2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

藤本譲がナレーターを務めた1967年のテレビアニメ版『黄金バット』での名文句。

概要

『黄金バット』は紙芝居が源流であるため、アニメのナレーターも終始力の入った大真面目な口調で「~なのでしょうか?」と問いかけるようなセリフ回しで視聴者を引き込む演出となっている。
そして話の終わりには「強い!絶対に強い!正義の味方、我らが黄金バット!」と彼が完全無欠の超越者にして正義の体現者であることを強く印象付けるのである。

時代が進み、ありきたりな勧善懲悪が飽きられ、善悪の是非を問うヒーローすらも珍しいものではなくなった後の時代において、このセリフ回しとそれを体現する黄金バットの理不尽なまでの強さは、当時を知らない視聴者にとってはあまりにも新鮮かつ鮮烈で、強烈に響いたのである。

どれくらい強いかは以下を参照されたし

関連タグ

黄金バット 最強 無敵
無敵 チート デウス・エクス・マキナ オーバーキル
  ラスボス 天上天下唯我独尊
呂布 もょもと 超人 戦艦レ級 キングハサン
サイタマワンパンマン
マジンガーZERO ゲッターエンペラー
大神龍
異能生存体 究極生命体
もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな
うまい、うますぎる ぼくのかんがえたさいきょうの
不死身の男 鬱フラグクラッシャー
地上最強の生物 勝てる気がしない
勝てない 不条理 バランスブレイカー
ワンマンアーミー

関連記事

親記事

黄金バット おうごんばっと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1145257

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました