ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

月下の棋士

げっかのきし

将棋漫画の名作。漫画家・能條純一の名を満天下に知らしめた傑作である。
目次 [非表示]

概要

能條純一による日本の漫画作品。小学館発行の漫画雑誌「ビッグコミックスピリッツ」にて1993年から2001年にかけて連載された。単行本は全30巻。



帽子をかぶったまま対局を行う無頼の棋士・氷室将介を中心にプロ棋士たちの栄華・苦悩といった人間ドラマを描く。「将棋のためなら女も泣かす(かなり過激な表現だが)」と言わんばかりの硬派で泥臭い人間群像が展開される。

一般的には余り知られていないプロ将棋の組織や昇段システム、一度上り詰めても負ければあっさり立場を失う完全実力制である棋界の非常にシビアな戦いの場に身を置く棋士達の苦悩と葛藤を如実に描いており、実在の棋士をモデルとした人物やエピソードも多数盛り込まれている。


MMJの手によってテレビドラマ化された。2000年1月から3月にかけてテレビ朝日系列局(ただし一部系列局除く)にて放送された。

なお、ドラマ版の放送枠だった月曜ドラマ・インは、本作限りで廃止された。


あらすじ

日本将棋連盟会館に突如現われた、つば付き帽子でラガーシャツにデニムパンツの青年・氷室将介。「此の者、将来の名人なり」と書かれた紹介状の主は連盟と因縁浅からぬ伝説の棋士・御神三吉だった。あわただしく奨励会入りした将介は、持ち前の奔放さと将棋の腕で名人へと登りつめていく。


登場人物

主人公。

祖父(後述)の手によって鍛えられた将棋の実力は本物だが、やることなすことハチャメチャ。

かの羽生善治の、あまりにもの高すぎる実力にショックを受けた作者の能條が創り出した人物。

将介の前に大きな壁として立ちはだかる棋士で将棋の名人。

連載当時、名人であった谷川浩司がモデルと言われる。

何かにつけて将介に絡む新聞記者のおネェちゃん。

  • 村木武雄(演:仲谷昇)

将棋名人位を19度も防衛したというとてつもない元棋士。

将介の祖父とは深い因縁がある。

日本将棋連盟会長。

「受け」(将棋界の言葉で防御を指す)の名手であり、心理戦も得意としている。

ただ将介が将棋の世界に飛び込んできた頃には病気に悩まされていた。

将介の祖父の弟子にして大原の宿敵の棋士。

かなりファンキーなヘビースモーカーのオッサン。

実在し、将棋の歴史にその名を残す升田幸三がモデルと言われる。

  • 御神三吉(演:高松英郎)

将介の祖父。

将棋界の伝説と言われる人物なのだが、訳あって日本将棋連盟から追放されてしまう。そしてその無念を晴らすべく、将介に棋士の道へと導いたのだが・・・

かの坂田三吉がモデル。


関連タグ

将棋 棋士 漫画 能條純一 ビッグコミックスピリッツ

関連記事

親記事

能條純一 のうじょうじゅんいち

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62979

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました