ピクシブ百科事典

目次[非表示]

はじめに

※淫夢が嫌いな方に※

この記事は真夏の夜の淫夢によって風評被害を受けたものの一覧をまとめた記事です。
たとえ風評被害を受けたとしてもこの記事を荒らさないようお願いします。
特にアニメファンや鉄道ファン又は歴史ファンなどの方は見ない事をお勧めします。
それでも大丈夫な方はどうぞお進みください。















…後悔、しませんね?






概要

真夏の夜の淫夢(+クッキー☆)」に関する風評被害は非常に多い。
……というか世の中の全てのモノが風評被害の対象になってしまっているのである

淫夢厨と呼ばれる悪ノリが大好きな連中が、風評被害を大前提にあらゆるものを無理矢理「淫夢」にこじつけ、呼んだら集まる淫夢厨コミュニティを武器に乗っ取ってしまうからである。
近年ではほぼネットスラングとして定着しており、風評被害呼ばわりも半ばネタと化している。

最大の被害者

  • 真夏の夜の夢 - ウィリアム・シェイクスピア作の喜劇。幾度かオペラ化、映画化もされている。他にも後世に作られた同名の作品が複数ある。本来、真夏の夜の夢とはこの演劇を指すものである。しかし現在の日本のオタク界隈では、この演劇よりも淫夢ネタの印象が強くなってしまっているため、『夏の夜の夢』として上映されることも。さらに、2014年に宝塚歌劇団月組によってこの作品が上演されたときは、タイトルを作中の妖精の名前の「PUCK」に差し替えていた。


  • 多田野数人 - 全ての元凶となった人物。「淫夢」への出演が発覚し、その影響によってプロ入り断念を余儀なくされた。彼は既に有名人であったために「あの選手が出演した」ということが立派なスキャンダルとして炎上した。それが「淫夢」の知名度がむやみに上昇してしまった大きな原因である。

  • ゲイの人達 - 言わずもがな、同性愛者の男性。淫夢をはじめとするホモビはこの人達によって生み出され、さらにその人達によって活用されるものである。昨今はゲイも異質な存在ではなくなっており、ノンケと同列に語られる存在になっているが、淫夢厨の一部はホモ自体を嘲笑したり、ネタにする目的で淫夢要素を使っているため、LGBT理解とは真逆の方向に行ってしまっている。面白いのはあくまでホモビであり、ゲイそのものではないのはゆめゆめ忘れてはならない。

  • 淫夢ファミリー、特に野獣先輩 - 自身の顔や名前を晒される、動画でネタにされる、自身の言動を切り抜かれるなど、全ての元凶であると同時に最も大きな風評被害を受けた人々。

風評被害の実例

一般

  • COAT - 衣類のコートの英語表記。「真夏の夜の淫夢」の制作会社が「Coat Corporation Ltd.(株式会社コートコーポレーション) 」 であったため、ゲイビデオ界隈でのみ通用していた社名の通称が拡散されてしまった。ピクシブでも英語圏の利用者が衣類としての「COAT」をタグとして使用しており、風評被害の犠牲となっている。
  • あずま寿し - 寿司屋。第一章で舞台の部屋から見えただけで風評被害。
  • 青梅線軍畑駅 - よりにもよって撮影場所に使われてしまい風評被害。駅前にあった谷商店にも風評被害を受けてしまった。
  • 褐色肌 - 野獣先輩のせいで「くさそう」という印象を持たれるようになってしまう。
  • 下北沢 - COAT本社や、第一章のロケ地が近いと言われているため「ホモの街」などと呼ばれてしまう。実際は下北沢の繁華街からは微妙に遠く東北沢の方が圧倒的に近いのにそう広まっているという意味でも風評被害。しかしCOAT社長と関係者が逮捕された際、下北沢駅で勧誘をしていたという事実がテレビのニュースで思いっきり報道されてしまっており、事実無根の風評被害ではない。
  • 立教大学野球部 - こいが在籍していたために風評被害。
  • 麺場 田所商店 - ラーメン店。店名に野獣先輩の名字「田所」が入っていることから2ちゃんねるのラーメン板にホモスレを立てられ風評被害に遭う。また、「鍋焼きうどん」も「アッーアッの鍋焼きうどん」という張り紙が見つかりこれまたそば・うどん板のスレが淫夢厨に占拠される。
  • ドミノピザ - 宅配ピザチェーン店。公式Twitter上で「エリア内ならコミケ会場でもピザを配達しますよ。」⇒「オイ。コミケなめんな、死ぬぞ。」⇒「だ、大丈夫ですよ(震え声)」というやりとりをしたせいで、ホモガキに目を付けられてしまう。死ぬという表現は決して大袈裟ではなく、熱中症に罹って倒れる可能性がある。
  • ニコニコ動画 - 上記の通り、淫夢系の動画やコメントで大荒れ。さらに、淫夢と関係のない作品も「ホモと見る○○」、「○○淫夢くん」などのタイトルが付けられ投稿され続けている。
  • 日本ペイント - 社員ブログから第一章出演者の一人が入社していた事が発覚。さらには別の出演者の一人も入社している事も発覚。おまけに無関係な社員までネタにされ、ブログは閉鎖沙汰に。
  • ピンキー - ピンキー名義でゲイビデオに出演していたAV女優がいたため同名のキャラや人物が風評被害を受けた。
  • フジテレビ - 日本のテレビ局の一つ。2016年1月27日に放送された午後のニュース番組にて淫夢四章のキスシーンを再現したスノーアートが紹介されてしまう。
  • Blu-ray - 略称がBDであり、DBを逆にしてあると捉える事ができるため風評被害。
  • 北海道日本ハムファイターズ - 日本のパシフィック・リーグに所属するプロ野球球団の一つ。とある選手が存在していた所為で風評被害。
  • 三井住友銀行 - とある人物の職場なので、当然風評被害。
  • 明治大学ラグビー部 - この人の存在のために風評被害。
  • 山田うどん - ロゴマークが赤城不動産本編でベッドに座る関西クレーマーに似ているため風評被害。
  • 横浜DeNAベイスターズ - 略称がDBである事から風評被害。
  • KIBIT - UBICが独自開発した人工知能ロボット。文字の並びからKBTIT空目しやすいため風評被害に遭う。twitterのトレンドでこのロボットのニュースが話題になった時も本家を差し置いてKBTITが浮上してしまった。なお、この話題となった直近の展示会ではなぜかカンファレンスが満席だった。しかも、ブースの名前がなぜか「KIBIT BEACH BAR」(KBTIT BLEACH BARに空目しやすい)だったり、バーのはずがコーヒーを出していたりと疑惑の念が色々持たれている。一方でネタで終わらず、非常に性能の良いAIであったために数多くの企業で利用が定着している。
  • アゼルバイジャン - コーカサスに位置する旧ソ連国家野獣先輩の台詞が「大分溜まってんじゃん、アゼルバイジャン」と聞こえる事から。
  • ブラインドシャッター - 野獣先輩の代名詞とも言えるインタビュー時の画像の背景に映っている事から風評被害に。
  • 24歳 - 野獣先輩24歳、学生ですを連想させることから風評被害に。
  • 八王子 - 後述の「I'm so Happy」のMADの一転攻勢シーンで「唯一神→双璧→御三家→四天王・・・」と続いていき、八番目がなぜか「八王子」コメで埋め尽くされることから。
  • 日本大学 - 日大アメフト部悪質タックル事件で、加害者側のINUEコーチが、過去にホモビデオに出演疑惑があったことが改めて拡散されてしまう。
  • ガーゴイル - とある人とある所業ガーゴイルKMR呼ばわりされ、由来とする同名のキャラなどに風評被害が発生している。
  • レナウン - イギリスの巡洋戦艦、およびそれを由来とするアパレル企業。ゲイビデオ内でアパレル企業のCMソング「レナウン娘」を歌いだした男優がいたことから風評被害に。
  • 岡山県北部 - とある53歳(当時)の土方のお兄さんが、川の下で3人でおぞましい行為をしたため風評被害に遭う。15年経った今も同じことはなされているのだろうか?
  • 終戦記念日 - 本来ならば、戦没者を追悼し平和を祈念する日。しかし上記のおぞましい行為が2006年の当該日時に行われたため、一部ではそちらの方のイメージが強くなってしまっている。
  • 接触確認アプリCOCOA - 新型コロナウイルスを持った人と接触した可能性があるときに警告してくれるアプリ。よく読んだら「こ↑こ↓」「アッー!」と、語録でできていることがわかってしまったため被害に遭う。コロナが相当広まってても全然通知が来なかったのは、野獣先輩との接触を検知するアプリだったためだった…?
  • キングストン製のDDR4メモリー - パソコンの、人間で言う作業机に例えられるパーツ。2021年にブランド再編(1ブランドの売却)が行われた後出現したブランド「Kingston FURY」のラインナップの中に、「Beast」という野獣先輩を示すワードが含まれる製品が登場してしまった。プロモーションキャラクターが女性なのもあり、野獣先輩女の子説を後押しする存在として注目される。
  • 佐伯医院 - 東京都世田谷区北沢に存在する内科・消化器科医院。四章の「こ↑こ↓」の場面で電柱の広告(撤去済)が映り込んでしまい風評被害に。
  • コージーコーナー - ケーキ屋ポルターガイストくんが出演し話題となった「ショタコン」にて出てきたケーキがコージーコーナー製だったため風評被害に。


