ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

2009年ごろからニコニコ生放送で生放送を行っていた配信者(2023年6月で正式引退)。現在はツイキャスYouTubeへと拠点を移しているほか、Twitterのスペース機能を用いた配信を行うこともある。

本名「青木駿(あおき しゅん)」。広島県出身。 6人組の配信ネイティブアイドル「コレって恋ですか?」のプロデューサーでもある。ニコ生時代は渋谷のキング石川典行ばくはげ画伯とともにニコ生4大癌の一人に数えられていた。


ツイキャスでは30万人以上、YouTubeでは100万人以上の登録者を持つ人気配信者であるが、後述する配信スタイルや本人の物言いなどのために多くの同業者から嫌悪感を持たれており、好き嫌いがはっきり分かれやすいとされる。


また、情報に信憑性があるとは言え「ソースはコレコレ」と本人の名を盾にしたファン(あるいは本人を貶す目的でファンを騙るアンチ)が無関係な場所に迷惑をかける事例も見られており、本人のみならず彼のファンも問題視される事が少なくない。


配信内容

YouTubeでは渋谷でのタバコポイ捨て注意動画が人気を博している。

生配信では、視聴者(コレリス)から寄せられた話題・情報を取り扱い、それに関する視聴者の相談や質問等をSkype通話などを通じて相手にぶつけるというスタイルが定着している。


配信中に暴露系のタレコミが来ることもある。


人物像

  • 鼻だけマスクがトレードマーク。かわいい女と炎上中の有名人に飛びつく。
  • ニコ生時代はスマートな体型をしていたが、現在では身長175㎝に対して体重が100kg前後を彷徨っている。
  • 毎回多数紹介されるファンアートでは額を出した青髪に腹毛、腕毛の濃い体毛が強調される事が多い。
  • 好きなキャラクターは赤座あかり西木野真姫美樹さやか柊かがみヴィクトリカ翠星石木之本桜藤林杏など。
  • ブレイク前のHIKAKINと交流があった。
  • 2021年10月には宝島社より自身初の書籍となる『告発 誰も晒せなかったSNSのヤバすぎる闇』を発売した。

告発された人たち

社会的地位等を失った側

2021年1月21日の深夜に行われた配信にて被害者を名乗る未成年のからのタレコミで児ポ法違反を告発される。なお、この日はマホトが今泉佑唯との婚約を発表した日でもあった。さらに翌日、マホトは所属事務所のUUUM契約解除を言い渡された。その後マホトは3月2日にYouTuber引退を発表し、後に児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕された。

もっとも、マホトの素行に関してはコレコレに暴露される・されない以前の問題のものとして一般に認知されている。

2020年10月にぺけたんと関係を持ったという24歳(当時)の女性からのタレコミでぺけたんとプライベートで会った際に車でラブホテルに連れて行かれ、拒否したが性行為を無理矢理避妊なしでされた長期でピルを飲むことを強要されたなどと告発される。また、後日にも複数人の別の女性からコレコレにタレコミが入り、中には知っている限り5人の女性がぺけたんに性病をうつされたという告発もあった。

告発を受けてUUUMが事実関係の確認を行ったところ、ぺけたんがFischer'sのグループ活動外で歌い手・こめてっととして活動する中でファンの女性と不適切な関係を持っていたことが発覚し、この件をUUUMとFischer'sは重く受け止め、ぺけたんの活動休止を発表した。

その後ぺけたんはFischer'sの動画編集やカメラマンなどの裏方を担当していたが、2022年7月にFischer'sを脱退することを発表した。

ガールズバーを経営する実業家の男性と交際中の女性からのタレコミで実業家の浮気相手であると告発される。コレコレが成海と当時付き合っていたもこうを介して確認をとったところ昔の話ということでお蔵入りになるはずだったが、告発者からコレコレに新情報が提供され、実業家と成海は告発時点でも関係が続いていることが判明。生配信での告発に踏み切った(直前になって自殺をちらつかせたため配信では名前は出さなかったが、浮気相手の女性ともこうが交際していたことは話をした)。

告発者は配信後にコレコレが用意した告発者のTwitterアカウントに配信で公開したLINE履歴と新たにツーショット写真を公開。ここで浮気相手の女性が成海瑠奈と判明した。

なお、成海は告発より少し前から冠番組やゲストとして出演予定だった配信を欠席していた。1週間後に事務所から休業が発表され、2ヶ月半後に事務所からの退所および声優を引退することになった


