ピクシブ百科事典

ゆゆうた

ゆゆうた

ゆゆうた(YYUT兄貴)とは動画投稿者・元生放送主・YouTuberの一人。
目次[非表示]

注意!!

ゆゆうたがアレンジした本家の動画に「ゆゆうたから来た」などといったコメントが相次いでおります。本人も注意動画にて「住所特定されるより嫌だ」とコメントしているので絶対にやめましょう。

注意動画



概要

元はニコニコ動画ニコニコ生放送を中心に活動していた配信者のひとり。現在はYouTuberとして活動している。
楽器演奏、とくにピアノを得意としており、さまざまな弾き語り動画や楽曲のアレンジ動画を投稿している。
本名は鈴木悠太(すずき ゆうた)。

3歳からピアノを始め、その演奏技術は高い。
初めて聞いた楽曲をその場で弾きこなす演奏しながら視聴者のコメント(曲名)を拾い、その曲を即興で演奏しメドレーにする即興でクオリティの高いオリジナル曲を作り、演奏するなど、動画内では驚くべき実力を惜しみなく発揮する。

また、7時間超もの間(長時間演奏チャレンジの最中に機材の不調で一時中断しているので、それを除けば11時間連続ということになる)ぶっ通しでピアノを弾き続け、自己最高記録を出すなど、技量だけでなく体力的な面でも非常に優れたものを持っている。
更に2020年5月9日〜10日にかけて、24時間連続でピアノを弾き続けることに挑戦し見事完遂した。

ちなみに本人曰く、絶対音感は持っていないらしい(キーボードのトランスポーズ機能※を使っており叩いた鍵盤と音が一致していない)。ただし、相対音感があり(聞いた音が基準となる音からどの程度離れているかを聞き取れる能力)、耳コピなどもメロディーだけでなくコードを聞き取ってから判断していると推測される。
※打鍵はそのまま調(キー)を移行する機能のこと。例えば「ドレミ…」からなるハ長調を鍵盤で弾きながら、実際には「ファソラ…」からなるヘ長調を出すことができる。イメージとしてはカラオケのキー変更に近い。


ピアニストとしては非常に優れた実力の持ち主なのだが、彼が活動するカテゴリは主に「例のアレ」。言ってしまえばホモビデオ等。
クッキー☆」系MADでおなじみの「ほのぼの神社アレンジ」や淫夢ネタ、AV男優の声真似をする、アダルトビデオの音声を歌にのせて弾き語る、演奏しながら奇声を上げるなど、動画のなんとも言えない方向性のおかしさが笑いを誘う。
もちろん、淫夢語録にも明るく、自作の歌詞などでも確認できる。

才能溢れる人物でありながら、嬉々として汚れ仕事に手を出すさまからついたあだ名は「才能をドブに捨てた男」。
視聴者からの扱いもぶっちゃけピアノのめっちゃうまい芸人と言っていいものになっている。

ニコニコ動画での活動

かつてはニコニコ動画、およびニコニコ生放送において音楽系の動画を投稿・生放送を配信していた。
2007年から打ち込みによるアニメソングなどの耳コピ・アレンジ動画を投稿し始め、5本ほど投稿したのち一度は休止状態となるが、2014年から再び動画を投稿するようになる。

例のアレデビュー、そして住所開示

2015年7月に「僕らはほのぼの神社の中で」を投稿し、ほのぼの神社アレンジの初投稿をゆ果たすとともに、例のアレカテゴリデビューを飾る。また、住所をセルフ開示したスギちゃんにちなみセルフ開示楽曲を弾き語るも炎上。特定されるも後日己の個人情報をすべて歌で開示し、失うものをなくした
もちろんその後引っ越しをしたものの、2019年末と2020年5月、二度にわたって住所を特定されている。
軽く見られがちだが、住所特定は重大なマナー違反なので絶対にやめるように。また、自身の住所の特定につながってしまうような情報を投稿することも絶対に避けるべきである。

僕らはほのぼの神社の中で


スマホ版リンク

住所開示の歌



代表作を出すも…

2017年6月に投稿した一般男性脱糞シリーズを弾き語った動画が100万再生を突破。彼の代表作となるが、それと同時に彼が増長するきっかけとなり、匿名掲示板文化の私物化・商業利用を問題視する声が上がり始め、後に大きな事件を引き起こす事になる(後述)