言葉・セリフ

  • 王道を征く - 本来は「常道を行く」「正攻法で行く」という意味合いだが、コレの所為で風評被害どころか直球の被害を受けている。
  • たまげる - 「非常に驚く」という意味。週刊現代の記事で立教大学の野球部監督が発言しただけで、あっという間に淫夢語録入りとなった。漢字で書くと「魂消る」と書くらしい。
  • 訴訟 - 揉め事等を裁判で決着を付ける事。「よくも~したな!訴訟も辞さない!」とニコニコ動画の淫夢MADで用いられている。
  • 人間の鑑 - 本来は「手本にすべき人間」という立派な意味合いだったが、コレとかコレとかコレなどといった連中の事を言う意味合いに使われたりして風評被害どころか直球の被害を受けている。
  • 淫夢 - 本来は「いかがわしい夢」「淫らな夢」を指す言葉だったが、現在は専ら真夏の夜の淫夢のことを指す言葉となってしまっている。


乗り物

  • トヨタ・センチュリー VG4型- トヨタ社製の自動車。真夏の夜の淫夢第一章「極道脅迫!体育部員たちの逆襲」で、TNOKが乗っていたために被害に。当初はメルセデス・ベンツだと思われていた。メーカー希望小売価格は約1200万円。よって、この車のカマを掘る(この場合は相手の車に後ろから接触・追突するという意味)と悲惨な目に遭う(家計的な意味で)。普通に本職の方々も乗っている。なお、購入の際にメーカーによって身辺調査が行われるという噂がある。現在もニコニコ動画のMADでクルルァが登場し、ニコニ・コモンズでも素材としてあるが、あれは2代目センチュリーGZG5型という別物である。
  • ボンゴフレンディ 初代 SG型 H8~H11年モデル RF-Vグレード - マツダ社製の自動車。同じく「極道脅迫!体育部員たちの逆襲」にて、TNOKの黒塗り高級車に追突するシルバーのワンボックスカー。オートフリートップ装備、当時は珍しかったポータブルナビゲーション(carrozzeria DVD楽ナビ AVIC-DR1000)装備など、かなり豪華であるが、グレードは当時人気だったRF-Sグレードではなく、安いRF-Vグレードだったことから必要な物だけを選んで買う、体育部員たちの節約心が垣間見える。メーカー希望小売価格は300万円前後。ビデオに登場しているものと同型のボンゴフレンディがTwitterに晒される被害を受けることがよくある。
  • ドイツ鉄道 - 略称及びロゴマークDBであるために風評被害。
  • 富士サファリパークジャングルバス - 正面顔がKBTITに見える事から風評被害。
  • ブリテン・ノーマン アイランダー - 名称が「アイランダー(ISLANDER)」である事から風評被害。
  • 北斗星 - 寝台特急2015年3月のラストランで、何者かによって車窓野獣先輩の画像をプリントした紙を貼りつけられ、有終の美を穢される。当然、北斗星の最後の勇姿を見届けに上野駅を訪れた鉄道ファン達は大激怒。比較的良心的とされる淫夢民でさえもドン引きしていた。詳細はこちらを参照。野獣先輩の貼り紙をした犯人は未だに不明である。
  • 現美新幹線 - 2016年1月12日フジテレビで放映されたニュース番組で、(スタッフが元は淫夢ネタだと知ってかどうかは不明だが)「ネット上の声」として黒塗りの高級車ならぬ黒塗りの新幹線」「不幸にも黒塗りの新幹線と遭遇してしまう」などとナレーション付きでテロップを入れられてしまい、せっかくの初お披露目が台無しに。詳細はこちら。


