ピクシブ百科事典

地上最強の生物

ちじょうさいきょうのせいぶつ

「地上最強の生物」とは、陸上において最強の戦闘能力をもつ生物の異名。

「地上最強」という言葉は最強というには範囲が狭く、本当の意味での最強とはいえないため、フィクションのバトルでは滅多に使われない。そのため通常は最強を表す定義には「史上最強」や「世界最強」がよく使われる。

本来ならば単に上記概要のとおりの意味だが、グラップラー刃牙の作中で顕著に使用している単語である。

「どっちが強いんだ!!?」
という極めてシンプルな強弱対決においては、人間に限らず全ての生物(および武器)が介入する。
その中で体重800kgを超えるホッキョクグマや体高15mはあろうかと見えるアフリカゾウ、果ては近代兵器で武装した兵士数百人を素手で屠るという非リアル路線の格闘をテーマにした範馬勇次郎の異常な強さから作中で表記された異名。

様々なジャンルの作品において「最強」を誇る人物・生物は数多くいるが、使用する武器や特殊能力、魔力などに頼らず、非リアル路線であると同時に生物本来の戦闘能力のみで最強たるキャラクターは意外に少ない。

関連タグ

ライオン
ティラノサウルス
グラップラー刃牙 範馬勇次郎
バキ 刃牙 オーガ
ゾウ カバ - 実在の生物で最強と思われる種
究極生命体 - 別のマンガでの似たような表現
柏木千鶴 - 『』での作中表現から。
ガチャピン

外部リンク

地上最強の生物 - アンサイクロペディア

pixivに投稿された作品 pixivで「地上最強の生物」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 272580

コメント