ピクシブ百科事典

クッキー☆

くっきー

東方Projectの二次創作企画である。
目次[非表示]

ボイスドラマ「【東方合同動画企画】魔理沙とアリスのクッキーKiss」の通称及び、そこから起きた騒動等を元にした二次創作界隈の通称。
詳しくは⇒http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%AF%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%BC%E2%98%86
(ニコ百)

他にクッキー☆に含まれる作品群はクッキー☆☆ クッソー☆ イースター☆等がある。

動画の概要

東方Project二次創作動画で、2010年2月15日にニコニコ動画へ投稿された作品。
ストーリーは霧雨魔理沙アリス・マーガトロイドにクッキーを作ってあげるという内容で、百合っぽい展開がある。
企画・脚本が1名、他42名の絵師、声優、音楽作成者、動画作成者によりこの動画が制作された。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9720246

問題点(クッキー騒動)

今日もいい天気☆


当時、ゲーム・同人漫画を中心に爆発的に人気のあった「東方Project」の待ちに待ったアニメ化作品であり、参加者人数43名、動画分数30分、しかもフルボイス(都内某高級スタジオでアフレコ)という豪華な内容から、企画発表の段階で大きな話題となった。

しかし、実際蓋を開けてみれば・・・・それはあまりにもクオリティの低いお粗末な出来であった。
・長い割には雑で、状況把握のしづらいシナリオ
・作画崩壊(絵師がシーンごとに違うため、担当した絵師が上手いは下手かで差がある。また、キャラの色使いや、ロリ絵とデッサン絵などの作画が安定せず、非常に見にくい)
・声優陣として参加した人のほとんどが素人演技であり、全編を通してお粗末な棒読みの会話

最終的な評価はあまり高くなく、東方ファンからは黒歴史とされてしまった。
また、「アニメ化」という話題が先行したため、アニメが同人制作と知らない人も多く、一般のアニメレベルを期待していたファンは、この作品をなかったことのように扱い、早速話題にされることがなくなってしまった。
(ネタを含むが)「東方のアニメ化の話題あったけどどうなったの?」という会話も未だにある。

そんな中、声優たちの棒読みっぷりが、ゲイポルノビデオ真夏の夜の淫夢第二章「モデル反撃!犯されるスカウトマン」の棒読みをネタにしていたシーンと似ているという理由で淫夢厨が現れた。

結果的に動画全体が淫夢厨によるコメントに荒らしつくされる風評被害に遭い、元動画をオモチャとして飼いならす一方で、当該動画のMAD素材としての質の良さに気づいた数人のMAD作者が、元動画を音MAD素材として使用されるようになった。
事実か不明なものの絵師として参加していた松下ゆう氏〔http://p.tl/F-lX〕のファンがあまりのクオリティーの低さに荒らし目的で淫夢タグを付けたのが全ての始まりだとする噂がある。

なお「クッキー☆」は、投稿者であり企画者でもある蓮奈理緒(HZNHZN姉貴)が増えすぎた荒らしコメに耐えかねてこれらをフィルター機能を使用して置換した単語に由来する。
一時は「クッキー☆」のコメントが本家動画の多くを占めたものの逆に煽る結果となり、この作品や派生界隈そのものの代名詞として定着してしまう。

しばらくは淫夢厨によってネタにされていたものの、合作の企画者により上記のMAD動画が権利者削除を受けてしまう。
ただし企画者のHZNはシナリオを書いたのみで、音声や絵は彼の著作物ではない(動画編集すら別の人間が行っている)。
削除された動画はクッキー☆を主にしたものや動画のほんの一部に素材を使ったものなど多岐にわたり、この行為に淫夢厨の人間は逆ギレするように。

そうした中で、魔理沙役の宇月幸成(UDK姉貴)のコミュが判明し、UDK姉貴は騒動を起こす。
更に合作参加者から蓮奈理緒氏が参加者の女性たちにセクハラ、わいせつ行為を行ったとされるタレコミが相次ぎ、騒動の勢いは加速。
合作自体の目的が「10代の少女たちが声優や絵師としてニコニコで活躍できる場を演出し、その製作過程で彼女たちに会合して出会うための蓮奈理緒の口実作りで、東方が題材の理由も登場人物はほぼ女性で、女性を集めやすかったからである」という意見もあり、最終的に蓮奈理緒氏により謝罪とこの名前でコミュニティの活動停止宣言が行われるに至った。(http://p.tl/BhYX