食べ物・料理


飲み物


生き物


動画

  • 魔理沙とアリスのクッキーKiss - 元々ニコニコ動画に投稿された合作東方動画だったが、クオリティの低さに東方ファンが離れていた所を淫夢厨が「棒読みが第二章のリスペクトだ」と動画を乗っ取り、以後完全に「淫夢」の一部となる。さらに出演声優と同じ名前というだけでそのキャラまで淫夢被害に遭うという二次災害まで発生してしまっている始末(例:UDK姉貴島村卯月卯月(艦隊これくしょん))。東方夏淫夢も参照。
  • つるぎのまいシリーズ - ニコニコ動画の手描きMADだったが、動き方が野獣先輩に似ているとして一部動画が乗っ取られる、同じ作者の別の動画にも出張される。
  • ただのOL - 踊ってみたの動画をいくつか投稿しているニコ生民。「ただの」のとこがホモビのTDNと被るため淫夢ファミリー扱いに。
  • ポッキーマリオカート8実況 - 大人気ゲーム実況YouTuberポッキー氏のマリオカート8のオンラインの実況中に起きた出来事。ある時オンラインで別のプレイヤーとして「たどころこうじ」が現る。その名前を見たポッキー氏は思わず「たどころこうじ?もう絶対本名だろ」と発言をしてしまった。例の動画(4:19)
  • モンスト4周年記念ライブ - 大人気ゲームモンスターストライクの4周年記念のライブの出来事であった。公式から出す問題を視聴者に答えてもらうというコーナーで、問題を出した後、回答を待ちTOP4までの多くあった言葉を動画の画面に出していた。そして、第2問のことであった。第2問「モンストに初めてコラボで登場したキャラクター名を4文字で答えなさい」という問題に対し、答えは「ラスカル」なのだが「野獣先輩」という答えが多く上がってしまい、3位に上がってしまった結果、画面に「野獣先輩」の字が現れる放送事故となってしまった。思わずこれに、担当者も「3位やめて(笑)」と発言をした。また、その一年後5周年イベントの期間限定降臨のビクトリーの撤退ボイスが「やりますですね!」というものとなっていた。もう、これ確信犯だろ…
  • 金曜ゲームショーポケモンGOライブ - ポケモンGOの情報収集のライブのことであった。Twitterでハッシュタグと同時にポケモンGOの情報を乗せて紹介させるのコーナーの出来事。ツイートされたのを紹介するため、Twitterの画面を映していたのだが、それは現れた。ツイートを見て行ってる時に野獣先輩のインタビューの画像のツイートがつい現れてしまう。そのツイートを見てしまったが、思わずそのツイートを隠して「いやあ…素晴らしいですね」と言って誤魔化す。しかし、これだけではなかった。更にツイートを見ていくとコイルの画像が出たまともな画像だと思ったが、名前をよくよく見ると「野獣先輩」と書かれていた。これに対し「名前をやめなさい名前をね。別にコイルなんて珍しくなさそうだし。」とキレた。
  • ラジオドラマ「負け犬のなんでも屋」最終話 - ニコニコ動画に投稿されたラジオドラマ「負け犬のなんでもでも屋」の13分に及ぶ最終話。動画URLが「https://www.nicovideo.jp/watch/sm1919810 (smイクイク野獣)」であったため、動画序盤から淫夢コメントをされ風評被害を受ける。


テレビ番組

  • ZIP! - 朝のニュース番組の一つ。MOCO'Sキッチンにて、投稿者名が「野獣先輩」のリクエストが紹介されたため風評被害に。例の動画
  • 奇跡体験!アンビリバボー - 世界中で起こるミラクルな出来事や不可解なミステリーなどの話題を取り扱うフジテレビの人気番組の一つ。とある殺人事件の再現ドラマで「アイスティーしかないけどいいかな」という4章を連想させるセリフがあったため、淫夢厨に目を付けられてしまう。例の動画
  • まんが日本昔ばなし - 昔話を題材にしたテレビアニメ番組。2007年にニコニコ動画に投稿された「まんが日本昔ばなし 狸とゆうれい」の動画URLが、たまたま「https://www.nicovideo.jp/watch/sm893893 (smヤクザヤクザ)」だったため風評被害に合う。また、当番組のOPである「にんげんっていいな」も風評被害にあう。(後述)
  • ビットワールド - 2007年よりNHK教育で放送されている子供向けバラエティ番組。ひょんなことから番組内にRU姉貴を模した絵が登場し風評被害にあう。例の動画


