ピクシブ百科事典

ホメホメモロン

さびしがりやのさいきょうせいぶつ

小雨大豆と酔狂倶楽部が生み出した気弱の最強生物。
目次[非表示]

概要

小雨大豆と酔狂倶楽部が生み出した架空生物
容姿は、のような部位が3つに×の口のような部位がある球体型。外回りに毛のような部位が数本生えている。

【酔狂文庫】のショート動画と漫画「九十九の満月」(作:小雨大豆)に登場。

余談だが、

に、ホメホメモロンのようなキャラクターが登場している。

九十九の満月版

作中では禍神 (まがつがみ:強い思いを持って死んだ生物が化けた異形の存在)の解説内で登場。
容姿は、のような部位が2つに×の口のような部位がある球体型。外回りに毛のような部位が数本生えている。

ホメホメモロン

級数(※):民話級
島一つを枯らした菌妖であり、幻の禍神。島一つと引き換えに退治された。禍神が思いの化身であるならば、思うことすらない生き物が禍神になるのであろうか?九十九世界では長きに渡り疑問とされており、その派生(はせい)の秘密を探り当てた資料は途中で途切れ、その筆記者は今現在も消息不明。
級数(きゅうすう)とは、禍神の脅威に対する基準や危険度を示す目安の事。その中で民話級は上から2番目の級(とっても恐ろしいぞクラス)。

また【その37】の口喧嘩で「このホメホメモロン!!」という文句(セリフ)がある。これは下記の設定を引き継いだものだとすると、「小心者」や「人格破綻者(サイコ野郎)」といった相手を揶揄する意味と思われる。

酔狂文庫版

2010年06月08日にニコニコ動画へ投稿された、小雨大豆と酔狂倶楽部制作【酔狂文庫:【ショートショート】短編集01】内のショート動画『寂しがり屋のホメホメモロン』。

寂しがり屋の小心者が叶えた強い願い事にご注意ください。
過激な表現があるので、閲覧は自己責任でお願いします。























寂しがり屋のホメホメモロン


地球上で最も強い生き物はなんだろう?

サソリライオンカバ人間
いいや、そのどれでもない。

地球上で最も強い生き物は…"ホメホメモロン"だ。

昔々の大昔。の気まぐれか、それともただの確率論か。そのどちらもなのか分からないが、海の中を漂っていた細胞が突然変異を起こして新たな生命へと進化した。
それがホメホメモロンの誕生らしい。

このホメホメモロンはとっても寂しがり屋人見知り性質を持つ。一匹でいるのは嫌なのに、他の微生物達と一緒にいるのは気まずくて落ち着かない。

一匹は嫌だ。だけど他人は怖い。

それはちょっと照れ屋の男の子ような感情を持ち、誰かと話がしたいと考えるまでの自己を持つ。その高度な知能でホメホメモロンは一つの妙案を思いついた。

他人が怖いなら、自分と話せばいいじゃないか。

ホメホメモロンはまず、飛んでいたコウモリのお腹の中に入ると…
その中でコウモリの体の一部を使って、自分そっくりのもう一人の自分を作る能力を発揮した!?
この時に増殖能力を獲得したのか不明だが、遊び相手を見つけたホメホメモロン。今まで一人っきりだった頃とは違い、こんなに楽しい生活は初めてと大いに喜こんだ。

2匹でこんなに楽しいのならば、3匹だったらどれだけ楽しいか。
4匹だったら?5匹だったら?
夢はどんどん膨れ上がり、ホメホメモロンはどんどん願いを叶えていった

2匹。4匹。8匹。16。32…
いっぱい!もっといっぱい!!

そうして自己増殖を繰り返し、体内で増えすぎたホメホメモロンに宿主のコウモリは許容量を超えてしまい…
ホメホメモロンは宿主のと毛穴という毛穴から、血と一緒に吹き出した!!!

コウモリの外へ出てしまい。また独りぼっちと思うホメホメモロンが…
いっぱい!!!

そのどいつもがさみしがり屋で、
そのどいつもが自分と同じ友達を増やそうと躍起になった…。

ある奴は小さなネズミの中に入り、
ある奴は大きなイグアナに入り、
ある奴は……ステゴサウルスパキケファロサウルスティラノサウルスなど恐竜にまで入り込み…

そうやってホメホメモロンは一年でほぼ地球上の全ての動物の中に入っていき…
そして、その全てを弾けさせた!!

それでも自分を増やす事を止めないホメホメモロン。
それはまごうことなき"地球最強の生物"

しかし、そのホメホメモロンの破竹の時代も突然として終わる。それは一つの大きな流れ星

ホメホメモロンが殺し尽くし、屍しか残っていなかった大地に、一つの大きな流れ星が落ちたのだ。流れ星は地表にいたホメホメモロンを焼き尽くすと同時に砂塵を空高くまで舞い上げ、太陽を遮り、地球を氷河期へと変えてしまった。
そう。恐竜が絶滅したのは隕石なんて生易しいものではなく……ホメホメモロンが原因だったのだ。

かつて世界中に生息していたとされる恐竜を全滅させて、地球上で一番強い生き物となった寂しがり屋のホメホメモロン。だけど、せっかく世界を自分達で満たしたのに、たった一つの隕石が落ちてホメホメモロンはみーんな死んでしまった。


関連タグ

細菌 細菌汚染 かもしてころすぞー
究極生命体




























実は…






















酔狂文庫内で全滅したと思われていたホメホメモロンは
一匹だけ生き残っていた...。
時は進み場面はとあるお店の会話に移り・・・

マスター。そのは何なんだい?
これはですね北極の氷です。何か特別な日を迎えるお客様がいたら使おうと、わざわざ取り寄せたんですよ。
はあ。北極の氷ねぇ。私も一度味わってみたいものだよ。

この氷は恐竜達がいた時代のものらしいとマスターは説明し、そしてお客さんがさっきからそわそわしている事に気付く。話を聞いてみると、もうすぐ初孫の孫娘が産まれる願ったり叶ったりな事に落ち着かないとの事。
そのおめでたい話を聞いたマスターは「そうだ」と、何かを思い付き……



























ホメホメモロンは、とってもとっても寂しがり屋だ。

pixivに投稿された作品 pixivで「ホメホメモロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 194

コメント