ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ニコニコ動画におけるカテゴリの一種で、2010年1月13日のカテゴリ再編により、ファッションカテゴリに代わって新規追加されたカテゴリタグの一つである。

それまで別のカテゴリを独占していたレスリングシリーズや、ファッションカテゴリで多数を占めていた動画(ここでは主に必須アモト酸関連の動画のことを指すと思われる)用に設けられた専用カテゴリ。それまでファッションカテゴリに属していた動画のうち上記ジャンルに当たる動画のカテゴリはカテゴリ再編発表後、強制的に『例のアレ』に差し替えられタグロックされた。

カテゴリタグ戦争が決着したかに見え喜ぶエア本民もいたものの、一方で無理矢理カテゴリを変え、投稿者によるカテゴリ変更も許さないという運営の強硬姿勢に憤慨しすぐさま反旗を翻す。その矛先は「日記」カテゴリに向けられた。
とはいえ着々とカテゴリ強制変更が進むので、現在エア本動画の殆どは例のアレに収まり、後に大量削除で壊滅させられている。えーどうしてー・・・

当時、ブロードバンドと動画サイトの拡大でMAD動画が黄金時代を迎えていたのと、ネットの大衆化によりオタク文化が急速に商業化・陳腐化しているという意識が背景にあり、バブル期の深夜番組のような実験芸術、前衛芸術表現の場(意味深)として2010年代のネット文化に良くも悪くも大きな影響を与えた。
その過激さゆえ下手に物申すと、リプライ爆撃やサジェスト汚染、果ては家に怪しい贈り物が届いたりするので、世間や評論家が取り上げることは少ない(できない)。
そのため、「ファッ!?」などの例のアレ系のネット流行語などが紹介されるときでも何故か由来が書かれていないことがほとんど。

2010年代の動き

2010年代前半における「真夏の夜の淫夢」の台頭を境に例のアレ観が大きく変わっており、現在は運営ではなくユーザーによって、真夏の夜の淫夢とそれに関連付けられたなんJ等のジャンルのみを例のアレと定めており、それらとの関連性を見出だされなかったジャンルは例のアレ入りしていても例のアレとは認めないとする考えが強くなっている。
ただし、ゼEROのように淫夢との関連性が無いジャンルだが例のアレとして認められているものもある。

2010年代後半には、例のアレの中心であった平成初期生まれ=パソコン世代と、その後のスマホ世代との世代交代が起こる。スマホではどうしても動画作成が難しいため、動画文化は衰退し例のアレは大きく変質、語録での会話、リアルでの犯罪、動画転載による晒し上げなどを重視する方向に変わっていった。
さらに末期になると、ほとんど新ネタが尽き、衰退期に入ったと当時を知る人(の一部)は語っている。今後はflash黄金時代のように次の世代に影響(悪影響?)を与える存在になっていくことだろう。

該当コンテンツ





  • その他
    • 削除対象(利用規約違反削除されかねない動画から、ネタとしての削除対象まで)
    • ネタ成分が他と比べて極度に強く、病院系・誰得系のタグが付きやすい動画
    • 釣り動画(中身は必須アモト酸やレスリングシリーズとは限らず)

pixivでは、主に元ネタとなったものを濁す意味でタグ付けされている場合が多く、ジャンルや作品の傾向はバラバラである。

関連イラスト

  • イラスト内の隅っことキャプションが例のアレ
性教育は中学生から



関連タグ

pixiv ニコニコ動画 アウト 例の漫画

関連記事

親記事

ニコニコ動画 にこにこどうが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「例のアレ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「例のアレ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6008786

コメント