音楽・アーティスト

  • 松任谷由実 - 女性シンガーソングライター。最大のヒット曲であり代表曲の一つである「真夏の夜の夢」が真夏の夜の淫夢と被るため風評被害に遭う。また、歌詞に「テキーラみたいなキスをして」が遠野野獣先輩キスシーンを連想させる事からも被害を受けている。
  • 西寺郷太(NONA_REEVES) - ミュージシャン。ニコニコ動画に上げれた際、サムネが野獣先輩にそっくりだったため淫夢ファミリー扱いされる羽目に。ただしかつてはランキング圏外が当たり前だったのが、淫夢により知名度が爆上がりした影響で新譜の売り上げと順位を現在進行形で更新し続けているという皮肉な事態も発生している。詳しくは真夏の夜の淫夢Wikiも参照。
  • 大槻ケンヂ - ミュージシャン、作家。楽曲の一つ「あのさぁ」のタイトルがDRVSのセリフ「あのさぁ・・・」と被るため風評被害に遭う。
  • DREAMSCOMETRUE - 日本のバンド。楽曲の一つ「そうだよ」がMUR大先輩の名セリフの一つ「そうだよ(便乗)」と被るため風評被害に遭う。
  • ARIGATO - B'zが2004年9月にリリースしたシングル曲。後述通りB'zの松本孝弘氏がKBTITに似ている事から、KBTITの名セリフの一つ「ありがとナス!」にかこつけて「ARIGATOナス!」と呼ばれる。恐らくB'zでもっとも風評被害を食らった曲。
  • 植村花菜 - 2010年の大ヒット曲「トイレの神様」のタイトルがKMRらの印象的なトイレでの脱糞シーンのアレを連想させることから風評被害に。
  • そうだよ。 - 劇場版マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~」のEDテーマ。曲名のタイトルがMUR大先輩の名セリフの一つ「そうだよ(便乗)」と被るため風評被害に遭う。
  • にんげんっていいな - 『まんが日本昔ばなし』のエンディングテーマ。淫夢と組み合わせたMAD「にんげんっていいっすね~」を見た影響で関係ない動画にも出張コメをする人が多数。ちなみに淫夢以外でもひどい替え歌がある。
  • UNICORN機動戦士ガンダムUC) - 澤野弘之が書き下ろした楽曲。タイトルが示す通り作品としての機動戦士ガンダムUC、そしてユニコーンガンダムを象徴する曲であり、その静かに頂点へ向かっていくダイナミックな曲調は、バラエティ番組やMAD動画などでもよく耳にする。しかし、「ガッツポーズ淫夢くんシリーズ」というMAD動画に使われた結果、本家の曲動画にも淫夢厨が大量に沸いてしまった。それ以降、ガンダムUCのみならずガンダム関連の動画(特にEXVSシリーズ)にも淫夢厨が湧いてくるはめになり、今でもガンダムファンとの喧嘩が絶えない状態になっている。ユニコーンガンダムの二つ名が「可能性の」である事や劇中にビスト財団という組織が登場するなどやたら野獣先輩を連想させるのもその原因だろう。その他にもこの曲を自身の行動に付けた動画が投稿されてしまった声優の松岡禎丞が風評被害を受けている。
  • キスシテ↑アゲナイ↓ - 『ゼロの使い魔F』のEDテーマ。曲名のタイトルの矢印が野獣先輩の名セリフの一つ「こ↑こ↓」を連想する事から風評被害に遭う。
  • それは僕たちの奇跡 - 『ラブライブ!』アニメ2期OPテーマ。残された時間(=三年生の卒業)が尽きるまで夢に向かって突き進もうという切なくも前向きな歌なのだが、Bメロの歌詞「ただの思い出 それだけじゃいやだよ」のフレーズがTDN思い出=某野球選手がホモビに出演した過去と捉えられてしまった事から当OPの動画には一気にホモコメが湧いてくるようになってしまった。ちなみにAメロ冒頭の歌詞も「強い強い願い事が~」である。
  • I'm so Happy - jubeat初出の音ゲー曲。ニコニコ動画のとある淫夢MAD動画の流行のせいで原曲や関係ないMAD動画に淫夢厨が大量発生。
  • 野獣ワイルド - 『ポップンミュージック』の楽曲。曲名の「野獣」を野獣先輩と重ねられてしまい、ニコニコのプレイ動画には淫夢関連のコメントが多数寄せられる羽目に。
  • The_Beast. - スペクタクルP作詞・作曲の初音ミクオリジナル曲。スペクタクルPの通算6曲目となる初音ミクオリジナル曲で、腕八本シリーズ第3弾。殿堂入りをはたしており、JOYSOUNDカラオケ配信している。城にすむ獣と城に訪れた彼の歌。とても良い曲ではあるが、曲名のBeastは「野獣」という意味の英語でもあるために淫夢厨が沸く始末に。
  • Sakura Reflection - REFLEC BEAT初出の音ゲー曲。ニコニコにおけるある淫夢MAD動画の流行のせいで原曲や関係ないMAD動画に淫夢厨が大量発生。
  • しゅわスパ大作戦☆ - 東方Project楽曲の2次創作(ボーカルアレンジ)作品。伊吹萃香酒に媚薬を仕込むという行為が野獣先輩と被っていたため淫夢ネタにされ、萃香自体も「野獣妹」などと言われる羽目に。
  • するめ大学のテーマ(実況パワフルプロ野球6) - とあるソーシャルネットワークゲーム二次創作での使われ方が原因で、「畜生のテーマ」という不名誉極まりない異名を与えられる。
  • シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~ - Mr.Childrenのヒット曲の一つ。歌詞に「野獣と化して Ah ah」という内容があったり、CDの発売が8月10日(野獣の日)であった事から野獣先輩とかこつけられ淫夢厨の風評被害に遭う。
  • サンプラザ中野くん - 爆風スランプのボーカリスト。中野くんと苗字だけでなく敬称まで被っててむしろ風評被害にならないわけがなかった。その他にもMAD「走る野獣先輩」シリーズに代表曲の「Runner」が引き合いに出されるなど持ち歌までもが風評被害を受けている。
  • 小田和正 - 日本を代表する男性シンガーソングライターの一人。元「オフコース」のメンバー。笑うと虐待おじさんに似ている理由から風評被害を受ける。
  • YOU_THE_ROCK★ - ゆー・ざ・ろっく。ヒップホップミュージシャン。大麻の使用・所持での逮捕歴あり。野獣先輩に似ている「NONA REEVES」の西寺と共演したという理由で風評被害に遭う。ちなみにニコニコ動画内のコメントで「ダイナモ感覚」や「~だろ!いい加減にしろ!!」というコメントが見受けられるが、彼が発祥である。
  • X↑X↓(beatmaniaIIDX) - PENDUALに収録されたナンバー。ジャンル名が「新世紀進歩的羽扇子音楽」と銘打たれてるように、90年代に流行ったレイブ調を彷彿させるノリの良いチューンとなっている。しかしそのタイトルから野獣先輩のセリフ「こ↑こ↓」を連想する人間が多発した。なお、作曲者のDJ TECHNORCH(DJテクノウチ)は淫夢シリーズに関しては全く認知しておらず、またこの事実に関して多少なりとも不快感を自身のツイッターアカウントにて述べている。
  • 新宝島 - 映画『バクマン。』の主題歌。ニコニコにおけるある淫夢MAD動画の流行のせいで風評被害を受ける。
  • Mr.Children - 前述のINUEコーチの出演していたホモビデオのタイトルが筋肉.Children(ミスチル)というTMA作品並みの直球ネームだったことからホモガキに目を付けられてしまう。しかも、パッケージの煽り文が「イノセントな筋肉青年達が、大人のワールドへ。」という、喧嘩を売るような文言も。(ミスターチルドレンの楽曲の一つ、イノセントワールド)
  • 二色蓮花蝶 ~ Ancients(二色蓮花蝶 ~ Red and White) - ZUN氏作曲BGM。クッキー☆にて使用されているアレンジ曲「ほのぼの神社」によって風評被害。どちらかと言えば、クッキー☆による風評被害だが、淫夢厨まで届いてることにより風評被害を受けてる様子が確認出来る。
  • escape - アダルトゲームブランドのLittlewitchから発売されたアダルトゲーム『白詰草話 -Episode of the Clovers-』の主題歌。小室コードを使ったスタイリッシュな曲で発売から10年以上たった今でも高い人気を誇っているが、クッキー☆☆関係の風評被害で絶賛炎上中だった人物が歌ってみた動画を投稿したことで淫夢民から某人物のテーマ曲扱いされ同曲の関連動画が淫夢語録まみれになる被害を受ける。
  • スーパーマリオ64メタルマリオのテーマ曲 - Nintendo64のゲームソフト「スーパーマリオ64」のマリオがメタル状態になった時に流れるBGM。MAD動画「メタルと化した先輩.spm64」のメタルマリオのテーマ曲を使用した野獣先輩のボイスの音MAD動画により、メタルマリオ本編のBGM動画までも淫夢厨が湧いてしまっている。
  • I can't wait - 1980年代に作曲された洋楽曲。遠野のイキ声のような音声が含まれているため風評被害。なお淫夢民により作成されたリミックスである「death techno mix」では本当に遠野のイキ声が使われてしまう。余談だが後述するthe witnessの淫夢実況の際の苦行パートにこれが使われたため、「苦行のテーマ」として有名になってしまった。
  • マッドファクトリー - ゲーム「ドンキーコング64」内の「マッドファクトリー」というステージで流れているBGM。ニコニコ動画のとある淫夢MAD動画の流行のせいで風評被害に。
  • Sandstorm - 1999年にフィンランド人のDJであるDarudeが発表した曲。サイクロップス先輩こと「SCOOOP!!!1 - Virtual Sex イカせ隊見参!!!」のOPでよりにもよってこの曲が使われてしまい風評被害に。
  • BIG BLUE - レースゲーム「F-ZERO」の「BIG BLUE」というコースで流れているBGM。ニコニコ動画の淫夢MAD「BigYajue」の流行のせいで風評被害に。
  • Nash_Music_Library - 著作権ロイヤリティーフリーの音楽ライブラリ。提供されているBGMがよく淫夢本編で多用されるため風評被害。極めつけは一部有料音源が音声パックの一部にされるなど、事実上のフリー素材化まで。例:デデドン!(絶望)ゆうさくのテーマ


