2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ラバーズ

らばーず

「ジョジョの奇妙な冒険」第3部「スターダストクルセイダース」に登場するスタンド。
目次[非表示]

「ちがうちがうッ やっぱりわたし!わたしわたしわたしわたしわたしわたあああ~~~~~~しィィィィィだよ~~~~~~~~オン!!」

「フッフッフ 史上最弱が… 最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も恐ろしいィィ!!マギィーッ!!」

概要

【破壊力:E / スピード:D / 射程距離:A/ 持続力:A / 精密動作:D / 成長性:E】
タロットカード大アルカナ6番目のカード「恋人」の暗示を持つスタンド。本体は鋼入りのダン
と人の混ざったような姿をした、ミクロサイズの遠隔操作型スタンド。鳴き声は「マギーッ」。上記のように人語を話すこともできる。

本人曰く、髪の毛一本さえ動かすことの出来ない、史上最弱のスタンド」だが、代わりにその射程は数百キロにも及ぶ。
相手のなどから体内に侵入し、に居座る。これにより本体であるダンと相手の感覚が共有され、ダンが足をぶつければその痛みが、背中を掻かれればくすぐったさが何倍にもなって相手に返ってくる。この為、下手にダンを痛めつけようものなら、相手にもその数倍のダメージが跳ね返り、ショック死することになるので、迂闊にダンに手出しもできない。たとえ対象者の一部が義手であってもダンの腕になにかあれば「本物の腕の痛みと感覚」が襲い掛かる。
また、攻撃方法としてDIO肉の芽を使用しており、体内に持ち込んで植え付け、それを急成長させることで相手を死に至らしめる。劇中ではこの手を使い、エンヤ婆を口封じで殺害した。
読者からは「ジョースター一行が眠っている時に恋人を進入させれば勝てていた」とよく指摘されるが、ダンの性格上、その戦法を使うよりも彼らを虐め殺すことの方を選んだとしてもおかしくはない。

相手の脳組織を使って自分自身のコピーを作り出す技も持っており、切れば切る程、分裂を繰り返し、数百体まで増殖して、ミクロ化したハイエロファントグリーンシルバーチャリオッツを苦しめた。
パワーが皆無というのもサイズ比の話なのか、同サイズになり勝負に来たチャリオッツの装甲をパンチで破壊しポルナレフに吐血させている。

SFC(コブラチーム)版では、本体であるダンを差し置いて登場している(ただし、ダン自身も説明書には掲載されている)。種としてエンヤ婆がジョセフの脳に仕込み、ハイエロファントグリーンとシルバーチャリオッツだけでなく、スタープラチナマジシャンズレッドもジョセフの脳に入って退治しに行くことになっている。

備考

本体の性格と併せてイメージの悪いスタンドだが、他人に対して有益な活用する事でかなり良いスタンドであると考察するファンも存在している。身体の中に入り込む事でMRIやCT検査でも見つからない様な悪性腫瘍を発見したり、細胞をこねる能力を使用して破裂した血管を修復したりと医療現場で活躍出来るし、災害現場で小さな身体を使って小さな隙間に侵入して負傷者を発見したり出来る。 

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 寄生 ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧

オラオラ:ラバーズの使い手の鋼入りのダン空条承太郎に食らわされた。その数は原作では3ページにも及び、第3部時点で最多ラッシュを記録した
エンプレス:前にもジョセフ・ジョースターを寄生したスタンド。
タワーオブグレー:同じくエメラルドスプラッシュおとり触手罠の策にはまったより敗北したスタンド。

精霊(デート・ア・ライブ)に落ち封印された時、封印者との間に封印した能力を繋ぐパスを形成し、気分次第に自分の力で逆にその封印者を抑制するなどラバーズと類似な点かある。

関連記事

親記事

スタンド すたんど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 390909

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました