ピクシブ百科事典

星に願いを(酔狂文庫)

もすばーがー

真っ暗なネタバレ注意。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ニコニコ動画へ投稿された、【酔狂文庫:【ショートショート】短編集01】内のショート動画『星に願いを
  2. ディズニー映画『ピノキオ』の主題歌『星に願いを
  3. GAINAX作品『この醜くも美しい世界』の物語第九話の副題。

本項では1.について記載する。






















概要

2010年06月08日にニコニコ動画へ投稿された、小雨大豆と酔狂倶楽部制作【酔狂文庫:【ショートショート】短編集01】内のショート動画『星に願いを』。

目の前が真っ暗になるネタバレ注意。

















登場人物

天体観測が趣味の女性(メイン画像右の女性)

の長ズボンを履き、緑の半袖セーターのような服を着たへそ出しスタイル。幸の薄い顔らしく、口調や言動の内容からクールな性格のようで、強いハートの持ち主。
作中では望遠鏡で星を眺めるのに興じており、小腹が空いた用にお菓子などを持参している。

ピンク髪の自称神様(メイン画像左の少女)

白い着物のような服に黄色マフラーを付けた神様(自称)。ピンク色で二つのお団子頭の美少女(自称?)。神様と言うだけあって地位が高くとんでもない力を持っているらしいが...。
ちなみに別のショート動画【酔狂文庫】内(エンディングや冒頭)にも少しだけ登場している。
その時の彼女は、あっちこっちを行ったり来たりと忙しく駆け回っている様子。





星に願いを


私の趣味は星を眺めること。

悠久の時を越え、この地に届く星々の賑やかな宴。
サソリに輝くアンタレス
それを狙うはケイローン
デネブが示す北十字銀河鉄道の橋となり…


と、天体観測に興じていた女性(以下、星好っきぃ女子。セリフでは星女と表記)による星々の解説から物語は始まる。

そして、その星々を隠すのは…
けったいな自称神様だった。

そこには望遠鏡レンズ部分に覆い被さるようにぶら下がるピンク髪の少女(以下、セリフではピ髪と表記)だった。
「はあ~。困った。困ったな~。」と何やら困っている様子の少女に対し、星好っきぃ女子は「ちょっとどいてくれませんか?」と見事にスルー!?

ピ髪「目の前に困ってる人がいるのにスルーすんの?はぁー怖いはー。牙を剥く現代っ子ってやつですかっ?」
星女「はいはい、ガオー。食べられたくなかったらどいて下さい。(棒読み)」

そんな彼女のハートが強い事に関心?し、少女は「そんな強いあなたにチャンスをあげよう。」と上から目線で何やら提案を持ちかけた。星好っきぃ女子は「あぁ、結構でーす。」と無気力な感じで断るも、彼女のドライな反応に少女は構わず話を続け、非常にひじょ~に困っていると答えた。
少女が言うには、自分は非常に"えらい"立場にいる者であるとの事。因みにここでの"えらい"というのは、大変なという意味ではなく、歴史に名を残した偉い人という意味と補足説明をし…

ピ髪「だから、そんな偉い人の私を助けられるあなたはとってもラッキーっ子!

と、自分の提案は非常に"えらい"事(大変である方の意)であると説明する。この提案に星好っきぃ女子はまたもや「あー結構でーす。」と無気力な感じでまさかの拒絶を示した!?
彼女は少女の話を聞く前に、そもそもそんな説明で助けたいと思う人はいない事と、そしてそんな説明の前にまず先にしなければならない事があると促すが…

ピ髪「えっ?…抱擁(ほうよう)?」
星女「違う。」
ピ髪「面接?」
星女「違う。」
ピ髪「名刺交換。」
星女「違う…けどちょっと惜しい。」
ピ髪「あっ!ユニフォーム交換!!
星女「そっち行っちゃたかぁ…。」