芸能人・タレント

  • 板倉俊之 - お笑いコンビインパルスのメンバー。お笑い芸人でありながら、小説・漫画の原作といった執筆活動も行っており、自他ともに認める生粋のガノタである。淫夢ファミリーの一人であるホモコップが登場するたびに「イ ン パ ル ス 板 倉」と赤字コメントされるのが主な被害内容。
  • 今田耕司 - 吉本興業所属の男性お笑いタレント。ゲイポルノ雑誌のホモビデオ特集にいた野獣先輩の写真が今田耕司に酷似していたため、「今田耕司先輩」と呼ばれて風評被害に遭う。「すごい面白いが無表情で異様に怖い」と無駄に評判になっており、発掘された途端にBB素材等に流用され、被害は甚大な物に。
  • 岡村隆史 - ナインティナインのボケ担当。中野くんステーキを食べる男の客に似ている事と、さらにぐるナイ「うん、おいしい!」の発言までも一致してしまったため淫夢ファミリー扱いされてしまう。
  • 春日俊彰 - お笑いコンビオードリーのボケ担当。持ちネタの一つである「春日のここ、空いてますよ」の発音が野獣先輩の名セリフの一つ「こ↑こ↓」と被っているため、野獣先輩説やホモ説が出てしまっている。ボディビルダーな見た目が余計に拍車をかけている。
  • 木村拓哉 - ご存知SMAPのメンバーの一人。苗字にKMR、名前にもタクヤ(KBTIT)という同名のキャラクターが存在するため風評被害に。また、「変態面接官SUPER S12」に彼にそっくりな男優が出演しているため、こちらも風評被害に歯車がかかっている。
  • くっきー - お笑いコンビ野性爆弾のメンバー。芸名がクッキー☆と被っているため風評被害に遭う。
  • ゴー☆ジャス - サンミュージック所属の男性お笑いタレント。持ちネタの一つである「マダガスカル!ここ!」が野獣先輩の名セリフの一つ「こ↑こ↓」と被っているため、野獣先輩説が出てしまっている。
  • 鈴木Q太郎 - お笑いコンビハイキングウォーキングのメンバー。持ちネタの一つである「かしこかしこまりましたかしこ」がKBTITの名セリフの一つ「かしこまり!」と被っているため、KBTIT説が出てしまっている。
  • 高須克弥 - 医師であり医学博士。美容外科「高須クリニック」の創業者。被害内容は『韓国の高級レストランアクシードにて、日本人観光客らに汚物を混ぜた料理を提供し、料理を拒む観光客らの身体に糞尿を塗り付けてブッチッパ(糞野郎)と罵倒したとして、同レストランの従業員イ・ジュンペ容疑者とマ・ヒロ容疑者2名が逮捕。調べに対し、イ容疑者は「人糞にはまだ消化されていない栄養があるので、食べるのに何の問題はない。」と供述している。(淫夢新聞社)』という淫夢に詳しい人間なら糞喰漢(スカトロホモビデオ)だとすぐ分かる、フェイクニュースに引っ掛かってしまい、「朝鮮に生まれたら、患者の糞を食べて健康診断をするハメになっていた。日本に生まれてよかった。(要約)」と自身のTwitterで反応。当然、ネット中からツッコミの嵐に晒されたのは言うまでもない。
  • 竹内まなぶ-お笑いコンビカミナリのボケ担当。顔がMURと似ているため風評被害を受ける。
  • 田所仁 - お笑いコンビライスのメンバー。名字が野獣先輩と同じであるせいで野獣先輩説が出てしまっている。
  • 山田ルイ53世 - お笑いコンビ髭男爵の髭生やした方。見た目が淫乱テディベアに似ている事からそう呼ばれて風評被害に。さらにそれを地上波で山田本人が発言したため爆発的に広まってしまった。その他にもクマムシ安田大サーカスクロちゃんなど坊主頭で髭を生やした芸人達が風評被害を受けている。
  • りゅうちぇる - 読モ出身のオネエキャラが特徴的な男性タレント。りゅうちぇるとGoogleで検索すると、りゅうちぇるの外観で顔が野獣先輩のコラ画像、通称:じゅうちぇるが真っ先に上がる事で被害を受ける。りゅうちぇる自身もTwitter上でファンらの報告を受けて知る事になり「ねえ、これボクなの!?」「ボク、こんな顔してる時あった!?」と驚愕していた。
  • 鈴木福 - 子役タレント。空手部・性の裏技に於いて、野獣先輩が「あっお前さ木村さ」と言う時のアングルが鈴木福に似てることにより風評被害。

俳優・女優

  • 菅野美穂 - 女優。空手部・性の裏技に於いて、野獣先輩が突然「かんのみほ・・・。」と謎の発言したため、被害に遭う。何かのセリフの空耳なのだろうが、現在でも有志らによる解析や研究が行われているものの、野獣先輩が本当は何が言いたかったのかは不明である。ちなみに2015年8月に彼女に第一子が生まれたニュースが流れた時も、一部淫夢厨からホモくさい不名誉な祝福コメントがTwitterなどで送られた。
  • 剛力彩芽 - 女優。ひでに似ているというだけで動画でひでが出てくるシーンに「剛 力 彩 芽」という赤字兄貴が多数。また淫夢関連でなくとも、なぜか彼女の出演したドラマの配役は原作では彼女と真逆の特徴をもったキャラ(例:黒髪ロング、目が大きい、原作では男)をあてられる確率が高いため、ネット上ではよく原作クラッシャーと批判される事が多い。もちろんこれは事務所のオスカーやそれをわざわざ脚本を書き変えてまで受け入れようとするテレビ局側にも問題がある。さらに苗字がそのまま種族名のポケモンがいる影響でポケモンネタでも風評被害を受けている。
  • 椿隆之 - 俳優。某ゲイビデオに似た人物が出ていたため、一時期ネット上で「本人なんじゃないか?」という噂が流れていた(結局、別人だった)。後に椿に似た人物は淫夢Wiki等で「TBK」(あるいはKNZK)と呼ばれる事になり、淫夢ファミリー入りになった。