画家からのタレコミでトレパクを告発される。配信後に紹介したもの以外にもトレパクが疑われるものが多数出てくるようになり炎上、後に一部を認め謝罪するも取引先に対して「ネット上の憶測には惑わされないように」と念押ししていたことが報じられている。現在はTwitterから逃亡しInstagramで細々と活動している。

古塔つみの本名、性別、職業、住所等の個人情報が割れた件に関しては一切関わっていない。


YouTubeでの配信中に歌い手のまふまふとの同棲を疑われる内容のDiscordが流出。その後潤羽るしあ本人とみられる人物がコレコレに相談をしたことでまふまふと関係を持っていたことが確定する。後日ホロライブのプレスリリースにて「第三者への事実の異なる情報の流布並びに業務上のやり取りを含む情報流出が認められた」ことを理由に契約解除となった。


2024年1月25日発売の女性セブンでまふまふが結婚および離婚していたというスクープ記事が掲載され、まふまふがブログでスクープを認めたことを知りXにてまふまふの元妻が潤羽るしあと同一人物であることを暴露した。27日の配信においてまふまふが出演している時以外の時は元妻をるしあと呼んでいる(まふまふ出演時は本人の意向でA子さん呼び)。この後28日にみけねこがまふまふと結婚および離婚していたを自分からバラしたためコレコレの暴露は本当だったこと、約2年前の事件の答え合わせも行われDiscodeが流出した時にはまふまふと結婚していたことが公にされた。みけねことホロライブ運営の意向(圧力)で話せなかったことも判明している。


ホロライブから解雇されたあとは現在のみけねこをメインとしつつ2022年7月から23年12月までVShojoで飴宮なずなとして活動していた。その裏付けとなるものは24年2月9日に公開された発信者情報開示請求に失敗した裁判例である。判決文では名前はマスキングされているが請求を行ったスレと番号(970)は残っているので参照されたし(ttps://egg.5ch.net/test/read.cgi/streaming/1660405591/)。


内縁の妻を名乗る女性(以後Aとする)からのタレコミで不倫(不倫相手は以後Bとする)していることを告発される(後に最低でも三股かつBも彼の被害者であったことが判明)。3月11日の配信数時間前にSTPR公式から声明が出る。他のメンバーがそれぞれ配信で謝罪するのに対してななもり。はコレコレの配信に出演予定だったがドタキャン

翌12日にスタッフのnoteで不倫について全面的に認め、14日にTwitterの自身のアカウント上で謝罪し無期限の活動休止が発表された(社長業は継続)。

謝罪した後も彼に関する新たなタレコミが続々と来ていたが、STPRの弁護士(弁護士番号不明)から動画を削除しなければ法的措置をかけると圧力があったため彼を批判する動画の大半が削除され、これ以上の詮索はできなくなった。

翌月の配信でSTPRの弁護士を名乗る人物からななもり。、A、Bおよび関係者の話は一切しないこと、慰謝料の請求、削除した動画にあるサムネの「圧力」は名誉毀損なので削除するよう要求があったという。それらを修正した上で誓約書を書け、書かなければこの話は警察に話をしているので更なる法的措置を進めると更なる圧力があったという。


AとBとななもり。の音声会話などを第三者が無断で転載したものやアトム市川船橋法律事務所の高橋裕樹弁護士が解説した動画は残っていたが諸事情により非公開になった。


8月11日に暴露配信2回目の同時接続者数は51万9886人と発表。コレコレの配信だけでなく日本の一般人における配信においても過去最高値である(コレコレが一般人なのかどうかはこの場では議論しないものとする)。


2024年1月27日に復帰した。奇しくもこの日はまふまふとみけねこの泥沼訴訟が公になった日であった。


第三者の解析によるとAはキズナアイに声を提供していた(という体裁で実際は演じていた)声優の春日望(Kizuna AI公式はA=キズナアイを否定しているが春日が当時所属していた事務所はA=春日望を否定していない)、Bは輝夜月の中の人ことP丸様との見方が強い。春日は本騒動の直後に事務所を退所し声優からは事実上引退している。


