ピクシブ百科事典

回虫

かいちゅう

回虫とは古くからよく知られた寄生虫である。
目次[非表示]

哺乳類小腸に寄生する線虫の一種。人間に寄生するのはヒト回虫である。一般にある種に寄生している回虫は他の種には寄生できない。たまに人間に寄生して腹痛を起こすアニサキスも本来はクジラの回虫であり、腹痛を起こすのも人の胃酸に耐えきれずに胃壁から逃げ出そうとするからである。

ヒト回虫の特徴

オスの全長は15〜30cm。メスは20〜35cm。ミミズに似ているが体節はない。

ヒト回虫の(面倒くさい)ライフサイクル

  • メスは一日に10万〜25万ものを産む。卵は糞便と共に体外に排出される。
  • 肥やしなどの形で畑に撒かれた卵は野菜などに付着して次の宿主に食べられるのを待つ。
  • 食べられた卵はで孵化。そのまま小腸へ向かうが、そこで成虫になるわけではない。幼虫は一旦小腸を抜け出して肝臓へと向かう。
  • その後幼虫は肝臓から血管を通ってに入り、気管から食道を経て再び胃に戻って小腸でやっと成虫になるのである。こんな回りくどいライフサイクルそのものが回虫の名の由来である。


症状

食べ物から栄養を奪う、毒素を出すなどの害があるが、大人にはそれほど深刻な症状をもたらすことはない。子供に多数が寄生すれば大事となる。発育不良、頭痛、めまい、けいれんなどを引き起こす。また本来の寄生場所でない虫垂には入り込めば虫垂炎になるし、幼虫が脳に迷い込んだら命にも関わる可能性がある。

衛生環境が整備された現代においては宿主の数は少ないが、有機栽培の野菜を求める者も少なくないので数自体は減ってはいない。有機栽培の野菜は念入りに洗うか、よく火を通してからいただこう。

寄生虫が免疫系を適度に刺激することでアレルギー症状が抑えられると信じ、実際に回虫やサナダムシを自身にわざと寄生させている研究者も少なくないが、他の学者はこれに否定的である。

登場作品

  • 救命戦士ナノセイバー 絶滅危惧種のヒト回虫を寄生させて日本に持ち込んだ研究者から回虫を回収するエピソードがある。

関連タグ

寄生虫 線虫

関連記事

親記事

寄生虫 きせいちゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「回虫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32053

コメント