声優


スポーツ選手

  • 北島康介 - 2004年・08年オリンピック水泳の金メダリスト。04年の金メダル獲得確定時のコメントが「気持ちいい!チョー気持ちいい!」だったせいでTDN絡みで淫夢民の格好の餌食に。さらに同じ水泳が得意な野獣先輩と見た目が似ている事から野獣先輩説も浮上しており、淫夢民からは「KTJM」、「コカコーラ北島」と呼ばれている。
  • 長友佑都 - 日本のプロサッカー選手でセリエAFC Internazionale Milanoに所属している。しかし見た目が野獣先輩に似ているという理由で淫夢厨は彼の事を「インテル長友」と呼ぶようになる。それ以降、動画に「イ ン テ ル 長 友」という赤字兄貴が多数見受けられた。 その他にも長友と結婚した女優の平愛梨が風評被害を受けている。
  • ボブ・サップ - 2002~03年に一世を風靡したK-1ファイター。二つ名にビースト(野獣)を持つために野獣先輩疑惑をかけられてしまう。ちなみに現在は催眠術師をやっているためますます淫夢ネタにこじつけられてしまっている。
  • 松本薫 - 2016年オリンピック柔道の銅メダリスト。異名が野獣であるために野獣先輩疑惑をかけられてしまう。
  • 和田毅 - ゲイビデオに出演していたとされる某野球選手と同期で、大学時代の良きライバルだった事やその人物と非常に親交が深かった事からゲイ疑惑をかけられてしまう。しかしこちらは元グラドルの美人な嫁さんと結婚したためその疑惑は薄れてきている。


作者・漫画家


クリエイター


歴史上の人物

  • アドルフ・アイヒマン - ナチス親衛隊の一人。とあるAV男優がインタビューで「今日(5月11日)は、アドルフ・アイヒマンが逮捕された日なんですよ」と発言したため、淫夢厨がドキュメンタリー動画などに突撃し、普通の軍オタに迷惑を掛ける事になった。なお、発言したAV男優はこの発言で自身がネット上でイジリ倒されてる事を知り、大変ご立腹との事。
  • 後藤象二郎 - 土佐(高知県)の藩士。歴史の教科書に掲載された彼の顔が野獣先輩のサムネに酷似していた事から風評被害に遭う。
  • モーツァルト - 有名なクラシック音楽家の一人。『Babylon Stage 42』でNRKのセリフ「モーツァルト?」と発言した事からモーツァルトはネタにされ風評被害に遭う。
  • シェイクスピア - ある意味、最大の風評被害者。そのせいか、近年その作品は「夏の夜の夢」と訳される事が多い。
  • 龍造寺隆信 - 五州太守や肥前の熊で知られる戦国武将。戦国大戦でカード化された際、杉田智和がアニゲラにて野獣先輩と言ったために定着してしまった。


アニメ・ゲーム・マンガ・特撮

  • イナズマイレブンシリーズ - レベルファイブから発売されたサッカーを題材としたゲーム、及びそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。淫夢1章で立教トリオがサッカーのユニフォームを着ていたせいでサッカーがホモのスポーツ扱いされた事や、続編の「イナズマイレブンGO」のタイトルにGOが入っていた事などで風評被害を受ける。
  • イワナの怪 - 『まんが日本昔ばなし』の1篇。上記の東方MAD動画「クッキー☆」関連のセリフ(詳しい事はイワナの怪の項参照)「あのさあ…イワナ、書かなかった?」と重ねられたせいで被害にあう。ジャガーノート。
  • Aチャンネル - 芳文社まんがタイムきららCaratにて連載中のコメディ4コマ漫画。アニメ第6話のサブタイトルが「真夏の夜の・・・」だったため、公式配信動画に淫夢厨が湧いてしまう。トオノレも参照。
  • キャプテン・アース - ボンズ製作によるオリジナルロボットアニメ。第23話のサブタイトル「真夏の夜の夢」が淫夢を連想させるためホモに目を付けられてしまう。
  • ジュエルペットシリーズ - サンリオセガトイズが展開しているマスコットキャラクターシリーズ。及びそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。ジュエルペットサンシャインの46話でKBTITの「危機はそこに」、レディジュエルペットの19話で「危機はそこに」に糞と少年の「デデドン!(絶望)」のBGMが使用され、さらに名前が「ミウラ」という登場キャラがいるためホモに目を付けられている。
  • 手品先輩 - 週刊ヤングマガジンにて連載中の手品漫画。タイトルに先輩と付いている事やサブタイトルが「○○先輩」である事から風評被害に遭う。
  • マイリトルポニー - 米ハズブロ社が企画・展開している女児向け玩具シリーズの海外アニメ。日本語版発表決定以前にとある淫夢厨が作ったMADが大人気となり格好のネタにされた、現在もニコニコチャンネル公式本編の方でも淫夢厨が湧きもはや手の施しようがない事態になってしまっている模様。本当にどうしてああなった。ケモノたちが友達と仲良くしているさまが百合と映ったためネタにされた。また、日本版1期のEDテーマ『片想いのから揚げ』というHKT48の曲が採用されており、内容は同性愛を彷彿させる…というかそうとしか思えない歌詞がある。その他、mane6の一頭「ピンキーパイ」という名前がCOATの女性スタッフの「ピンキー姉貴」と被っている事からもネタにされ被害を受けている。
  • 真夏の夜の雪物語 - EX-ONEから発売されたアダルトゲーム。タイトルからして「淫夢」を連想されネタにされる。ピクシブ百科事典においても淫夢厨によって淫夢寄りの内容で書かれていたが、現在は他ユーザーの手によって浄化されている。
  • コウノドリ - モーニングで連載中の産婦人科を舞台にした人気の医療漫画。2015年10月には実写ドラマ化し、テレビ放映されている。LINEに掲載されたWebコミック版で読者コメント欄に「野獣先輩」と名乗る人物が「過去に水泳部と空手部の後輩たちをレイプしてしまった。この漫画を読んで若気の至りとはいえとんでもないことをしたと後悔し、反省している。」と釣りコメントを投下。他の読者らがこの作り話を真に受けて「自首しろ」「オマエも犯られてしまえ」「あなたのような人間にこの漫画を読む資格は無い」などと批難し、大荒れとなった。
  • 艦隊これくしょん(アニメ) - 大人気ブラウザゲームのアニメ化作品・・・だったのだが、その評価を巡ってファン同士の激しい争いが勃発。元々ネット初のブーム同士からか「艦これマジ?」といったクロスオーバーネタが比較的発達していた事もあり、ニコニコ動画ではその系譜を汲んだ煽り記事(→参考)が避難所的な使われ方をするようになった。そのためファン自ら淫夢厨を仲介役として呼び込み、自身も積極的に染まっていくというわけのわからない状況が発生し、いつしか原作ゲームにも逆輸入されて語録での会話が当たり前にまかり通るまでになっている。また劇場版に登場する深海如月も淫夢厨の風評被害を受けている。(後述)
  • 君と僕。 - スクウェア・エニックス「月刊Gファンタジー」にて連載中の日常系漫画。ニコニコ動画でアニメが公式配信された際、「キャラクター描写がカマホモっぽい」という難癖からターゲットに。これに序盤のテンポの悪さからアンチ化した一部の視聴者や、作品ファンが元々抱えていたカプ厨的な対立が巻き込まれる形で一大炎上に発展。ついに異例の公式コメント規制が敷かれる事態となった(→参考)。
    • もっとも、それで荒らしが解消されたわけではなく、むしろ「いかに規制を潜り抜けて荒らすか」という遊びに転化。表現規制一般に反対する便乗荒らしも発生し、動画の環境は一層悪化した。この反省からか、これ以降大規模な規制が行われる事は無く、結果的に淫夢厨を「完全勝利」させた前例のみが残ってしまった。荒らしの動機故に、放送終了後は一気に下火となった事が唯一の救いか。