石原千尋とは別の女性と二股していたことを暴露。


乃木坂46のメンバー・松村沙友理との交際期間中に乙凪美優と二股していたことを暴露された。配信後に乙凪が自身のfantiaにヒカルとのLINEを晒し「ちゃんと知っておきたい これから俺の性奴隷になる変態の本当の姿を」とヒカルに興味のない一般人とヒカルのアンチに性癖が晒されドン引きする事態に。この後インターネットタレコミ屋滝沢ガレソに本件が晒されると乗り込んできて火消しを試みるが逆に火に油を注ぐことになった。


3月に同棲していたという女性からのタレコミで、表向きは夫婦円満を装っているが実は周りのインフルエンサーや仕事仲間に手を出し続け不幸な女を製造し続けた結果、妻にそれがバレて離婚調停中(当時)であること、違法賭博やイスラム教徒が激怒しそうな名前を使った裏垢で圧力をかけていたことを暴露された。タレコミをした女性はこの時点では身の危険があるので暴露をするのは5月以降にしてほしいとお願いされていた。


4月末に事実確認のためコレコレがやしろにDMを入れたところ、女性から本件は解決したのと全部嘘だったということで暴露するのはやめてほしいと連絡が来る。そこでコレコレは暴露を止める理由となる証拠を出すよう要求したが回答はなく、更にやしろもダンマリを続けたため5月8日の配信でやしろあずきの暴露をすることにした。


翌9日に滝沢ガレソが本件を拡散、ハイクラス出会い系の東カレデートに登録していた証拠も拡散されコレコレの暴露を援護することになった。その結果10日に株式会社EGP(ポーカーの会社)から除名、株式会社グランツアセット(おたくのやどかり運営会社)の役員を解任された。前者のプレスリリースは会社としての体裁を成していないこと、コレコレの暴露は「多くの部分で捏造がある」が「多くの関係各所への影響を考慮し除名とした」と説明になっていないとして批判を浴びた。同日、やしろもブログでコレコレ(とガレソ)の暴露には捏造があると主張し(法的)手段に出ると宣言した一方、コレコレも第三者からのタレコミがあるとして対立している。


問題の裏垢は暴露後に削除された。余談だがこの暴露によりやしろあずきの嘘松が再びネット上に拡散されることになった(黒歴史ノートで使っているCampusノートのデザインが3代目(2011~)のものなので中学の時に書いたものではないことなど)。



告発に巻き込まれた被害者

マホトと婚約と彼との子を妊娠していた。上記児ポ法違反が告発されたことで婚約は自然消滅。インタビューによると子供は今泉の家族が総出で育てている。この後マホトと関係が続いていたことがFLASHのスクープで明かされたが、周囲の誹謗中傷や週刊誌のストーキングに困り果てて引退せざるを得なくなった。(マホトが悪いとはいえもらい事故で)コレコレに人生を狂わされた被害者

wikipediaによるとニコ生で活動していたコレコレをYouTubeに引き込んだ元凶成海瑠奈と交際していたが上記の浮気とNTRが露見されたことで絶縁。1ヶ月ほど沈み込んでいたといい、復帰後の配信で「コレコレに売られた」と語っている。(成海瑠奈が悪いとはいえもらい事故で)コレコレの被害者

加藤純一と付き合っている事を暴露されるがその後加藤が結婚披露宴を生配信し披露宴の同日にぺこらがゲーム実況配信を行った事で事態は収束した。ここまでだったら無罪で済んだのだが…

まふまふとみけねこ(元潤羽るしあ)が結婚した日は「チキン冷めちゃった」事件が起きたその日だったため流れ弾に当たる形で告発に巻き込まれることに。二人を祝福していたのではというリスナーからの質問にまふまふは「誰もいなかった」と答え、「ならぺこらはドタキャンクソ野郎ということでいい?」「はい」と返したため冷めチキ事件はドタキャンしただけと判明した。(まふまふとみけねこ(潤羽るしあ)が悪いとはいえ)コレコレの被害者

潤羽るしあとみけねこのガワを描いた人。たったそれだけのためにまふまふとみけねこの泥沼に巻き込まれてしまい誹謗中傷とか犯罪予告を受けた。コレコレというよりまふまふとみけねこの騒動に巻き込まれた被害者。



自滅

  • 明太子@オトガイDT

鮨よし田の大将から殴られたと主張して世間を騒がせたラウンジ嬢。詳細は省くがコレコレの配信に出演して自滅した。


関連イラスト

かがみんのBAN工場生主さんへ献上絵


関連タグ

ニコニコ生放送 生主 YouTuber


外部リンク

関連記事

親記事

YouTuber ゆーちゅーばー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 130740

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました