ピクシブ百科事典

ガチャピン

がちゃぴん

フジテレビ系列の番組『ひらけ!ポンキッキ』で初登場したキャラクターで、現在もフジテレビに留まらずメディア露出をしている。
目次[非表示]

概要

南国生まれの恐竜男の子。年齢は永遠の5歳。身長165cm、体重80kg。
誕生日である4月2日は『ひらけ!ポンキッキ』の放送が開始された1973年4月2日に由来する。
モデルは番組を制作した日本テレワーク社長野田昌宏

雪男(イエティ)の子供「ムック」とコンビを組む。
全身色で丸い頭、口元からは二本の前歯が飛び出している。
背中には背びれがあり、お腹の部分だけが黄色とピンクの縞模様になっている。
両腕についているいぼいぼはエネルギーボールで、勇気と元気の源。

マルチタレント

カーレース、フィギュアスケート、フリークライミングなどその特技は極めて多彩。
その行動範囲も幅広く、陸海空制覇どころか宇宙、果ては異世界に行ったことさえある。
コラボレーションやメディア展開が多く、ついにはVOCALOID(ガチャッポイド)のCVを担当し、ガッチャマン(ガッチャピン)や、ボンバーマン(ガチャボン)、ロックマン(メガピン)にまでなってしまった。
笑っていいとも!』のテレフォンショッキングに出演経験がある数少ない人外でもある(他にハローキティがいる)。
このような経緯から地上最強の生物の異名を持つ。
最近では、あのシステムを搭載した人型機動兵器も乗りこなしたとか

また、バラエティー番組に出演した際のアドリブも天下一品。

2011年からは色違いのキャラとして相方のムック共々、『ブルーガチャムク』がUQコミュニケーションのCMおよび公式サイトに登場している。

グランブルーファンタジー

スマートフォン向けゲーム『グランブルーファンタジー』にも相方のムックとともに(期間限定のログイン無料ボーナスガチャルーレットのみだが)出演を果たした。

この無料キャンペーンは、ガチャピンが登場するたびに超グレードアップされている。

そして、2019年12月には正式コラボとしてSSRプレイアブル実装される事が発表された。ムックに関しては未発表で、ガチャキャンペーンも同時開催されるかどうかも不明なため、今後の続報が期待される。

11月24日の「ぐらぶるTVちゃんねるっ!」内のルリアノートでコラボ開始が12月7日からである事が発表された。後にシナリオ名称は『ガチャピン・ムックのあおぞらものがたり』に決定となり、次回予告ではメタ発言まで飛び出したのである。属性に関しては所持武器が既に最終上限解放ありがアナウンスされ、風属性の様子

ムックに関しては召喚石となるのだが、ガチャピン専用スキンでガチャピン&ムックにする事も可能。こちらはエンディング到達時に入手出来る事がアナウンスされている。

奥義アビリティサポートアビリティ
ガチャピン・ソードガチャンクス/ガチャラヴィティ/ガチャポンバーストエネルギーボール/みんなのにんきもの

ガチャピンの所持する剣は拾った物らしい。しかも、岩に刺さっていたとも。

アビリティに関しては、全属性ダメージカット100%、複数の弱体化デバフ付与、風属性限定のパーティー全体奥義即使用可能(ただし、使用可能になるのは7ターン後)という十天衆が所持するアビリティを使用可能。その一方で使用するコストとしてエネルギーボールを必要とする。グラブル内で言えばコルワなどのようにコスト管理次第で化けるサポートタイプと言うべきか。

ただし、サポートだけでなく奥義に関しても追加効果が破格気味。まさに主人公気質と言うべきなのかもしれない。

そして、後編では予想外の人物との決着が……。

余談だが、奥義及びアビリティ発動待機のポーズがこれにそっくりと話題になった。

演者

初代:矢沢邦江
二代目:雨宮玖二子。
三代目(2014年3月以降):非公表(ぼのぼのアニメにゲスト登場した際もムック共々声優名の表記はガチャピンとキャラクター名表示で人名では無かった。)

関連タグ

ポンキッキ ムック 赤と緑緑と赤たべちゃうぞ
恐竜 出っ歯
そっくりさん:鶴岡慎也遠藤保仁峯岸みなみ

ポンメルン:上述のグラブルコラボで何度か対決をする事になる。前編では連敗続きな展開だったが、ある物の入手をきっかけにして後編ではその力を得て、予想外の変身を遂げる。

外部リンク

ガチャピン日記
ガチャピン【Gachapin】 (GachapinBlog) - Twitter
ガチャピン - Wikipedia
ガチャピンとは (ガチャピンとは) - ニコニコ大百科
ガチャピンとは - はてなキーワード

関連記事

親記事

ポンキッキ ぽんきっき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガチャピン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2551945

コメント