  • けものフレンズ - けものを漢字にすると獣、つまり野獣になってしまう事から野獣を訓読みした「のけものフレンズ」などと呼ばれホモガキに目をつけられてしまう。特に5話のあらすじが淫夢1章のあらすじと酷似しており、3人で土下座するシーンまで一致している。7話では、博士助手に料理を振る舞うシーンが糞尿レストランそっくりであり、はかせの「やりますね」というセリフが言葉狩りに合ってしまう。最終回で再びジャパリバスで追突してしまい、感動のさなか、汚いツイートで荒らされてしまった。JRAとのコラボアニメ「けいばじょう」でもやはり銅像に追突してしまった。
  • ドラゴンボール - 英題のDragon Ballを略した略称がDBである事からの風評被害。
  • 美女と野獣 - ディズニー名作品の一つ。タイトルからして「野獣=野獣先輩」を連想する事から風評被害に遭う。
  • BeatStream - bemaniシリーズの一つ。略称が「ビースト」と「野獣」を連想させる事、作中で使われる顔文字「≧Д≦」が野獣先輩を表すそれと被っていた事、さらに上記の「しゅわスパ大作戦☆」を収録した事などからネタにされている。
  • Fate/Zero - 『Fate/staynight』の前日譚小説。アニメ版のニコニコ公式配信がなぜか毎回のようにホモコメに占拠される。恐らくは「汚濁の御子」に登場する人物がFate本編に似ていたためかと思われる。
  • Free! - 小説『ハイ☆スピード!』が原案の京都アニメーション製作の水泳アニメ。内容がいくつか淫夢ネタを感じさせるシーンから風評被害を受ける。
  • ポケットモンスターシリーズ - タイトルが英語圏における隠語だったり、作中でしばしばきんのたまカイリキーやまおとこ等を用いた下ネタを振りまいていた事から、元々その方面との親和性が高い作品ではあった。シンオウ御三家のポッチャマが空耳ネタの餌食になったのを機に淫夢厨も乗り込んでくるようになり、以来事あるごとに淫夢ファミリーとの関係がこじつけられている。第6世代(XY)に入ったあたりからまずます増長しており、クセロシキの口調をMUR認定してフレア団に関する議論に茶々を入れたり、ヒガナの炎上に「くさそう」「人間の屑」等言いながら便乗したりと、荒らしを隠そうともしなくなってきている。この間に8月10日が「ヤドンの日」とされた事も、アニポケ新無印の第74話のサブタイトルが「ダークライ、真夏の夜の夢」だったりと、厨房の目には淫夢営業に映ったらしい。
  • 東山源次- VOLTAGEが配信するスマホ対応の乙女ゲーム「今夜アナタと眠りたい」の登場人物。CM内での「結婚したのか、俺以外のヤツと…」や「お前と結婚するのは、俺だと思ってた…」などのセリフから問題視されていた。だがしかし、ゲームがリリースされてから3年後、2016年に突如とある投稿者がニコニコ動画に投稿した動画を皮切りに他のホモたちが感化されとんとん拍子で動画が投稿されまたもや話題となり淫夢ファミリー入りを果たした。現在ニコニコ動画では、東山源次に関する動画が今もなお投稿され続けている。
  • プリティーリズム - タカラトミーアーツが展開する女児向けアーケードゲーム。10周年を迎え、プリティーオールフレンズとして新たな企画が始まっている。しかし、後述のプリチャンで淫夢動画が数多く生み出された影響で、この作品のCMがそれらの削除対策用の宣伝として多用され、結果的に風評被害がこちらにまで及んだ。
  • オトカドール - KONAMIが展開する女児向けアーケードカードゲーム。なのになぜかキャラクターに淫夢要素がやたらと多い。展開途中に登場したライバルカードパックの一つの名前が「ミッドサマー・ナイトドリーム」であったがために、日本語訳すると「真夏の夜の淫夢」になるとして、こちらも風評被害を受ける。また、キャラクター個別でも被害を受けているが、これについては後述する。これらを嗅ぎつけたホモ達により、攻略Wikiが淫夢要素で荒らされてしまうことに。今後はくれぐれも荒らしちゃダメだゾ(戒め)
  • キラッとプリ☆チャン - タカラトミーアーツとシンソフィアが共同で展開する女児向けアーケードカードゲーム、および女児向けアニメ。後述のプリパラの事実上の後継作品であり、そちらで登場キャラが風評被害を受けていた(後述)ことからか、こちらも動画サイト等で淫夢ファミリーによる実況動画を投稿されるなど、風評被害を受けてしまう。そのせいでプリパラにおいて存在したが、邪魔とされプリチャンでは消えていたキャラクターの頭上名前表示をタカラトミーアーツが復活させざるを得ない状況に。
    • さらに動画投稿の影響か、とりわけ数多くのホモ向けコンテンツが生成されてしまう末路をたどっている。詳しくはプリチャン(淫夢)を参照。
    シノアリス - スクウェア・エニックスが配信するスマホ向けソシャゲ。全体的に重苦しい雰囲気が特徴なのだが、2018年夏のガチャのタイトルに「真夏の夜の悪夢」とつけてしまったため、淫夢営業を疑われる。
  • ドールズフロントライン - サンボーンが開発したスマホ向けアプリゲーム。その中の登場キャラクター、一〇〇式が寮舎内において「やりますねぇ」と発言。淫夢営業を疑われる。
  • 田所さん(漫画) - TATSUBON原作の漫画。コミックヴァルキリーで連載。タイトルが野獣先輩を連想させるため風評被害。
  • ウルトラマン80 - 主題歌には同性愛を連想させる「アッー!」と受け取れる歌詞がある。
  • アズールレーン - 「謝謝茄子」「射爆綾波」の記事を参照。大人気ブラウザゲーム。公式が何をトチ狂ったかは知らないが、堂々と淫夢語録を使っている。
    • 主人公のジャベリンがアニメで唐突に「やりますねぇ!」「そうだよ!」と言うセリフがあったりする事からニコニコ動画ではアズレン淫夢というタグまで作られ盛り上がっている上、本家公式BiliBili動画でも当たり前のように野獣先輩がさりげなく隠れていたりする。
    Switchのアルバム画面のスマホ触ってる人のイラスト - 大人気ゲーム機NintendoSwitchのアルバム画面にて、写真が0枚の時に人のイラストが描かれてる列の1番左にスマホを触ってるGOにかなり似た人物が描かれてる。あまりにも似すぎて、任天堂が「スマホ触ってる人」と検索して真っ先に出てきたGOのスマホ触ってるbbの画像を参考に描いたように見える見える…。
  • Undertale - TobyFox氏が手掛ける大人気インディーゲーム。淫夢のMAD動画でよくUndertaleのBGMなどを使われてしまったり、Undertaleをパロディにした淫夢動画がかなり存在する。それによって「ホモはアンテ好き」というワードが誕生してしまったりしてる。
  • アイカツプラネット! - 女性アイドルグループSTARRY PLANET☆を起用した、実写とアニメを混合した女児向け作品。アニメやゲームでの棒読み演技により風評被害を受ける。あまりの棒読み具合から、「第二のクッキー☆」だの「商業版クッキー☆」だの散々な言われよう。
  • ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズ - 世界的にも極めて評価の高い、MMORPGであるFF14の拡張パック。追加されたフィールドの中に「ラケティカ大森林」が存在し、そこをいくつか区切るエリア名の中に「イキス・マヤエの森」というネーミングがあるが、それをイキスギ・マヤエの森と見間違えるホモが続出してしまう。
  • the witness - Steamで配信されている、一筆書きのパズルを解き先に進んでいくゲーム。淫夢実況されてしまう事自体は他のゲームに類するが、ゲーム内で登場する特殊なパズルである「風景パズル」の絶望的な難易度と、それを長い期間をかけて完全に解き明かしたホモの動画が淫夢民達に極めて強い衝撃を与え、淫夢文化それ自体にまで影響を与えた。他の動画においても、この一筆書きを想起させる形状を見かけた淫夢民が「ここ風パ(風景パズルの略)」とつい書き込んでしまうほど。
  • 人造昆虫カブトボーグVxV - タカラトミーが発売する玩具シリーズ「カブトボーグ」の販売促進アニメ。 第37話のタイトルが「真夏の夜の夢!グレイト・クレイジー・カーニバル」だったため風評被害に合う…はずが、このアニメ特有のトンデモ展開に淫夢厨が圧倒され、ギリギリ風評被害を回避する。(それでも、公式配信動画の冒頭には淫夢厨が多数いる。)
  • splatoon - (N)intendoが発売しているインク系STG。「真夏の夜のインク」なだけに。splatoon3に至ってはグレートバリアのせいでこの百科に早すぎた記事作成をされてしまう。