少女は彼女の問い掛けに答えが分からず…

ピ髪「お前はソクラテスっかてーの。」
星女「そういう知的なツッコミは出来るのに...。」
ピ髪「えへへ。」
星女「いや。褒めてないです。」

しびれを切らした彼女は人にものを頼む前にまず自己紹介をする事と答えた。

星女「あなたは誰なんですか?」
ピ髪「考える葦です。」

考える葦キリッとした表情で答えた。ここまで哲学ネタを引っ張る流れに星好っきぃ女子の関心は少し引っ込んだ模様。少女は咳払いをして、改めて自己紹介をやり直すが…

ピ髪「ならば幸の薄そうな顔のお主に教えてやろう。」
星女「うるさいよ…。」
ピ髪「わしはなぁ…神様じゃ。」
星女「はーい、撤収。」

クールにツッコミを入れ帰ろうとする彼女に、ピンク髪の自称神様(以下、自称神様。セリフでは自神と表記。)は「ひゃー。ごめんなさい。」と調子に乗った事を誤った。更に神様である事は本当だから仕方ないと涙目になって、やっと望遠鏡から降りて星好っきぃ女子の足に噛みついた。しかし噛みつかれた彼女曰く、自称神様は自分に泣きついて、抱きついて、しゃぶりついているとの事。彼女は自称神様をなだめながら改めて「偉大な神様が私めごときに何か御用ですか?」と話を聞くと…

自神「うん!神様な…お腹が…とってもへってる…」
星女「でも喰っとけ!」

霞を食うのは仙人では?なツッコミを入れる彼女に、自称神様は「酷い!」と怒りながら…

自神「神様だろうと、誰だろうと、お腹ペッコリーな人を助けるのが世の常なんじゃないのかよ~。」

悲観に暮れ、そのしぶとさに参ったのか星好っきぃ女子は「お腹一杯になったら帰って下さいよ…。」と自称神様を助ける事にした。やっと自分の願いを聞き入れてくれた事に「うん!うん!」と、元気にまだ足にしゃぶりついた状態で返事をした。
星好っきぃ女子は持っていた食べ物の中で…

星女「はい。ハッピーターン。」
自神「わーい!を先に舐めて、お煎餅が…って舐めとんのか!

ようやくしゃぶりつくのを止め、彼女から食べ物を恵んでもらってからの乗りツッコミする自称神様。因みに自称神様の立ち姿は奇妙な姿勢に似ている。
確かにが美味しいけど、もう少しお腹に溜まる物が欲しいと強請(ねだ)る自称神様。その要求に星好っきぃ女子は我儘な(自称)神様と呆れ、神様って乗りツッコミするんですねと関心?しつつ、今は夜空を見に来ただけでガッツリした食べ物は持ってきてないと言うが…

星女「ポッキーチロルと…ブラックサンダーと…」
自神「あ~、あれうまいな。」
星女「うまい棒と…モスバーガー…」
自神「もすばー↑がー↑~(嬉)」
星女「もすばー↓がー↓(訂正)」
自神「モスバーガー!?

他にも食べ物を持っていた彼女に、空腹で死にそうな美少女?の自称神様はモスバーガーを要求し…

自神「というか、ちょっと夜空見に来ただけなのに、ガッツリ食う気満々じゃん!」
星女「大きなお世話です。」

と、再び乗りツッコミを入れた自称神様。ここで星好っきぃ女子は神様なら超能力で何とか出来ないのか?と問い掛けるが、これを自称神様は笑いながら答え…


自神「超能力ってwww。超能力でお腹いっぱいにしてみせます人見たことある…あぁ~ごめんなさい。調子に乗りました、ごめんなさい。」


と自分を馬鹿にした態度に拳骨を食わせようとする星好っきぃ女子に涙目で再び懇願する自称神様。彼女はもう諦めた感じで「神様は大切にしないといけませんからね。」と

星女「どうぞ、どうぞ食べて下さい。」
自神「ムッ。神様の事、神様って本気で信じてないだろ。」

「・・・」

彼女は「そんな事はありません。」と、フッっと馬鹿にしたような顔で答え、「その間!その間が全てを物語ってるよ!」と自称神様は乗りツッコミした。
自分を神様と信じてくれない事に苛立ち、どうしたら本物だと分かってくれるのか問いかける自称神様。

星女「え~、そうですね。めんどくさい(ボソッ)」
自神「今何か言った!?」


ここで星好っきぃ女子は『 夜空に浮かぶ、お月様を消してくれたら信じる 』と提案を持ち掛ける。この小市民発言に、自称神様はそんな事をしたら"えらい"事(大変である方の意)になると諭す。
もし月を消したら地球の自転は安定しなくなるは、地軸もズレるは、一日がしっちゃかめっちゃかで、世界もごっちゃかおっちゃかになっちゃうと説明するが…


星女「・・・別に構いません。
自神「牙を剥く現代っ子!!


