない中年に成り下がっている(一度警察に逮捕されそうになったが、途中で不良の喧嘩に目を奪われた警官の隙を突いて逃走したが、鬼塚に逮捕の現場を見られたことや自身の鞄が鬼塚により警官から奪い返し渡されたことによって、立場的に危うくなり、自身が進めていた鬼塚の進退会議を中止した)。
それでも完全に理想を失ったわけではないようで、作中彼の言葉に救われた生徒が出てきたり、愛車を犠牲に生徒の命を救うなど、教育者の矜持を見せることもある。
鬼塚と交流するうちに、少しずつかつての熱意を取り戻し、時に鬼塚と一緒に飲みに行く程度の付き合いを持つようになる。

名前の元ネタは恐らく歌手の内山田弘だと思われる。

人物

幼いころは「神童」と呼ばれ、50を過ぎた今でも運動能力や思考速度は健在。

団塊の世代育ちに加え、上記の熱血教師であったがゆえに生真面目で口うるさく神経質。その影響で重度のストレスを抱え込んでおり、鬼塚が不真面目な行動を起こすと持病の一つである尿路結石に響き、血尿をよく放出する。なお、鬼塚の進退会議を開くことになった際にはそのうれしさから尿路結石を出すことに成功している(しかし、上記の件により再び血尿は戻ってしまった)。

愛車はクレスタで、鬼塚などによって大破されてすでに保険がきかなくなっている。作中やファンの間でも定番のネタにされている。

家族構成は妻と娘、飼い犬の3人と1匹の家族だが、内山田は家庭での居場所がほとんどなく、妻や娘からは飼い犬以下の扱いを受け煙たがれている上、妻と娘は内山田には冷たい態度なのに対し、鬼塚のことを気に入り、優しく振る舞っている(後述参照)。

家族

内山田良子(うちやまだ りょうこ)
内山田の妻。夫のことは完全に邪険に扱っており、肉体関係も既に5年以上ない。しかし自身は十数年間もの間、近所の肉屋・肉の星野(にくのほしの)と不倫関係を持ち、肉の星野との間には既に好子そっくりの娘がおり、名前も同じで、好子と同じ学校に転校してきた。
夫に対しては至って冷たいが、鬼塚のことはいたく気に入っており、優しく振る舞っている。

内山田好子(うちやまだ よしこ)
内山田の一人娘。母同様、父に対する態度は冷たく、父の入浴後には必ずお湯を取り替えたり、洗濯物を別に洗うなど、父と距離を置いている。ただし、父の誕生日にネクタイをプレゼントする優しさを見せることがあり、完全に嫌っている訳ではない様子。
鬼塚に一目惚れしており、母と共に鬼塚に対して優しく振る舞うが、それが内山田の鬼塚に対する警戒心を強める要因となった。

えいきち
内山田家の愛犬。目付きが悪く、前髪と名前が鬼塚とそっくりである(えいきちの名付け親は好子であり、内山田本人はディカプリオと名付けたつもりだったが、それには反応しなかったらしい)。良子や好子になつくのに対して内山田には噛みつき、威嚇してくる。また、鬼塚とも仲良くなっている。

関連タグ

GTO 教頭先生 顔芸

pixivに投稿された作品 pixivで「内山田ひろし」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28334

コメント