小説・映画・ドラマ


キャラクター


その他

  • 田所浩治 - 日本に実在する人物の名前。名字が野獣先輩の役名である「田所」と同じであることから風評被害に。淫夢厨の間では「野獣先輩の本名は『田所浩治』である」とされている。もちろんそんな訳はない。ちなみに「田所浩二」と表記揺れしていることも。


…で、簡単に言うなら何が被害を受けているの?

世の中の事一つ残らず全部。
「東京は野獣先輩の家があるから~…」や「日本は淫夢を作った国だから~…」はおろか「地球は野獣先輩のいた惑星だから~…」といった規模にまで及んでいる。
上記で挙げたものの他にも数えきれないほどの被害があるので、詳しくは「淫夢 風評被害」などで検索。

ネットスラングと化した後の時代においては、被害者と騒ぎ立てること自体がネタと化している。過剰に騒ぎ立てた所でみんなのおもちゃにされるのが関の山である。

その背景

  • 汚染型

自分が嫌いなコンテンツを淫夢ネタで犯してやりたいというタイプ。
淫夢・例のアレはニコニコ動画のオタク文化のアンチテーゼとして台頭した。これまでのオタクは、基本的に冷笑的である一方で、オタク文化に関しては例外的な態度をとっていた。
しかし、淫夢以降の例のアレでは、オタク文化を含むあらゆるコンテンツを冷笑的に扱うべきだ、という思想がある。

  • 布教型
自分の好きなコンテンツを淫夢厨の間に広めたいというタイプ。
コンテンツ自体を淫夢厨で乗っ取ることがあり地味にタチが悪い。旧来の淫夢厨からも「ホモと見るキッズ」などとして嫌われていることも。

  • トレンド型
話題のキャラやネタに便乗することで淫夢布教をしようとするタイプ。

対策

制作サイドが淫夢に関する知識を可能な限りたくさん身につけ、初めからこじつけをされないように製作する他ない。
物事に微塵でも淫夢要素を見出されたが最後、風評被害を受けてしまう。しかも各項目で解説した通り、一度認定された風評被害の払拭や抑えつけはほぼ無理と言って差し支えがない。それが淫夢である以上、本当に風評被害を受けたくないのならば作る時点でそれくらいしなければならないのが現実である。

関連タグ

風評被害 真夏の夜の淫夢 淫夢ファミリー
誰かやると思った その発想はしてはいけなかった どうしてこうなった
だいたいこいつのせい

外部リンク

真夏の夜の淫夢wiki - 風評被害
ニコニコ大百科 - ホモと学ぶシリーズ#ホモ凸の例

関連記事

親記事

真夏の夜の淫夢 まなつのよるのいんむ

兄弟記事

コメント