この現代っ子発言に自称神様は悲しみ、その様子を見ていた星好っきぃ女子はお月様の願い事を撤回した。事の重大さに理解を示してくれて安堵する自称神様だが…

星女「じゃあ、代わりにこの夜空の星全部消してみて下さい。
自神「現代っ子再び!?

ガビンッと再び驚く自称神様。この酷すぎる願い事に再び"えらい"事(大変である方の意)になると諭す。
この光り輝く星々の周りには沢山の衛星惑星があって、そこに住まう数々の命があって、そこに生れる光の一つ一つ家庭物語があって、離婚やらローン返済やらとスケールがデカいのか小さいのかよく分からない説明をする自称神様。
自称神様の説得に星好っきぃ女子は自分が大人げなかったと無関心な様子で答え…

自神「ムムッ。神様今侮辱されたよ。」
星女「えーうそー可哀想ー(棒読み)。」
自神「更なる侮辱!?

この態度に怒った自称神様は「 この星々ぜーんぶ消してやるからな。 」と彼女の願い事を本当に叶えようとする。この強気な姿勢に少し困惑する星好っきぃ女子は「いやぁ。別に…」と、彼女が言い終わる前に自称神様は不思議な踊りを踊り始め…

ちちんぷいぷいのぷぷいのぷーい!

虹色のピカピカした円のようなものが現れたが…

・・・

何も起こらず星好っきぃ女子は「で?」と聞き返した。自称神様が照れ顔で言うには、が地球に届くのは何万光年もかかるからと嘘っぽい説明をした。この展開に拍子抜けしたのか彼女は怒って「黙って食ってろ!」とモスバーガーを自称神様に投げつけた。
こうして彼女は、虎の子のモスチキンバーガー照り焼きを(自称)神様に献上…というか、騙し取られたのだった。
その後、自称神様は「本当に叶えて欲しいお願いはないのか?」と改めて彼女に聞くが…

星女「はぁ。じゃあもう少し幸ある顔にして欲しいっすね~。」
自神「アハハ。それはやだ。
星女「やだ!?無理じゃなくてやだ!?」

もう付き合ってられないと思ったのか、「お腹いっぱいになったんなら、とっとと帰って下さいよ。」と星好っきぃ女子は自称神様にお引き取りを願った。

自神「む~。せっかく幸薄人生に訪れた最大のチャンスを…。」
星女「幸薄くて悪かったですね。」
自神「いや、悪くないよ。悪いのは、 前・世・の・行・い・


てへぺろ(・ω<)で答える自称神様に怒った星好っきぃ女子は「帰れ!」と一喝した。そう言うと自称神様はびっくりした顔をして、ポンッと音を立てて姿を消した。

まっ、まさか本物だったとは…。

神様が消えた場所を見て、星好っきぃ女子は人生最大のチャンスを棒に振った事に、目を閉じて空を仰ぎながら後悔した。

そして、更にそれよりももっと大きな後悔に苛まれる事となった。

と、両目を両手で覆って首を項垂れる星好っきぃ女子。
先程まで周囲が真っ白な背景だったのが真っ暗に変わったという事


関連動画



関連タグ

やっちまった!
どうしようもないや
デデーン



















因みにその後のエンディングではお月様星々が輝く背景となっている。
次に投稿されたショート動画集の【酔狂文庫】では、この夜空の片隅にピンク髪の神様がいるエンディングにもなっている。
もしかしたら大きな後悔に苛まれた星好っきぃ女子が、心から思った本当の願いを神様が聞き入れてくれたのかもしれない。

pixivに投稿された作品 pixivで「星に願いを(酔狂文庫)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 128

コメント