この「クッキー騒動」は「淫夢関連の風評被害が元で数々の東方二次創作の暗部が白日の下に引きずり出された」という、淫夢史上最悪の風評被害である。

ジャンルとしてのクッキー☆

上記の騒動を踏まえて、東方シリーズの設定を「原作の原作」としてキャラを演じた声優を主体としたMAD作品が作られ、独自のジャンルを形成していった。
登場人物には演じたキャラなどのガワが被せられ、主にTDN表記が用いられる。

この後「クッキー☆☆」と呼ばれる作品群が後継作として目を付けられ騒動は更に拡大していく。
この本家クッキー☆からクッキー☆☆の間に起きた騒動を元に「ジャンルとしてのクッキー☆」が確立され、これ以降に作られたクッキー☆を意識した作品は「養殖クッキー☆」とも呼ばれた。

東方と淫夢の要素を併せ持ち、それぞれに受け入れる土嬢がありながらも常に原理主義者同士による摩擦が絶えず、扱いには注意が必要。
淫夢派生でありながら、あくまで淫夢とは別ジャンルに区分けしようとする流れに対して不意打ち気味に淫夢ネタを叩き付ける一転攻勢に出る者も多い。
また、クッキー☆出演者でありながら「野獣妹」扱いされたSIKは「半淫夢」などと呼ばれる。

一転攻勢の一例


名台詞?&よくネタとして使われる台詞

括弧内は動画での別名。

博麗霊夢(RIM、RU)

「ぷはー 今日もいいペンキ☆」
「クォラ!」
「お菓子だからね」
「アリスガタベタコトナカッタラ、ダレモタベタコトナインジャナイ?」
「この酒飲みが!」
「待てこらガキ!」

霧雨魔理沙(UDK)

「きっと、今日は休憩の日なんだよ!」
「神社閉店の日!」(渾身のギャグ。しかし神社は店ではない)
「やっぱりアリスの作るブラウニはうまいな、生地がしっとりとしていて、それでいてべたつかない、すっきりとした甘さだ。
 クォクォアはバン・ホーテンのものを使用したのかな?」(基本的に外界で忘れ去られたものしか存在しない幻想郷で何故現存する企業のバン・ホーテンのココアが存在するのか)
「ああああ!忘れてた~」
「それでは諸君、さらばだー!」(通称:サラダバー。騒動の引き金の一つとなった台詞でもある)

アリス・マーガトロイド(ALC)

注:彼女は棒読みではない
「じゃあ~明日は?」
「きゃっ!」
「お粗末さまでした」
「壊れてないよ、魔理沙の気持ち」

伊吹萃香(SIK、野獣妹)

「イカスミ焼きぃ~?」(イカ焼きやイカスミスパゲッティ等は存在するが、イカスミ焼きという謎の料理)
「あっ んまぃ!」
「私も食べさせる~」

チルノ(CRN)

「あたいー」

ルーミア(RMA、神の棒読み)

「そーなのかー」

大妖精

「隣の垣根に、囲いができたんですって!」

陳水扁

「へー」
「侵入させていませーん!」→「侵入されてしまいましたー!」

パチュリー・ノーレッジ

注:彼女の声はSN比が低く音質が悪い
「むきゅー」
「借りる?盗むの間違いじゃないの?」

十六夜咲夜(釣りキチおばさん)

「タネ無し手品でございまーす」
「うん、ありがとう。」

ミスティア・ローレライ

「無理無理無理無理!産めない!」

風見幽香(早口おばさん)

注:ものすごい早口
「あら面白い花火を上げる輩が居ると思ったら懐かしい顔ね」
「コタエラレルヨウニシテアゲルワ」
「お返し、マスタースパーク」(幽香が過去の作品で魔理沙のマスタースパークに似た極太ビームを使っていた事実はあるが、それに魔理沙と同じ「マスタースパーク」という名称は公式ではついていない)

関連項目

真夏の夜の淫夢 風評被害 「真夏の夜の淫夢」による風評被害一覧 淫夢厨
東方Project 東方Project(二次創作) ニコニコ動画 棒読み コスプレ例大祭
東方夏淫夢 ク☆堕ち
UDK姉貴 RU姉貴 HNS姉貴 NDK姉貴
ANNYUI姉貴 JOKER姉貴 JGN
あのさぁ・・・ ぷはーRIM シンメトリーRIM イカスミ焼き ブラウニー
RIM一家 UDK姉妹 ALC一派

pixivに投稿された作品 pixivで「クッキー☆」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16020523

コメント