生放送について

生放送での内容は、コミュニティ名である「ゆゆうたの何でもやるコミュ」の通り多岐に渡っており、コード進行についてなど音楽の知識に関するものから、ゲーム実況、またニコニコで馴染みのある曲(組曲など)やオリジナル曲を即興で演奏するなどしている。課長こわれるの声真似を得意としており、「UNICORN」を弾くことと共に半ばノルマと化している。

ニコ生引退

2020年4月をもってYouTubeに専念することを発表。ニコニコ生放送から引退した。

最後の生放送動画


スマホ版リンク

YouTubeおよびTwitterでの活動

ニコニコ動画以外の活動として、YouTubeTwitterでの動画投稿および配信を行っている。
Twitterアカウントは二回凍結されている
YouTubeチャンネル「鈴木ゆゆうた」を2018年5月から開設。弾いてみたシリーズの投稿をはじめとした生主時代スタイルの動画や、一人でピアノ1画面&ボーカル9画面で合唱する「10分割シリーズ」、ゲーム実況配信、雑談配信(雑談配信では下ネタをぶっこんでくることもあるので、イヤホン推奨)や、上原亜衣やよみぃなどの有名人とのコラボ動画などを投稿している。また、ツイキャスでも雑談やピアノ演奏をライブ配信している。

楽曲提供

2019年10月24日に稼働開始した音ゲー「CHUNITHM CRYSTAL」になんとオリジナル曲「ハジマリノピアノ」を提供した。
やってることがやってることだけにネットでは賛否両論で大いに荒れたが、曲自体の評価はおおむね好評な模様。

告知動画



チャンネル登録者数100万人突破

2020年2月16日にはYouTubeライブ「登録者数100万人突破するまでピアノを弾き続ける男」を配信しライブ開始後46分56秒の時点でチャンネル登録者数100万人を達成。また同年2月2日には「【最終回】人間は何時間連続でピアノを弾き続けることができるのか【ゆゆうた】」にて10時間連続でピアノを弾くことに成功、Twitterにて「#何時間連続」がトレンド入りしている。

割れサイト利用疑惑

2020年4月24日、Twitterに投稿したスマートフォンのスクリーンショット(現在は削除済み)に、以前存在した「Kyo Music City」という違法サイト(所謂「割れサイト」)がインターネットブラウザのお気に入りに入れられているのが写り込んでおり、このサイトを利用していたのではないかという疑惑が発生した。これに対して、ゆゆうた本人は、「勝手にお気に入りに入っていた」などと説明している。炎上系YouTuberのコレコレに取り上げられたことを受け、彼の放送に出演し上述の経緯を説明。また、削除したのは「アンチスレを見ていることを知られたくなかったから」としている。
同サイトは既に閉鎖しており、同じくお気に入りに入っていた「Googleリーダー」もすでにサービス終了していることから、長い間使っていなかったためお気に入りに入っていたことに気がつかなかった、という可能性が高いといえる。

24時間ピアノ演奏

2020年5月9日18時から翌10日の18時まで、YouTube Liveにて24時間ぶっ続けでのピアノ演奏に挑戦。これを見事成し遂げHIKAKIN氏をはじめとする数々の著名YouTuberからスパチャや祝福のコメントが贈られた。また、Yahoo!ニュースやLINEニュースにも取り上げられた

なお、ライブストリームはシステム上視聴不可能(YouTube Liveは12時間を超える動画のアーカイブを残せない)となっており、24時間分全てを通しで視聴することはできない。
ゆゆうた本人が12日に最後の1時間を切り抜いて公開し、後日録画したものを4つの動画に分けて投稿した。

そして2020年9月3日、この件で日刊スポーツの一面を飾り、多くの販売店で売り切れが続出した。

報告動画



新チャンネル開設

2020年5月19日にゲーム実況アカウント「ゆゆうたGAMES」を開設。

吹奏楽団とコラボしたが…

2020年1月10日、吹奏楽団「関東サウンドプロジェクト」とコラボし、一般男性脱糞シリーズを演奏するという企画を行ったが、前述の文化の私物化・商業利用の問題から、恒心教から反感を買い、本人はもちろん、コラボ相手の吹奏楽団員や周辺の人物、彼のファン(恒心教徒曰く「ゆゆうたキッズ」)に対して、攻撃がなされ始めた。これによって、2020年5月1日までに20人以上の個人情報が特定され、23日にはついに姉妹団体共々解散に追い込まれてしまった

ち○こはみ出し事件

2020年7月27日、投稿した動画に自分のち○こがモザイクからはみ出してしまっていた事が視聴者から指摘された。ゆゆうたはこの動画をすぐに削除し、謝罪動画を投稿した。そして次の日、動画を再編集したものを投稿した。また、そのち○この大きさまで特定されてしまった

謝罪動画



再投稿した動画



特定報告動画



リツイートされた数だけピアノ弾き続けます

2020年8月20日にTwitterでリツイート数×秒連続で弾くとツイートしたところ9万4千リツイートされ、結果26時間弾き続ける事になった

報告動画



白内障について

2020年9月4日、Twitterにて病院で重度の白内障と診断された事を発表した。近々手術する予定。なお活動は続けていく模様。

そして9月25日、手術が無事終了した事を報告した。

報告動画





一般男性脱糞シリーズについて

氏の代表作だった一般男性脱糞シリーズは長い間ファンに愛されて(?)いたが、一部の意見では「あまりに元の問題を茶化しすぎているのではないか」という批判があった。この声や前述の恒心教関係の問題が大きくなってきたため2020年5月、ゆゆうた氏本人が問題をこれ以上深刻化させないために元動画を自ら非公開にし、この曲を永久に封印するという声明を残した。
氏の意思を無視して転載が横行しているが、もともとの問題真剣に議論するとネット史に残る極めて根深い問題であるため、ゆゆうた氏などの名誉のためにもこれ以上しつこく掘り返さないようにするべきだろう。
こちらに封印したことなどをまとめたので参照

今までにされたイタズラ(抜粋)

  • 玄関のドアにネットに強い弁護士のシールが貼られた
  • 表札にお手洗いのプレートが貼られた
  • ラ・アイサトールの全景を写真に撮られてツイートされた
  • 「ゆゆけんま」という言葉が生まれた
  • 創価大学から入学手続きの資料が毎月郵送で届くようになった
  • Amazonから20万円の絵画が着払いで届けられた
  • 食べログに自宅の住所がカラオケ喫茶として登録された
  • 謎のロシア人やMr.東大に家凸されて一芸を披露された
  • 差し入れにもらったたまごボーロが犬用だった。それに気づかず半分くらい食べてしまった。
  • 毎日のようにカラーコーンが送られてくる
  • ドアノブにTENGAの帽子の入った袋がかけられた
  • 自宅の住所がフリー住所(フリー素材)になった
  • 知らぬ間に女子高の要覧を請求された。結果はもちろん「拒絶」。
  • 家に帰ってきたら退去警告のような偽の警告書が貼られマンション側と裁判寸前になった。
  • 自宅にホモビを送られた
  • Syamu_gameと新代理人に家に押しかけられそうになった。
  • 自分の住所と本名で北朝鮮のプロパガンダラジオ「朝鮮の声日本語放送」に手紙を送られた。さらに音楽コーナーで「攻撃戦だ」をリクエストされ、自宅にお礼の粗品が届いた。
  • 自宅の玄関の鍵穴をアロンアルファで塞がれた。
  • 友人にLINE IDをバラされた。
  • 電通東京都立大学・渋谷区教育委員会・世田谷区役所に自分の本名で爆破予告された。また、この事はニュースにもなった。


本人の動画



など。

余談

  • ニックネームは「ゆゆうた兄貴」など。「才能をドブに捨てた男」「水にふやかした二宮」のような小馬鹿にしたものも見られるが、本人は受け入れている様子(ただし限度は考えよう)。
  • Vtuberの「高槻りつ」と仲がいい。きっかけは「イチジク浣腸対決」。
  • いわゆる「土方」(施工管理者)であったことをたびたび生放送などで発言している。また、現在は退職している。



代表曲


外部リンク


外部wiki


恒心教をはじめとした例のアレでは「踏み台にされた」「裏切られた」などといった意識が非常に大きいためかなり批判的な意見が書かれている。

関連タグ

ニコニコ生放送 YouTuber 生主 ピアノ 弾き語り ホモライブ 恒心教 MURの法則

親交のある人物

関連記事

親記事

YouTuber ゆーちゅーばー

子記事

  • General_Male_Defecation_Series いっぱんだんせいだっぷんしりーずまたはじぇねらるめーるでふぇけーしょんしりーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゆゆうた」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 192794

コメント