ピクシブ百科事典

棒読み

ぼうよみ

棒読みとは本来漢文のレ点などを無視して読むことであるが、そこから転じて文章を抑揚なく読み下すことを指す。
目次[非表示]

概要

現在では本来の意味である漢文でレ点などを無視して並びの順に読む、という意味合いで用いられることは少なく、台詞感情や抑揚をつけることなく読むことを指すことが多い。
文字で表す場合には、カタカナ表記にされる事が多い。

感情がこもっていない、ということから本心というよりは他者に言わされている感が強くなるため、日常会話で棒読みが多い人はコミュニケーションを取るうえで嫌われやすい。

但しアニメなどではキャラクター性格無口クールなど)によってはこの棒読みが敢えて用いられることもあり、有名どころでいえば綾波レイ長門有希などが挙げられる。
また、アニメ『氷菓』第8話では自主製作映画が物語の主題のひとつになってることもあって、実力があるプロの声優の棒読み演技が見られるので、興味のある方はぜひ・・。
一方で、声優ではほとんどありえないだろうが普段声優の仕事をすることのない人が声優をした場合、不慣れな結果、台詞が棒読みになってしまうことは少なくない。
この場合、大体は演技が下手といわれることになる。
とは言え、(滑舌の悪さも相まっている要因もあるが)ナイトハルトのようにネタキャラとして愛される存在になったり、マカ=アルバーンのように棒読みが何となく似合ってしまうケースも稀にある。

ネットスラング

一方でネット上では(棒読み)または(棒)と語尾につけることで嘲笑的な意味合いで文章を打つことがある。例えば

  • 私って可愛いよね?→うん、可愛いね
  • 私って可愛いよね?→うん、可愛いね(棒)
の2つでは意味合いが大きく変わる。前者の場合は(本心はどうであれ)可愛いという問いかけに対しては
肯定的な返答をしているが、後者の場合は最後に(棒)とつけることで、事実上否定していることになるわけである。
多くの場合はネタとして用いられわざとらしさを醸し出しているといえる。

また、さらに余談だが、ホモビデオ真夏の夜の淫夢関連のネタで使われる傾向もある。
(これはAV関連のビデオであるため、撮影に慣れていない素人の俳優しか起用できず、
 緊張でしゃべり方が棒読みに聞こえるほど単調な人が多かったというもの。
 結果的に、「棒読みが作品の個性」となってしまったケース。)
棒読みだからと言って、淫夢関連のネタであるとは限らないので、コメントする際は注意すべきである。

関連タグ

ネットスラング 性格 台詞 読む
真夏の夜の淫夢 人体自然発火彼氏 サザエさん
なぁにこれぇ ゔぇえ

関連記事

親記事

読む よむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「棒読み」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 421821

コメント